ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのアーキテクチャ:ソフトウェアの概要

2003 年 12 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 7 月 7 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
Cisco IOS ソフトウェアの選択
Cisco IOS ソフトウェアのインストール
Cisco IOS ソフトウェアの回復
マイクロコードのアップグレード
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

この文書では、Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのソフトウェア アーキテクチャの概要を説明します。

前提条件

要件

この文書は、次の項目に関する十分な知識のある読者を対象としています。

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のハードウェアに基いています。

  • Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ

この文書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。 この文書で使用するすべてのデバイスは、クリアな状態(デフォルト)から設定作業を始めています。 対象のネットワークが実稼動中である場合には、すべてのコマンドによる潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

文書表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco IOS ソフトウェアの選択

Cisco 12000 シリーズ ルータには、必要とする機能に応じて、Cisco IOS(R) ソフトウェア バージョンの 11.2GS、12.0S、または 12.0ST をインストールできます。 必要とする機能、取り付けられているハードウェアのパーツ、使用可能なメモリ量などを基準として選択してください。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0S は、Cisco IOS ソフトウェア 12.0 のメイン ラインから直接引き継がれたバージョンです。 このバージョンは、Internet Service Provider(ISP; インターネット サービス プロバイダー)の業界で必要とされる機能、性能、およびプラットフォームのサポートを組み合わせたものを提供します。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0S は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1 CC の後継リリースです。 『Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0S Early Deployment(ED)リリースの要約』を参照してください。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0 ST は、12.0S の後継にあたり、新しい技術をサポートしています。12.0ST の中心的な要素となるのは、Multi-Protocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)/Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)、Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)、Fast Re-Route(FRR)、および高可用性です。たとえば 12.0(16)ST では、12000 ルータ 6xCT3 ラインカード(LC)向けの MPLS-VPN のサポートの他、MPLS-VPN のサポート、VLAN から MPLS VPN のマッピング、3xGE ラインカードでの IP Type of Service(ToS; サービス タイプ)/MPLS Class of Service(CoS; サービス クラス)ビットへの VLAN の「P」ビットのマッピングが導入されています。

注:

  • 12.0(16)S1 または 12.0(16)S2 などのリリースには、メンテナンス イメージのフィーチャ セットに対する不具合修正が含まれています。たとえば、12.0(19)S2 は 19S1 のスーパーセットで、19S3 は 19S2 のスーパーセットにあたります。このため、12.0(16)S4 で組み込まれた不具合修正は、12.0(17)S や 12.0(18)S には組み込まれていません。これは、これらのリリースが 12.0(16)S4 よりも前にリリースされているためです。ただし、12.0(16)S4 での修正は、最終的には 12.0S のメイン リリースに遡って組み込まれます。

  • 12.0(22)S/ST 以降は、ST トレインは S トレインに統合され、ST トレインでサポートされていた全機能が S トレインでサポートされるようになります。 したがって、Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ用のトレインは、12.0S トレインだけになります。

インストールする Cisco IOS ソフトウェアを決定する参照ガイドとしては、次のリリース ノートを参照してください。 これらの資料では、各 Cisco IOS ソフトウェア リリースでサポートされている機能やハードウェア コンポーネントについて、詳細に説明されています。

適切な Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択には、Software Advisor ツール登録ユーザのみ)が役に立ちます。 Software Advisor を使用していて矛盾する情報があった場合は、リリース ノートを参照することを推奨します。

一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

Cisco IOS ソフトウェアのインストール

インストールするソフトウェア リリースを決定したら、シスコの Web サイトからそのイメージをダウンロードします。 登録ユーザの場合は Download Software Area登録ユーザのみ)から全イメージをダウンロードできます。 ガイドライン、『Cisco 12000 シリーズのソフトウェアのインストールとアップグレード手順』を参照してください。

Cisco IOS ソフトウェアの回復

Cisco IOS ソフトウェアのインストール時またはアップグレード時に問題が発生した場合、回復を行うためのトラブルシューティング手順については、『Cisco 12000 シリーズの ROMmon モードでの回復手順』を参照してください。

マイクロコードのアップグレード

Cisco IOS ソフトウェアのアップグレード後、ラインカードの ROM モニタまたはファブリック ダウンローダの警告メッセージが表示される場合、これを消去するにはラインカードのマイクロコードをアップグレードする必要があります。 この方法については、『Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのラインカード ファームウェアのアップグレード』を参照してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 47260