ルータ : Cisco 7200 シリーズ ルータ

Cisco 7200/7400/7500 音声ゲートウェイ用 PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタについて

2003 年 7 月 8 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 5 月 11 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
製品番号
機能と IOS のサポート
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

Cisco 7200/7400/7500 ルータ プラットフォーム用の PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタは、T1/E1 接続とオンボードの digital signal processor(DSP; デジタル信号プロセッサ)リソースを組み合わせて、これらのゲートウェイで音声サービスを直接サポートするという比類のない柔軟性とパワーを備えています。これらのポート アダプタでは、T1 または E1 インターフェイスのいずれかをサポートできます。また、選択されたモデムによっては、最大で同時に 60 の High Complexity(HC)、または同時 に 120 の Medium Complexity(MC)コーデック アルゴリズムの音声コールをサポートできます。さらに、選択されたモデムによっては、オンボードの DSP を DSP ファームとして使用でき、PA-MCX-nTE1 製品シリーズなどのポート アダプタに音声サービスを提供できます。この製品シリーズでは、ボイス テレフォニー インターフェイスをサポートできますが、自身の DSP リソースは直接搭載されていません。

pavxc-pavxb-7200.gif

はじめに

表記法

文書表記の詳細については、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書に関する特別な前提条件はありません。

使用するコンポーネント

この文書の第一の対象は、Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 12.1(3)T 以降を使用して Cisco 7200/7400/7500 プラットフォームでサポートされている、音声ポート アダプタです。旧式の PA-VXB-2TE1 および PA-VXC-2TE1 ポート アダプタは、12.1(3)T より前の Cisco IOS ソフトウェア リリースではもはやサポートされておらず、ルータのブート時にも認識されません。これらの旧式の音声ポート アダプタと、現在の音声ポート アダプタの情報については、「音声ゲートウェイ ハードウェアの互換性マトリックス(Cisco 7200、7400、7500)」を参照してください。

この文書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。また、この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。実稼動中のネットワークで作業をしている場合、実際にコマンドを使用する前に、その潜在的な影響について理解しておく必要があります。

製品番号

次の表では、使用可能な PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタのモデルと、それに対応する製品番号、およびモデル固有のコール キャパシティに関する情報を記載しています。

ポート アダプタのモデル番号

説明 1

DSP ID 番号

サポートされている MC/HC コーデック コールの数 2

ネイティブ T1/E1 を利用するために確保が必要な DSP の数

DSP ファームで使用可能な DSP チャネルの数

(DSP リソースは最大のネイティブ T1/E1 のサポートのために既に確保済みと想定)

PA-VXA-1TE1-24+ 3

音声ポート アダプタ。選択可能な T1/E1 のサポート、T1/E1 インターフェイス x 1、C549 DSP x 7。T1 使用向き。

23, 24, 25, 26, 27, 28, 29

MC コール x 28(G.729a、G.729ab、G.726、G.711、および ファックス リレー)

HC コール x 14(G.729、G.729b、G.723.1、G.728、モバイル通信用グローバル システム/拡張フルレート(GSM/EFR)、および MC コーデック)

6 DSP = T1 MC では 24 コール

7 DSP = T1 HC では 14 コール

7 DSP = E1 MC では 28 コール、また HC では 14 コール

残りの 1 DSP = T1 MC では 4 コール

T1 HC または E1 MC および HC では残る DSP リソースはなし

PA-VXA-1TE1-30+ 3

音声ポート アダプタ。選択可能な T1/E1 のサポート、T1/E1 インターフェイス x 1、C549 DSP x 8。E1 使用向き。

22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29

MC コール x 32(G.729a、G.729ab、G.726、G.711、および ファックス リレー)

HC コール x 16(G.729、G.729b、G.723.1、G.728、GSM/EFR、および MC コーデック)

6 DSP = T1 MC では 24 コール

8 DSP = T1 HC では 16 コール

8 DSP = E1 MC では 32 コール、また HC では 16 コール

残りの 2 DSP = T1 MC では 8 コール

T1 HC または E1 MC および HC では残る DSP リソースはなし

PA-VXB-2TE1+

音声ポート アダプタ。選択可能な T1/E1 のサポート、T1/E1 インターフェイス x 2、C549 DSP x 12。

18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29

MC コール x 48(G.729a、G.729ab、G.726、G.711、および ファックス リレー)

HC コール x 24(G.729、G.729b、G.723.1、G.728、GSM/EFR、および MC コーデック)

12 DSP = 2xT1 MC では 48 コール

12 DSP = 2xT1 HC では 24 コール

12 DSP = 2xE1 MC では 48 コール、または HC では 24 コール

T1 または E1 MC および HC では残る DSP リソースはなし

PA-VXC-2TE1+

音声ポート アダプタ。選択可能な T1/E1 のサポート、T1/E1 インターフェイス x 2、C549 DSP x 30。

0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29

MC コール x 120(G.729a、G.729ab、G.726、G.711、および ファックス リレー)

HC コール x 60(G.729、G.729b、G.723.1、G.728、GSM/EFR、および MC コーデック)

12 DSP = 2xT1 MC では 48 コール

24 DSP = 2xT1 HC では 48 コール

15 DSP = 2xE1 MC では 60 コール

30 DSP = 2xE1 HC では 60 コール

18 DSP = T1 MC では 72 コール

6 DSP = T1 HC では 12 コール

15 DSP = E1 MC では 60 コール

E1 HC では残る DSP リソースはなし

1 C549 DSP のアーキテクチャに関する情報は、「音声ハードウェア:C542 および C549 デジタル信号プロセッサ(DSP)」に記載されています。

2 MC および HC コーデックの選択に関する情報は、「コーデックについて:複雑度、ハードウェアのサポート、MOS、およびネゴシエーション」に記載されています。

3 PA-VXA-1TE1-24+ は MC コーデックを使用する T1 接続用であり、PA-VXA-1TE1-30+ は MC コーデックを使用する E1 接続用です。HC コーデックによる T1 または E1 接続のサポートについては、PA-VXC-2TE1+ 製品を検討の対象にしてください。

機能と IOS のサポート

PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタの機能には、次のものがあります。

シグナリング

最低限必要な Cisco IOS ソフトウェア リリース 4

Cisco 7200

Cisco 7400

Cisco 7500 5

T1/E1 CAS、Q.SIG、PRI Q.931 ユーザ/ネットワーク、E1 R2、透過型共通線信号方式(T-CCS)、Non-Facility Associated Signalling(NFAS)PRI

12.1(3)T

12.2(2)DD

12.1(3)T

Feature Group D (FGD)

12.1(5)T

12.2(2)DD

12.1(5)T

Resource Allocation Indication (RAI)

12.2(4)T

12.2(4)B

12.2(4)T

メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)

12.2(2)T

12.2(2)DD

12.2(2)T

PA-VXB-2TE1+、PA-VXC-2TE1+

12.1(3)T

12.2(2)DD

12.1(3)T

PA-VXA-1TE1-24+、PA-VXA-1TE1-30+ 上記の機能すべてを搭載

12.2(4)T

12.2(4)B

12.2(4)T

4 PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタは、ENTERPRISE MCM フィーチャ セット以外のすべての Cisco IOS フィーチャ セットでサポートされています。

5 Cisco 7500 に対する特別な Route Switch Processor(RSP; ルート スイッチ プロセッサ)と Versatile Interface Processor(VIP)の考慮事項は、「音声ゲートウェイ ハードウェアの互換性マトリックス(Cisco 7200、7400、7500)」に記載されています。

注: 上の表に示されている Cisco IOS ソフトウェア リリースは、通常、対象のプラットフォーム、モジュール、または機能のサポートに必要とされる最低限のバージョンです。機能、モジュール、インターフェイス カード、またはシャーシがサポートされている Cisco IOS ソフトウェア リリースがすべて掲載されたリストを調べるには、Software Advisor登録ユーザのみ)ツールを使用してください。

一部ツールについては、ゲスト登録のお 客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

  • PA-VXA では、ソフトウェアで選択可能な T1 または E1 インターフェイスを 1 つサポートしています。PA-VXB および PA-VXC では、ソフトウェアで選択可能な T1 または E1 インターフェイスを 2 つサポートしています。両方のインターフェイスは同じである必要があります。

  • T1 インターフェイスの機能には次のものがあります。

    • DS1 100 オーム インターフェイス、RJ-48C コネクタ付き。

    • D4 スーパーフレーム(SF)または拡張スーパーフレーム(ESF)によるフレーミング。

    • Alternate Mark Inversion(AMI)または Binary 8-Zero Substitution(B8ZS)による回線符号化。

    • ANSI T1.403 または AT&T TR 54016 に準拠した、完全なファシリティ データ リンク(FDL)のサポートと、FDL パフォーマンス モニタリング。

    • ソフトウェアによる選択が可能な DSX-1 ケーブル長。0 〜 655 フィートまで。

    • ソフトウェアによる選択が可能な DS1 CSU ライン構築設定。0 dB、-7.5 dB、-15 dB、および -22.5 dB。

    • ソフトウェアによる選択が可能な DS1 CSU レシーバ ゲイン設定。26 dB または 36dB。

    • UL1459/1950、FCC Part 68 による DS1 回線保護。

    • アラーム検出とレポーティングを含む、DSX-1 MIB RFC 1406 の完全サポート。

    • DSX-1 MIB リモート アクセスのサポート。

    • DS0 分岐挿入(D&I)。

  • E1 インターフェイスの機能には次のものがあります。

    • E1 120 オーム(G.703)、RJ-48C コネクタ付き。

    • ソフトウェアによる設定が可能な E1 ナショナル ビット。

    • CRC4 または 非 CRC4 フレーミング。

    • HDB3 または AMI 回線符号化。

    • アラーム検出とレポーティングを含む、E1 MIB RFC 1406 の完全サポート。

    • DS0 分岐挿入(D&I)。

  • PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタはテキサス インスツルメンツ社の C549 DSP を使用しています。各 DSP の機能は次のとおりです。

    • MC コーデック モードで最大 4 つの音声コールを実行(G.711、G.729a、G.729ab、G.726、および ファックス リレー)。

    • HC コーデック モードで最大 2 つの音声コールを実行(G.729、G.729b、G.728、G.723.1、GSM/EFR、およびすべての MC コーデック)。

    • ファックス のサポート。T.30 ファックス プロトコル、V.17、V.29、V.27、T.38 ファックス プロトコル。

    • ITU-T G.165 に準拠した、最大 32 ミリ秒までのカバレッジのソフトウェア エコー キャンセル機能(Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(13)T 以前)と、ITU-T G.168 に準拠した、最大 64 ミリ秒までのカバレッジの拡張エコー キャンセル機能(12.2(13)T 以降。

    • DTMF/R2/MF/SF/CP のトーンの検出および生成。

    • ダイヤルパルスの検出と生成。

    • エネルギーベースの音声アクティビティ検出(VAD)とコーデック固有の VAD の実装。

    • 無音期間のコンフォート ノイズの生成。

    • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T 以降、VoIP プラットフォームでのモデム リレーのサポート機能によるモデム リレーのサポート。

    • PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタでの DSP に関連する問題の診断については、「Cisco 7200/7500 シリーズ ルータ用 PA-VXA/PA-VXB/PA-VXC 音声ポート アダプタでの DSP のトラブルシューティング」を参照してください。

PA-VXA/VXB/VXC 音声ポート アダプタに関するその他の情報については、「Cisco 7000 シリーズ用拡張デジタル音声ポート アダプタ」に記載されています。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 26366