コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

JTapi Gateway と PIM がアクティブであるのにコールがルーティングされない

2003 年 9 月 10 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 11 月 8 日) | フィードバック

目次


概要

Cisco IP Contact Center(IPCC)の新規インストールでは、Java Telephony Application Programming Interface(JTapi)Gateway と Peripheral Interface Manager(PIM; 周辺インターフェイス マネージャ)がアクティブになっても、コールがルーティングされない可能性があります。 この文書では、このような問題が発生する原因の 1 つと、この問題の特定方法および修正方法ついて説明します。

前提条件

この文書の読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • IPCC
  • Cisco CallManager(CCM)
  • JTapi
  • Intelligent Contact Manager(ICM)

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

この文書の情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づいています。

  • CCM バージョン 3.1 以降
  • ICM バージョン 4.5 以降

問題の特定

IPCC の新規インストール後、JGW1 と PIM がアクティブであるにもかかわらずコールがルーティングされない場合は、CallManager サーバが稼働していない可能性があります。

解決策

CCM 3.1 以降では、Peripheral Gateway(PG)の jgw1 は CCM の Computer Telephony Interface(CTI)Manager に接続されています。 CCM で、CCM サービスが稼働していることを確認します。 CCM サービスがオフラインであっても、CTI Manager が稼働していれば、PIM はアクティブになります。 CCM プロセスが稼働しているかどうかを判別するには、次の手順を実行します。

  1. CCM にログインします。
  2. Cisco CallManager Serviceability を選択します。
  3. Control Center を選択します。
  4. Cisco CallManager のステータスをチェックして、サービスが稼働しているかどうかを判別します。 サービスが稼働していない場合は、Start をクリックします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24245