マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) : MPLS

MPLS のトラブルシューティング

2002 年 12 月 9 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 8 月 10 日) | フィードバック

目次


概要

この文書は、「OSPF を使用した MPLS の基本設定」の設定例に基づいています。 この文書では、次の設定が完了していることが想定されています。

  • IP アドレス、および Open Shortest Path First(OSPF)や Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)などのルーティング プロトコル。

  • すべてのルータでの Cisco Express Forwarding(CEF; Cisco エクスプレス転送)または分散 CEF スイッチング。

  • すべてのルータでの一般的な Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)または tag-switching。

  • すべての必須インターフェイスでの MPLS または tag-switching。
また、この文書では MPLS の基本知識が必要です。 MPLS をサポートしているハードウェアまたは Cisco IOS(R) ソフトウェア リリースが不明である場合は、Software Advisor登録ユーザのみ)を使用します。

一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

トラブルシューティング ステップ

 

ルーティング プロトコルの実行の確認

show ip protocols:アクティブなルーティング プロトコルのプロセスのパラメータや現在の状態を表示します。

Pomerol#show ip protocols
  
  Routing Protocol is "ospf 1"  
  
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set  
  
  Incoming update filter list for all interfaces is not set  
  
  Router ID 10.10.10.3  
  
  Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa  
  
  Maximum path: 4  Routing for Networks:    
  
  	10.1.1.0 0.0.0.255 area 9    
  
  	10.10.10.0 0.0.0.255 area 9  
  
  Routing Information Sources:    
  
  	Gateway         Distance      Last Update    
  
  	10.10.10.2           110      10:41:55    
  
  	10.10.10.3           110      10:41:55    
  
  	10.10.10.1           110      10:41:55    
  
  	10.10.10.6           110      10:41:55    
  
  	10.10.10.4           110      10:41:55    
  
  	10.10.10.5           110      10:41:55  
  
  Distance: (default is 110)

MPLS ネットワークおよびすべての近隣ルータ用のプロトコル ルートが存在することを確認します。 また、show ip route コマンドを使用してルーティング テーブルをチェックすることもできます。

  
  Pomerol#show ip route 
  
  Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
  
         D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area 
  
         N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
  
         E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
  
         i - ISIS, L1 - ISIS level-1, L2 - ISIS level-2, ia - ISIS inter area
  
         * - candidate default, U - per-user static route, o - ODR
  
  
  
  Gateway of last resort is 10.200.28.1 to network 0.0.0.0
  
  
  
       10.0.0.0/8 is variably subnetted, 13 subnets, 3 masks
  
  C       10.1.1.8/30 is directly connected, Serial0/1.2
  
  O       10.1.1.12/30 [110/390] via 10.1.1.5, 15:26:38, Serial0/1.1
  
  O       10.10.10.2/32 [110/196] via 10.1.1.10, 15:26:38, Serial0/1.2
  
  C       10.10.10.3/32 is directly connected, Loopback0
  
  O       10.1.1.0/30 [110/390] via 10.1.1.5, 15:26:38, Serial0/1.1
  
                      [110/390] via 10.1.1.10, 15:26:38, Serial0/1.2
  
  O       10.10.10.1/32 [110/196] via 10.1.1.5, 15:26:38, Serial0/1.1
  
  O       10.10.10.6/32 [110/98] via 10.1.1.22, 15:26:38, Serial0/1.3
  
  O       10.10.10.4/32 [110/391] via 10.1.1.5, 15:26:38, Serial0/1.1
  
  C       10.1.1.4/30 is directly connected, Serial0/1.1
  
  C       10.1.1.20/30 is directly connected, Serial0/1.3
  
  

ルータまたはルートが見つからない場合は、ルーティング プロトコルのプロセスを調査します。 ルーティング プロトコルのプロセスを調査するには、OSPF を使用します。

CEF スイッチングの確認

show ip cef summary コマンドは、IP アドレス情報に基づいて、Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)内の特定のエントリを表示します。 通常のステータスを次に示します。

  
  Pomerol#show ip cef summary 
  
  IP CEF with switching (Table Version 131), flags=0x0, bits=8
  
    32 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new)
  
    32 leaves, 18 nodes, 23004 bytes, 125 inserts, 93 invalidations
  
    1 load sharing elements, 336 bytes, 1 references
  
    universal per-destination load sharing algorithm, id B642EBCF
  
    1 CEF resets, 6 revisions of existing leaves
  
    6 in-place modifications
  
    refcounts:  4909 leaf, 4864 node
  
  
CEF のステータスをチェックするには、show ip cef および show ip cef interface コマンドを使用します。 CEF が有効でない場合は、何も表示されません。
  
  Pomerol#show ip cef 
  
  %CEF not running
  
  Prefix              Next Hop             Interface
  
  
CEF の有効化に関する問題が発生し続ける場合は、「Cisco Express Forwarding の概要」を参照してください。

MPLS の確認

show running-config コマンドを使用して、MPLS がグローバルに有効であり、要求されたインターフェイスでラベル配布プロトコルが実行中であることを確認します。

  
  Pomerol#show mpls interfaces 
  
  Interface              IP            Tunnel   Operational
  
  (...)    
  
  Serial0/1.1            Yes (tdp)     Yes      Yes         
  
  Serial0/1.2            Yes           Yes      No          
  
  Serial0/1.3            Yes (tdp)     Yes      Yes         
  
  (...)
  
  
  • IP Field:インターフェイスに対して、MPLS IP が設定されていることを表示します。 IP ステータスの右側で、かっこ内に Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)が表示されます。 LDP は、Cisco Tag Switching アーキテクチャで定義されている Tag Distribution Protocol(TDP; タグ配布プロトコル)か、RFC 3036 leaving cisco.com で Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)により定義されている LDP のいずれかです。
  • Tunnel Field:インターフェイスのトラフィック エンジニアリングの能力を表示します。
  • Operational Field:LDP のステータスを表示します。 (上記の例ではインターフェイスがダウンしているため、以下に関する Operational フィールドもダウンになっていますSerial0/1.2.)

近隣ルータへの ping 送信

近隣ルータの各ペアの間では、ラベルのない接続が確立されている必要があります。 ラベルのない接続はルーティング プロトコルとラベル配布プロトコルにより使用され、ルーティング テーブルと Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)を作成します。
  
  Pomerol#ping 10.10.10.6
  
  
  
  Type escape sequence to abort.
  
  Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.10.10.6, timeout is 2 seconds:
  
  !!!!!
  
  Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 56/56/60 ms
  
  

ラベル配布の確認

show tag-switching tdp discovery コマンドは、検出された近隣ルータを表示します。

  
  Pomerol#show tag-switching tdp discovery 
  
  Local TDP Identifier:
  
      10.10.10.3:0
  
  Discovery Sources:
  
      Interfaces:
  
          Serial0/1.1 (tdp): xmit/recv
  
              TDP Id: 10.10.10.1:0
  
          Serial0/1.2 (tdp): xmit/recv
  
              TDP Id: 10.10.10.2:0
  
          Serial0/1.3 (tdp): xmit/recv
  
              TDP Id: 10.10.10.6:0
  
  

上記の例では、TDP を使用してラベルをルートにバインドしています。 存在するはずの近隣ルータが見つからず、ping を送信できない場合は、接続の問題が存在し、ラベル配布プロトコルが実行できません。 ラベル配布プロトコルが正常に実行されている場合、Forwarding Equivalent Class(FEC)ごとに 1 つのラベルが割り当てられる必要があります。

注:グローバル ルーティング テーブルからラベル配布プロトコルのルータ ID に到達できない場合は、近隣関係が確立されていません。

ラベル バインディングの確認

show tag-switching tdp bindings コマンドを使用すると、ラベルがそれぞれの宛先に割り当てられていることを確認できます。 さまざまなルートと、ルートに関連付けられたラベルを確認するには、show tag-switching forwarding-table {ip address | prefix} detail コマンドなどのコマンドを使用できます。

次の出力には、各 Label Switch Router(LSR; ラベル スイッチング ルータ)のインターフェイスである 10.10.10.x/32 ネットワークに対するラベル バインディングが含まれています。 各 LSR には複数のラベルがあります。 各ラベルは、異なるパスに対応します。

  
  Pomerol#show tag-switching tdp bindings 
  
  (...)
  
  tib entry: 10.10.10.1/32, rev 31      
  
  	local binding:  tag: 18      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.1:0, tag: imp-null      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.2:0, tag: 18      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.6:0, tag: 21
  
  tib entry: 10.10.10.2/32, rev 22      
  
  	local binding:  tag: 17      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.2:0, tag: imp-null      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.1:0, tag: 19      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.6:0, tag: 22
  
  tib entry: 10.10.10.3/32, rev 2      
  
  	local binding:  tag: imp-null      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.2:0, tag: 17      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.1:0, tag: 20      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.6:0, tag: 23
  
  tib entry: 10.10.10.4/32, rev 40      
  
  	local binding:  tag: 20      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.1:0, tag: 16      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.2:0, tag: 20      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.6:0, tag: 24
  
  tib entry: 10.10.10.5/32, rev 44      
  
  	local binding:  tag: 22      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.1:0, tag: 17      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.2:0, tag: 22      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.6:0, tag: 25
  
  tib entry: 10.10.10.6/32, rev 48      
  
  	local binding:  tag: 23      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.6:0, tag: imp-null      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.1:0, tag: 22      
  
  	remote binding: tsr: 10.10.10.2:0, tag: 24
  
  (...)
  
  
  
  
  
  Pomerol#show tag-switching forwarding-table 10.10.10.4 detail
  
  Local  Outgoing    Prefix            Bytes 
  
  tag  Outgoing   Next Hoptag    tag or VC   or Tunnel Id      switched   interface
  
  20     16          10.10.10.4/32     0          Se0/1.1    point2point        
  
  		MAC/Encaps=4/8, MTU=1500, Tag Stack{16}        
  
  		48D18847 00010000        
  
  		No output feature configured    
  
  	Per-packet load-sharing

ラベルの設定の確認

ラベルが設定されていることを確認するには、debug mpls packet コマンド、または MPLS 対応の traceroute 機能を使用します。

  
  Pesaro#traceroute 10.10.10.4
  
   
  
  Type escape sequence to abort.
  
  Tracing the route to 10.10.10.4
  
   
  
  	1 10.1.1.21 [MPLS: Label 20 Exp 0] 272 msec 268 msec 300 msec    
  
  	2 10.1.1.5 [MPLS: Label 16 Exp 0] 228 msec 228 msec 228 msec    
  
  	3 10.1.1.14 92 msec * 92 msec
  
  

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12492