スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

12.2(17)SX 以前の Cisco IOS(ネイティブ)ソフトウェアを実行しているスーパーバイザ 720 搭載の Catalyst 6500 のパスワード回復手順

2003 年 10 月 14 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 4 月 10 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
     概要
手順
     出力例
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

この文書では、12.2(17)SX 以前のバージョンの Cisco IOS(R) (ネイティブ)ソフトウェアを実行しているスーパーバイザ 720 搭載の Catalyst 6500 シリーズでパスワードを回復する方法を説明します。

12.2(17)SX 以前の Cisco IOS バージョンに対する手順が異なる理由は、不具合 CSCec36997(スパーバイザ 720 ネイティブでのパスワード回復がスイッチ プロセッサ(SP)でのクラッシュにつながる)にあります。 スイッチでこの不具合が見られる場合は、ブレーク シーケンスを送信して RP ROMMON に入った後、コンフィギュレーション レジスタを 0x2142 に変更するのに 10 秒かかります。 10 秒後に、スイッチは、ソフトウェア強制リロードによってリロードされます。 ただし、クラッシュ以前にコンフィギュレーション レジスタをこの値に変更できる場合は、リロード後に有効になり、残りの手順を続行できます。

一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

はじめに

表記法

文書の表記法の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書に関する特別な前提条件はありません。

使用するコンポーネント

この文書は、12.2(17)SX より前の Cisco IOS(ネイティブ)ソフトウェア バージョンを実行するスーパーバイザ 720 ベースのシステムに適用されます。スーパーバイザ 720 が 12.2(17)SX 以降を実行している場合は、「パスワード回復手順 ネイティブ IOS を実行する Catalyst 6000 シリーズ スイッチ」を参照してください。

概要

Cisco IOS(ネイティブ)を実行する Catalyst 6000/6500 上では、ハードウェアが異なるため、Cisco 7200 シリーズ ルータとはブート シーケンスが異なります。 ボックスの電源をオフ/オンして SP がブートしてから約 25 秒後に、コンソールの所有権がルート プロセッサ(RP (MSFC))に移り、バンドル ソフトウェア イメージのロードが続行されます。 SP がコンソールの制御を RP に引き渡した直後に Ctrl-Break を押すことが重要です。 ブレーク シーケンスを送るのが早すぎると、SP の ROMMON が表示されます。このモードは、ここでは不適当です。 コンソールに次のメッセージが表示された後で、ブレーク シーケンスを送信します。

00:00:03: %OIR-6-CONSOLE: Changing console ownership to route processor

この時点以降は、パスワード回復は通常のルータと同じです。

注: これ以降は、Cisco IOS ソフトウェアを実行している Catalyst 6000 シリーズ スイッチをルータと呼びます。

手順

スイッチ上でオペレーティング システムが実行されているため、スイッチは実際にはルータのように設定されます。 パスワード回復手順は、ブレーク シーケンスを開始する前に約 25 秒以上待機する必要があることを除き、Cisco 7200 シリーズ ルータと同じです。

  1. エミュレーション付きの端末または PC をルータのコンソール ポートに接続します。 次の端末設定を使用してください。

    9600 baud rate 
       No parity 
       8 data bits 
       1 stop bit 
       No flow control

    必要なコンソール ケーブルの仕様は、「ケーブルの仕様」に記載されています。 コンソール ポートへの接続方法は、「Module Installation Guide」にあります。 「Connecting to the Console Port - Supervisor Engine Only」の項が特に有用です。

  2. ルータにまだアクセスできる場合は、show version コマンドを発行して、コンフィギュレーション レジスタの設定を記録します。 通常は、0x2102 または 0x102 です。 show version コマンドの出力例を表示するには、ここをクリックします。

  3. (ログイン パスワードまたは TACACS パスワードがないために)ルータにアクセスできない場合は、コンフィギュレーション レジスタは 0x2102 に設定されていると想定して構いません。

  4. 電源スイッチを使用して、ルータの電源を切ってから入れ直します。

  5. RP がコンソール ポートの制御を与えられた直後に、端末のキーボードで Break キーを押します。 Cisco IOS(ネイティブ)を実行している Catalyst 6000 では、最初に SP がブートし、その後で制御を RP に引き渡すことに注意してください。 RP が制御を得た後に、ブレーク シーケンスを開始する必要があります。 次のメッセージが表示されると、RP がコンソール ポートの制御を得たことが分かります。 (このメッセージが表示されるまでは、ブレーク シーケンスを開始しないでください。)

    00:00:03: %OIR-6-CONSOLE: Changing console ownership to route processor

    不具合 CSCec36997(スーパーバイザ 720 ネイティブ上でのパスワード回復が SP 上でのクラッシュにつながる)のため、スイッチがクラッシュするまでに、ステップ 6 を実行するのに約 10 秒かかります。

    一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

    ブレーク シーケンスがうまくいかない場合は、「パスワード回復中の標準的なブレーク キー シーケンスの組み合わせ」で他のキーの組み合わせを参照してください。

  6. rommon 1> プロンプトで confreg 0x2142 と入力して、設定をロードせずにフラッシュからブートします。

  7. スイッチがソフトウェア強制クラッシュによってクラッシュします。

    rommon 1 > 
        00:00:41: %SYS-SP-3-LOGGER_FLUSHED: System was paused for 00:00:00 to ensure co. 
       00:00:41: %SYS-SP-2-INTSCHED: 't_idle' at level 7 
        -Process= "SCP Download Process", ipl= 7, pid= 57 
        -Traceback= 4013991C 401232B4 402827F4 40282994 40283010 405CB010 402A9858 4013C 
        00:00:41: %SYS-SP-2-INTSCHED: 't_idle' at level 7 
        -Process= "SCP Download Process", ipl= 7, pid= 57 
        -Traceback= 4013991C 401232B4 402827F4 40282994 40283010 405CB010 402A9858 4013C 
        00:00:41: %SYS-SP-2-INTSCHED: 't_idle' at level 7 
        -Process= "SCP Download Process", ipl= 7, pid= 57 
        -Traceback= 4013991C 401232B4 402827F4 40282994 40283010 405CB010 402A9858 4013C 
        00:00:41: %OIR-SP-6-CONSOLE: Changing console ownership to switch processor 
       *** System received a Software forced crash *** 
        signal= 0x17, code= 0x24, context= 0x4269f6f4 
        PC = 0x401370d8, Cause = 0x3020, Status Reg = 0x34008002 
       

    ルータがリブートしますが、コンフィギュレーション レジスタが 0x2142 に設定されているために、保存された設定は無視されます。 ルータ設定がまだ存在している(まだ以前のホスト名である)ことが判明した場合、コンフィギュレーション レジスタがクラッシュ以前に適切なタイミングで 0x2142 に変更されなかったことを示しています。 この場合は、再度初めからやり直す必要があります(ステップ 4)。 コンフィギュレーション レジスタが正しく 0x2142 に変更された場合は、リロード後に初期設定についての質問が表示されます。

  8. 個々のセットアップの質問に no を入力するか、Ctrl-C キーを押して初期設定手順をスキップします。

  9. Router> プロンプトで、enable と入力します。 enable モードになり、Router# プロンプトが表示されます。

  10. config mem コマンドまたは copy start running コマンドを発行して、Nonvolatile RAM(NVRAM; 不揮発性 RAM)をメモリにコピーすることが重要です。 config term コマンドは発行しないでください。

  11. write terminal または show running のいずれかのコマンドを発行します。 これらのコマンドは、ルータの設定を表示します。 この設定では、すべてのインターフェイスの下で shutdown コマンドが表示されます。これは、現在すべてのインターフェイスがシャットダウンされていることを意味します。 また、パスワードも暗号化された形式または暗号化されていない形式で表示できます。

  12. config term コマンドを発行して、グローバル設定モードを有効にし、変更を行います。 ここで、プロンプトは hostname(config)# になります。

  13. グローバル設定モードで enable secret <password> を発行して、enable password を変更します。

  14. グローバル設定モードで、config-register 0x2102 コマンドを発行するか、またはステップ 2 で記録した値(Router(config)#)でコマンドを発行して、設定値を元の値に戻します。

  15. 仮想端末パスワードも変更する必要があります(存在する場合)。

    Router(config)#line vty 0 4
       Router(config-line)#password cisco
       Router(config-line)#^Z
       Router#
  16. 通常使用しているすべてのインターフェイスで no shutdown コマンドを発行します。show ip interface brief コマンドを発行すると、インターフェイスとその現在のステータスのリストを表示できます。 show ip interface brief コマンドを実行するには、イネーブル モード(Router#)が有効になっている必要があります。 次に、あるインターフェイスの例を示します。

    Router#show ip interface brief
       Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Prol
       Vlan1                      172.17.10.10    YES TFTP   administratively down dow 
       Vlan10                     10.1.1.1        YES TFTP   administratively down dow 
       GigabitEthernet1/1         unassigned      YES unset  administratively down dow 
       GigabitEthernet1/2         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
       GigabitEthernet2/1         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
       GigabitEthernet2/2         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
       FastEthernet3/1            172.16.84.110   YES TFTP   administratively down dow 
       <snip>...
       Router#configure terminal
       Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
       Router(config)#interface fastEthernet 3/1
       Router(config-if)#no shutdown 
       Router(config-if)#exit
       Router(config)# <do other interfaces as necessary...>
  17. Ctrl-Z キーを押して、設定モードを終了します。 ここで、プロンプトは hostname# になります。

  18. write mem または copy running startup のいずれかのコマンドを発行して、変更を適用します。

出力例

次に、実際のパスワード回復手順の例を示します。 この例は、Catalyst 6000 シリーズのスイッチを使用して作成されました。 show version および show module コマンドから始めることで、この例で使用されているコンポーネントを表示します。

Press RETURN to get started.
   sup720>enable
   Password: 
   sup720#
   sup720#show version
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:40 by ccai
   Image text-base: 0x40008C10, data-base: 0x41ACE000
   ROM: System Bootstrap, Version 12.2(14r)S9, RELEASE SOFTWARE (fc1)
   BOOTLDR: s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   sup720 uptime is 18 minutes
   Time since sup720 switched to active is 17 minutes
   System returned to ROM by power-on (SP by reload)
   System image file is "disk0:s72033-ps-mz.122-14.SX1.bin"
   cisco Catalyst 6000 (R7000) processor with 458752K/65536K bytes of memory.
   Processor board ID 
   SR71000 CPU at 600Mhz, Implementation 0x504, Rev 1.2, 512KB L2 Cache
   Last reset from power-on
   X.25 software, Version 3.0.0.
   Bridging software.
   3 Virtual Ethernet/IEEE 802.3  interface(s)
   96 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
   58 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
   1917K bytes of non-volatile configuration memory.
   8192K bytes of packet buffer memory.
   65536K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
   Configuration register is 0x2102
   sup720#
   sup720#show module
   Mod Ports Card Type                              Model              Serial No.
   --- ----- -------------------------------------- ------------------ -----------
     1   16  16 port GE RJ45                        WS-X6316-GE-TX     SAD04100A9R
     2   48  48 port 10/100 mb RJ-45 ethernet       WS-X6248-RJ-45     SAD041402P9
     4   16  SFM-capable 16 port 1000mb GBIC        WS-X6516A-GBIC     SAL0705CD7X
     5    2  Supervisor Engine 720 (Active)         WS-SUP720-BASE     SAD070600MU
     7   24  aCEF720 24 port 1000mb SFP             WS-X6724-SFP       SAD0725035Y
     9   48  48-port 10/100 mb RJ45                 WS-X6148-RJ45V     SAL06282HGE
   Mod MAC addresses                       Hw    Fw           Sw           Status
   --- ---------------------------------- ------ ------------ ------------ -------
     1  00d0.9738.702a to 00d0.9738.7039   0.202 5.3(1)       7.7(0.74)APP Ok      
     2  0001.9709.5c90 to 0001.9709.5cbf   1.2   5.1(1)CSX    7.7(0.74)APP Ok      
     4  0009.11f6.aa28 to 0009.11f6.aa37   1.0   7.2(1)       7.7(0.74)APP Ok      
     5  000c.3042.844c to 000c.3042.844f   1.0   7.7(1)       12.2(14)SX1  Ok      
     7  0030.f272.2666 to 0030.f272.267d   1.0   12.2(14r)S5  12.2(14)SX1  PwrDown 
     9  0009.127c.8d40 to 0009.127c.8d6f   1.0   5.4(2)       7.7(0.74)APP Ok      
   Mod Sub-Module                  Model              Serial        Hw     Status 
   --- --------------------------- ------------------ ------------ ------- -------
     5 Policy Feature Card 3       WS-F6K-PFC3A       SAD070601DR   1.0    Ok     
     5 MSFC3 Daughterboard         WS-SUP720          SAD070500YF   1.0    Ok     
     7 unknown FRU type (major = 0 WS-F6700-CFC       SAD073201KC   1.0    PwrDown
     9 Inline Power Module         WS-F6K-PWR                       1.0    Ok     
   Mod Online Diag Status 
   --- -------------------
     1 Pass               
     2 Pass               
     4 Pass               
     5 Pass               
     7 Unknown            
     9 Pass               
   sup720#
   sup720#
   sup720#reload
   Proceed with reload? [confirm]
   
   !--- ここで電源を切って入れ直します。
   !--- ハードウェアの電源をオフ/オンする代わりに、リロードで代替することもできます。
   
   *Sep 29 04:21:13: %SYS-5-RELOAD: Reload requested by console.
   *Sep 29 04:21:16: %OIR-SP-6-CONSOLE: Changing console ownership to switch procer
   *Sep 29 04:21:18: %SYS-SP-5-RELOAD: Reload requested
   *Sep 29 04:21:18: %OIR-SP-6-CONSOLE: Changing console ownership to switch procer
   ***
   *** --- SHUTDOWN NOW ---
   ***
   
   !--- 最初に、スイッチ プロセッサがアップします。
   
   System Bootstrap, Version 7.7(1)
   Copyright (c) 1994-2003 by cisco Systems, Inc.
   Cat6k-Sup720/SP processor with 524288 Kbytes of main memory
   Autoboot executing command: "boot disk0:s72033-ps-mz.122-14.SX1.bin"
   Self decompressing the image : ################################################]
                 Restricted Rights Legend
   Use, duplication, or disclosure by the Government is
   subject to restrictions as set forth in subparagraph
   (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
   Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
   (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
   Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
              cisco Systems, Inc.
              170 West Tasman Drive
              San Jose, California 95134-1706
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_sp Software (s72033_sp-SP-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:48 by ccai
   Image text-base: 0x40020C10, data-base: 0x40B98000
   00:00:03: %PFREDUN-6-ACTIVE: Initializing as ACTIVE processor
   
   00:00:03: %OIR-6-CONSOLE: Changing console ownership to route processor
   
   
   !--- ここで、RP がコンソールの制御を得ます。
   !--- ここでブレーク シーケンスを送信します。
   
   System Bootstrap, Version 12.2(14r)S9, RELEASE SOFTWARE (fc1)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 2003 by cisco Systems, Inc.
   Cat6k-Sup720/RP platform with 524288 Kbytes of main memory
   Download Start
   *** Mistral Interrupt on line 4 ***
   System memory 1 bit ECC correctable error interrupt ..
     PC = 0x8000841c, SP = 0x80007f00, RA = 0x80008488
     Cause Reg = 0x00004400, Status Reg = 0x3041c003
   rommon 1 > 
   
   !--- 現在 RP 上で ROMMON モードが有効になっており、どのルータ上とも同じように
   !--- パスワード回復手順を続行できます。 コンフィギュレーション レジスタを
   !--- 0x2102 から 0x2142 に変更すると、
   !--- ルータは既存の設定を無視します。 不明なパスワードが設定されているため、
   !--- 無視されるようにする必要があります。 不具合 CSCec36997 (sup720 ネイティブ上のパスワード回復が SP 上での
   !--- クラッシュにつながる)のため、コンフィギュレーション レジスタを 0x2142 に変更するのに約 10 秒かかります。 
   !--- 10 秒後に、SP  がクラッシュします。コンフィギュレーション レジスタが時間内に変更されていない場合は、
   !--- 再度やり直す必要があります。
   
   rommon 1 > confreg 0x2142
   You must reset or power cycle for new config to take effect.
   rommon 2 >
   
   !--- 何の介入もなければ、スイッチは RP ROMMON へのブレークの
   !--- 約 10 秒後にクラッシュします。
   
   00:00:31: %SYS-SP-3-LOGGER_FLUSHED: System was paused for 00:00:00 to ensure co.
   00:00:31: %SYS-SP-2-INTSCHED: 't_idle' at level 7
   -Process= "SCP Download Process", ipl= 7, pid= 57
   -Traceback= 4013991C 401232B4 402827F4 40282994 40283010 405CB010 402A9858 4013C
   00:00:31: %SYS-SP-2-INTSCHED: 't_idle' at level 7
   -Process= "SCP Download Process", ipl= 7, pid= 57
   -Traceback= 4013991C 401232B4 402827F4 40282994 40283010 405CB010 402A9858 4013C
   00:00:31: %SYS-SP-2-INTSCHED: 't_idle' at level 7
   -Process= "SCP Download Process", ipl= 7, pid= 57
   -Traceback= 4013991C 401232B4 402827F4 40282994 40283010 405CB010 402A9858 4013C
   00:00:31: %OIR-SP-6-CONSOLE: Changing console ownership to switch processor
   *** System received a Software forced crash ***
   signal= 0x17, code= 0x24, context= 0x4269f6f4
   PC = 0x401370d8, Cause = 0x3020, Status Reg = 0x34008002
   System Bootstrap, Version 7.7(1)
   Copyright (c) 1994-2003 by cisco Systems, Inc.
   Cat6k-Sup720/SP processor with 524288 Kbytes of main memory
   Autoboot executing command: "boot disk0:s72033-ps-mz.122-14.SX1.bin"
   Self decompressing the image : ################################################]
                 Restricted Rights Legend
   Use, duplication, or disclosure by the Government is
   subject to restrictions as set forth in subparagraph
   (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
   Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
   (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
   Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
              cisco Systems, Inc.
              170 West Tasman Drive
              San Jose, California 95134-1706
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_sp Software (s72033_sp-SP-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:48 by ccai
   Image text-base: 0x40020C10, data-base: 0x40B98000
   00:00:03: %PFREDUN-6-ACTIVE: Initializing as ACTIVE processor
   00:00:03: %OIR-6-CONSOLE: Changing console ownership to route processor
   System Bootstrap, Version 12.2(14r)S9, RELEASE SOFTWARE (fc1)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 2003 by cisco Systems, Inc.
   Cat6k-Sup720/RP platform with 524288 Kbytes of main memory
   Download Start
   !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
   Download Completed! Booting the image.
   Self decompressing the image : ################################################]
                 Restricted Rights Legend
   Use, duplication, or disclosure by the Government is
   subject to restrictions as set forth in subparagraph
   (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
   Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
   (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
   Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
              cisco Systems, Inc.
              170 West Tasman Drive
              San Jose, California 95134-1706
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:40 by ccai
   Image text-base: 0x40008C10, data-base: 0x41ACE000
   cisco Catalyst 6000 (R7000) processor with 458752K/65536K bytes of memory.
   Processor board ID 
   SR71000 CPU at 600Mhz, Implementation 0x504, Rev 1.2, 512KB L2 Cache
   Last reset from power-on
   X.25 software, Version 3.0.0.
   Bridging software.
   1 Virtual Ethernet/IEEE 802.3  interface(s)
   96 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
   58 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
   1917K bytes of non-volatile configuration memory.
   8192K bytes of packet buffer memory.
   65536K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
           --- System Configuration Dialog ---
   Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: n
   
   !--- ルータは、保存された設定を無視して、
   !--- 初期設定モードに入ります。
   
   Press RETURN to get started!
   00:00:03: %SYS-3-LOGGER_FLUSHED: System was paused for 00:00:00 to ensure conso.
   00:00:46: curr is 0x10000
   00:00:46: RP: Currently running ROMMON from F1 region
   00:01:00: %SYS-5-RESTART: System restarted --
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:40 by ccai
   00:01:00: %SNMP-5-COLDSTART: SNMP agent on host Router is undergoing a cold stat
   00:01:00: %SYS-6
   Router>-BOOTTIME: Time taken to reboot after reload = 1807 seconds
   Firmware compiled 19-May-03 10:54 by integ Build [100]
   00:00:54: %SPANTREE-SP-5-EXTENDED_SYSID: Extended SysId enabled for type vlan
   00:00:54: SP: SP: Currently running ROMMON from F1 region
   00:01:00: %SYS-SP-5-RESTART: System restarted --
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_sp Software (s72033_sp-SP-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:48 by ccai
   00:01:01: %OIR-SP-6-INSPS: Power supply inserted in slot 1
   00:01:01: %C6KPWR-SP-4-PSOK: power supply 1 turned on.
   00:01:01: %OIR-SP-6-INSPS: Power supply inserted in slot 2
   00:01:01: %C6KPWR-SP-4-PSOK: power supply 2 turned on.
   00:01:01: %C6KPWR-SP-4-PSREDUNDANTBOTHSUPPLY: in power-redundancy mode, system .
   00:01:05: %FABRIC-SP-5-FABRIC_MODULE_ACTIVE: the switching fabric module in sloe
   00:01:06: %DIAG-SP-6-RUN_MINIMUM: Module 5: Running Minimum Diagnostics...
   Router>
   Router>
   00:01:18: %DIAG-SP-6-DIAG_OK: Module 5: Passed Online Diagnostics
   00:01:18: %OIR-SP-6-INSCARD: Card inserted in slot 5, interfaces are now online
   00:01:21: %DIAG-SP-6-RUN_MINIMUM: Module 4: Running Minimum Diagnostics...
   Router>
   Router>
   Router>
   00:01:36: %DIAG-SP-6-RUN_MINIMUM: Module 9: Running Minimum Diagnostics...
   Router>
   Router>
   00:01:42: %DIAG-SP-6-RUN_MINIMUM: Module 1: Running Minimum Diagnostics...
   00:01:44: %DIAG-SP-6-DIAG_OK: Module 4: Passed Online Diagnostics
   00:01:45: %OIR-SP-6-INSCARD: Card inserted in slot 4, interfaces are now online
   00:01:54: %DIAG-SP-6-DIAG_OK: Module 9: Passed Online Diagnostics
   00:01:54: %OIR-SP-6-INSCARD: Card inserted in slot 9, interfaces are now online
   00:01:57: %DIAG-SP-6-DIAG_OK: Module 1: Passed Online Diagnostics
   00:01:57: %OIR-SP-6-INSCARD: Card inserted in slot 1, interfaces are now online
   00:02:06: %DIAG-SP-6-RUN_MINIMUM: Module 2: Running Minimum Diagnostics...
   00:02:15: %DIAG-SP-6-DIAG_OK: Module 2: Passed Online Diagnostics
   00:02:15: %OIR-SP-6-INSCARD: Card inserted in slot 2, interfaces are now online
   Router>
   Router>enable
   Router#
   
   !--- パスワードなしで直接特権モードに入れることに注意してください。
   !--- この時点で、実行コンフィギュレーション設定は、
   !--- すべてのポートが administratively down(シャットダウン)したデフォルトの設定になります。
   
   Router#copy startup-config running-config
   Destination filename [running-config]? <press enter>
   
   !--- これにより、元の設定に戻されます。 すでに特権モードが有効であるため、
   !--- この設定の(不明な)パスワードは、影響しなくなります。
   
   4864 bytes copied in 2.48 secs (2432 bytes/sec)
   sup720#
   sup720#conf t
   Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
   sup720(config)#enable secret cisco
   
   !--- 不明なパスワードを上書きします。 これが新しいイネーブル パスワードになります。
   
   sup720#sh ip int brief
   Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Prol
   Vlan1                      10.48.72.142    YES TFTP   administratively down dow 
   Vlan500                    10.1.1.1        YES TFTP   administratively down dow 
   Vlan501                    10.2.2.1        YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/1         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/2         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/3         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/4         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/5         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/6         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   GigabitEthernet1/7         unassigned      YES TFTP   administratively down dow 
   <snip>...
   
   !--- アップする必要のあるすべてのインターフェイスで、no shut コマンドを発行します。
   
   sup720#conf t
   Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
   sup720(config)#int gig 1/1 
   sup720(config-if)#no shut
   sup720(config-if)#^Z
   sup720#
   
   !--- 場合によっては、仮想端末パスワードも上書きする必要があります。 
   !--- 既知のパスワードを使用してください。
   
   sup720#conf t
   sup720(config)#line vty 0 4
   sup720(config-line)#password XXX
   sup720(config-line)#^Z
   sup720# 
   
   !--- ここで、コンフィギュレーション レジスタを通常の状態に復元し、
   !--- 保存されたコンフィギュレーション ファイルが今後無視されないようにします。
   
   sup720#show version
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:40 by ccai
   Image text-base: 0x40008C10, data-base: 0x41ACE000
   ROM: System Bootstrap, Version 12.2(14r)S9, RELEASE SOFTWARE (fc1)
   BOOTLDR: s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   sup720 uptime is 4 minutes
   Time since sup720 switched to active is 4 minutes
   System returned to ROM by power-on (SP by error - a Software forced crash, PC 0)
   System image file is "disk0:s72033-ps-mz.122-14.SX1.bin"
   cisco Catalyst 6000 (R7000) processor with 458752K/65536K bytes of memory.
   Processor board ID 
   SR71000 CPU at 600Mhz, Implementation 0x504, Rev 1.2, 512KB L2 Cache
   Last reset from power-on
   X.25 software, Version 3.0.0.
   Bridging software.
   3 Virtual Ethernet/IEEE 802.3  interface(s)
   96 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
   58 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
   1917K bytes of non-volatile configuration memory.
   8192K bytes of packet buffer memory.
   65536K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
   Configuration register is 0x2142
   sup720#
   sup720#conf t
   Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
   sup720(config)#config-register 0x2102
   sup720(config)#
   
   !--- コンフィギュレーション レジスタが次回のリロードに備えて変更されていることを確認します。
   
   sup720#show version
   Cisco Internetwork Operating System Software 
   IOS (tm) s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY)
   TAC Support: http://www.cisco.com/tac
   Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
   Compiled Tue 27-May-03 20:40 by ccai
   Image text-base: 0x40008C10, data-base: 0x41ACE000
   ROM: System Bootstrap, Version 12.2(14r)S9, RELEASE SOFTWARE (fc1)
   BOOTLDR: s72033_rp Software (s72033_rp-PS-M), Version 12.2(14)SX1, EARLY DEPLOY
   sup720 uptime is 4 minutes
   Time since sup720 switched to active is 4 minutes
   System returned to ROM by power-on (SP by error - a Software forced crash, PC 0)
   System image file is "disk0:s72033-ps-mz.122-14.SX1.bin"
   cisco Catalyst 6000 (R7000) processor with 458752K/65536K bytes of memory.
   Processor board ID 
   SR71000 CPU at 600Mhz, Implementation 0x504, Rev 1.2, 512KB L2 Cache
   Last reset from power-on
   X.25 software, Version 3.0.0.
   Bridging software.
   3 Virtual Ethernet/IEEE 802.3  interface(s)
   96 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
   58 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
   1917K bytes of non-volatile configuration memory.
   8192K bytes of packet buffer memory.
   65536K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
   Configuration register is 0x2142 (will be 0x2102 at next reload)
   sup720#
   sup720#copy running-config startup-config
   Destination filename [startup-config]? <press enter>
   Building configuration...
   [OK]
   sup720#
   
   !--- オプション: ルータが正しくアップされ、
   !--- パスワードが変更されていることをテストする場合は、リロードして
   !--- テストできます。
   
   sup720#reload
   Proceed with reload? [confirm] 
   <press enter>
   

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 45681