ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム終端システム(CMTS)

DHCP オプション 2(タイム オフセット)の 16 進数値の計算方法

2003 年 2 月 13 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 4 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、Cisco ルータで DHCP プールを設定する際に、タイム オフセット DHCP オプション 2 の 16 進数値を計算する手順について説明します。 このオプションは、ケーブル環境において特に重要です。

DHCP 設定オプションは、多くの Cisco プラットフォーム、特に uBR7200 および他のすべての uBR で使用できます。 isco IOS(R) リリース 12.0(1)T 以降が稼動している Cisco ルータには、DHCP サーバとして動作する機能があります。

IOS DHCP サーバを使用する場合、特定の時間帯のタイム オフセット値は、符号なしの 32 ビットの 16 進数値として指定されます。

タイム オフセットと Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)の違いについて、誤解されることがよくあります。 NTP は、UTC タイムスケールと同期するためにインターネット上のマシンで使用されます。 UTC は Coordinated Universal Time(または Temps Universel Coordonne)を表す英語とフランス語が混ざった略語で、言語から独立した世界標準時を示します。 UTC ではアトミック クロックによって時間が測定されるので、GMT より正確です。 タイム オフセットは Greenwich Mean Time(GMT; グリニッジ標準時)に基づいています。GMT では 1 日の 1/86400 が 1 秒と定義されるので、100 % 正確とはいえません。

タイム オフセットの 16 進数値の計算方法例

計算例では、次の記号を使用します。

記号
意味
* 乗算
/ 除算
^ 累乗

最初の例:GMT +11 時間の地域でケーブル モデムを使用する場合、適切な値は次のように計算されます。

  1. 11 時間に相当する秒数 = 11 時間 * (60 分/時間) * (60 秒/分) = 39600 秒
  2. 科学計算用電卓や Microsoft Windows に組み込まれている電卓アプリケーションを使用して 39600 を 16 進数値に変換すると、 9AB0 という結果になります。
  3. dhcp プール設定の値は、option 2 hex 0000.9AB0 となります。

2 番目の例:GMT - 4 時間の地域でケーブル モデムを使用する場合、 負の値が含まれているため計算手順が多少異なります。 適切な値は次のように計算されます。

(1 時間 = (60 分/時間) * (60 秒/分) = 3600 秒であることに注意してください。)

  1. -4 時間に相当する秒数 = -4 時間 * (3600 秒/時間) = - 14400 秒
  2. - 14400 を符号なしの 32 ビット値に変換するには、次の操作を行う必要があります。 (2^32 は 2 の 32 乗 = 4294967296)。 次に、2^32 - 14400 = 4294967296 - 14400 = 4294952896 と計算します。オプション 2 の長さは 32 ビットであるため、このステップが必要です。
  3. 科学計算用電卓や Microsoft Windows に組み込まれている電卓アプリケーションを使用して 4294952896 を 16 進数値に変換すると、 FFFFC7C0 という結果になります。
  4. dhcp プール設定の値は、option 2 hex FFFF.C7C0 となります。

3 番目の例:この例は 2 番目の例と同じですが、ステップ 2 では 2^32 の計算をせずに Microsoft Windows の科学計算用電卓を使用します。

太平洋標準時は GMT -8 です。次のようにすると、負の値を使用した. GMT の計算を簡単に行うことができます。

  1. -8 時間に相当する秒数 = -8 時間 * (3600 秒/時間) = -28800 秒
  2. 10 進数を使用して、科学計算用電卓に -28800 という数値を入力します(符号「-」は非常に重要です)。数値の前に負の符号を付けるには、「+/-」キーをクリックします。
  3. 「Hex」を選択すると、 FFFFFFFFFFFF8F80 という結果になります。 これは、計算器で「Qword」がデフォルトで有効になっているからです。
  4. 余分な F を除くには、「Dword」を選択します。 すると、FFFF8F80 という値になります。 計算器にこのオプションがない場合は、右から左に向けて最初の 8 桁を使用します。
  5. dhcp プール設定の値は、option 2 hex FFFF.8F80 となります。

異なるオフセット タイムから 16 進数への変換表

次の表に、世界中の異なる時間帯の変換を示します。 DHCP RFC 2132 のオプション 2 で指定されているように、16 進数値は 32 ビットの固定長で設定されます。世界各地の時間帯マップについては、「世界の時間帯マップ」を参照してください。

GMT オフセット(時間単位)
GMT オフセット(秒単位)
GMT オフセット(16 進数)
0
0
0000.0000
+1
3600
0000.0E10
+2
7200
0000.1C20
+3
10800
0000.2A30
+4
14400
0000.3840
+5
18000
0000.4650
+6
21600
0000.5460
+7
25200
0000.6270
+8
28800
0000.7080
+9
32400
0000.7E90
+10
36000
0000.8CA0
+11
39600
0000.9AB0
+12
43200
0000.A8CD
-1
-3600
FFFF.F1F0
-2
-7200
FFFF.E3E0
-3
-10800
FFFF.D5D0
-4
-14400
FFFF.C7CD
-5
-18000
FFFF.B9B0
-6
-21600
FFFF.ABA0
-7
-25200
FFFF.9D90
-8
-28800
FFFF.8F80
-9
-32400
FFFF.8170
-10
-36000
FFFF.7360
-11
-39600
FFFF.6550

 


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12188