アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco LocalDirector 400 シリーズ

Cisco LocalDirector での Telnet アクセスに関するトラブルシューティング

2003 年 4 月 16 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 1 月 31 日) | フィードバック

目次


概要

この文書は、Cisco LocalDirector で Telnet アクセスが受け入れられない場合のトラブルシューティングに役立つものです。

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

この文書の情報は、次のソフトウェアおよびハードウェア バージョンに基づいています。

  • バージョン 4.2.2 までのすべての LocalDirector ソフトウェア
  • すべての LocalDirector ハードウェア プラットフォーム

LocalDirector での Telnet セッションの設定

LocalDirector には、Internet Protocol(IP)アドレスを割り当てる必要があります。

  1. 設定モードにします。
     localdirector#  
    localdirector# configure terminal
  2. LocalDirector に IP アドレスを割り当てます。
    localdirector(config)# ip address 10.1.1.1 255.255.255.0 
  3. LocalDirector にデフォルト ゲートウェイまたはルートを設定し、Telnet クライアントのリターン パスを保証します。
  4.  localdirector(config)# route 0.0.0.0 0.0.0.0 10.1.1.250 
  5. LocalDirector に Telnet 接続できるクライアントを指定します。

    次の例では、10.x.x.x のネットワーク、192.168.x.x のネットワーク、そして 172.17.63.2 のクライアントによる LocalDirector への Telnet アクセスを許可する方法を示しています。
    localdirector(config)# telnet 10.0.0.0 255.0.0.0
    localdirector(config)# telnet 192.168.0.0 255.255.0.0
    localdirector(config)# telnet 172.17.63.2 255.255.255.255
  6. LocalDirector に Telnet のパスワードを割り当てます。
     localdirector(config)# password *******
     

:イネーブル パスワードは LocalDirector への Telnet には使用できません。LocalDirector では、Telnet 接続の開始用に標準のパスワードだけを許可しています。

Telnet に失敗した場合の LocalDirector のトラブルシューティング

LocalDirector を設定した後、Telnet 接続ができない場合は、次のテストを実行してみてください。
  1. LocalDirector から Telnet クライアントに対して ping を実行します。ping に成功した場合は、ステップ 2 に進みます。失敗した場合は、LocalDirector でのルーティング命令が正しいことを確認し、LocalDirector からデフォルト ゲートウェイに ping を実行して確認します。show arp コマンドを使用して、LocalDirector にデフォルト ゲートウェイに対する ARP エントリがあることを確認します。

  2. LocalDirector で who コマンドを発行して、LocalDirector に 3 人以上のユーザがログインしていないことを確認します。LocalDirector では、同時に 4 人までのユーザにだけ Telnet を許可しています。

  3. ステップ 1 と 2 を完了しても、依然として LocalDirector に Telnet 接続が行えない場合は、ファイヤウォールまたは何らかのデバイスによって、LocalDirector への Telnet(ポート 23)トラフィックが阻害されていないかどうかを確認してください。

  4. LocalDirector に到達できるものの、パスワードが拒否される場合は、イネーブル パスワードでないパスワードを使用しているかどうかを確認してください。

注意

次の 2 つの項目に注意してください。

下記のDDTS ID リンクから不具合情報の詳細を見るには、登録ユーザであり、ログインしている必要があります。

DDTS 説明
CSCdr98880 LocalDirector に対して応答のない syn が 5 回続いた後は、Telnet を行うことができない。
CSCdu60081 コンソールからコマンドを発行したときに LocalDirector で Telnet の受け入れが停止され、ダンプが発生する。

一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 12628