アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 500 シリーズ コンテンツ エンジン

Content Engine 507 の CDN ソフトウェア エンタープライズ リリース 2.0 以前から 2.1 以降へのアップグレード

2003 年 4 月 15 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 10 月 8 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、CDN ソフトウェア エンタープライズ ソリューションのリリース 2.0 以前から 2.1 以降に Cisco Content Engine 507 をアップグレードする方法を説明します。

ステップバイステップによる手順

アップグレード

Content Engine がネットワークの一部に構成されていても、Content Engine を使用せずに Content Distribution Manager(CDM)をアップグレードした場合は、次の指示に従うとソフトウェアを手作業でアップグレードできます。

Content Engine が今までにレジストリに接続したことがなく、システムの他の部分でリリース 2.1 が動作している場合は、TAC までお問い合せください。

: リリース 2.1 によって、Content Engine に MANUAL_UPGRADE チャネルが備わっている場合は、次の処理を実行してから、ステップ 4 〜 7 に移ります。

cp /sonoma/state/cache/*image-name.upg.* /sonoma/state/ftp/export/cdn-enterprise-2.1.upg
  

手順

  1. Content Engine の電源を投入して、コンソールに接続されることを確認します。

  2. root としてコンソールにログインします。 デフォルトのパスワードは default です。

  3. Sonoma ソフトウェアを停止します。
    /etc/rc.d/rc2.d/K95sonomafs stop
      
  4. イーサネットのインターフェイスを設定します。
    ifconfig eth0 ip-addr netmask mask broadcast bcast
      
      route add 0.0.0.0/0 gw gateway-address
      
  5. ファイルシステムをクリーンにしてからマウントします。
    fsck /sonoma/sys
      
      fsck /sonoma/state
      
      mount /sonoma/sys
      
      mount /sonoma/state
      
  6. アップグレードのイメージを /sonoma/state/ftp/export にコピーします。
cd /sonoma/state/ftp/export
  ftp ftpserver-address
  binary
  prompt
  hash
  get cdn-enterprise-2.1.upg
  bye
  
  1. 日付を設定します。
    date mmddhhmmyyyy  (MonthDayHourMinuteYear)
      
  2. ソフトウェアをアップグレードします。
    /sonoma/sys/bin/upgrade /sonoma/state/ftp/export/cdn-enterprise-2.1.upg 
      
  3. Content Engine をリブートします。
    sync
      reboot
      
  4. 終了です。


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 15047