IP : IP アプリケーション サービス

SNMP coldStart トラップによるデバイスのリロード動作

2003 年 7 月 23 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 26 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
coldStart トラップの原因の特定
     CLI によるリロード
     電源異常が原因のリロード
     クラッシュ後のリロード
     SNMP リロード トラップによるシャットダウン
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

SNMP エージェントは、初期化実行時に、coldStart トラップを送信します。 トラブルシューティング時に次の情報を使うと、デバイスのリロード原因の特定に有効です。

はじめに

表記法

文書表記の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書の読者は、オブジェクト ID からオブジェクト名への変換機能など、SNMP トラップを理解している必要があります。

特定の SNMP オブジェクト ユーザは、次の項目に精通している必要があります。

使用するコンポーネント

この文書は特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

coldStart トラップの原因の特定

次のセクションでは、ユーザのルータ上での coldStart トラップの原因について説明します。

CLI によるリロード

Oct 13 13:10:17 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4: 
   Cold Start Trap (0) Uptime: 0:00:24.57, 
   system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (2457) 0:00:24.57, 
   enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 =

reload show version は、リロードによって ROM に返されたシステムを示します。

電源異常が原因のリロード

Oct 13 13:19:23 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4 [1.2.3.4]: 
Trap system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = 1984,
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTrap.
   snmpTrapOID.0 = OID:
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTraps.
   coldStart, 
  system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (1984) 0:00:19.84,
  enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "power-on" 

show version は、電源オンによって ROM に返されたシステムを示します。

クラッシュ後のリロード

Oct 13 13:12:05 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4 [1.2.3.4]: 
Trap system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = 1984, 
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTrap.
   snmpTrapOID.0 = OID:
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTraps.
   coldStart,
  system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (1984) 0:00:19.84, 
  enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "error -  Signal 23, Exception 
   code (0x0024)!, PC 0x801E2EC0" 

show version は、次のエラーによって ROM に返されたシステムを示します。 Signal 23, Exception code (0x0024)!, PC 0x801E2EC0.

管理者がルータへ Telnet 接続し、何らかの作業を実行している場合にルータがクラッシュすると、次のトラップが表示されることもあります。 このトラップは、クラッシュによるリロード後、ルータが起動しているときに生成されます。

Oct 13 13:37:42 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4 [1.2.3.4]: 
Trap system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = 8287, 
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTrap.
   snmpTrapOID.0 = OID:
  enterprises.cisco.cisco#.tcpConnectionClose,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineSessionTable.ltsLineSessionEntry.
   tslineSesType.2.1 = telnet(5),
  tcp.tcpConnTable.tcpConnEntry.tcpConnState.14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = 
   finWait2(7),
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnElapsed.
   14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = Wrong Type (should be Timeticks): 17,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnInBytes.
   14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = 66,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnOutBytes.
   14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = 168,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.2 = "" 

または

ルータをリロードする前のトラップの回避に IP 接続が使用できた場合、次のトラップが表示されることがあります。

Oct 13 14:35:55 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4: 
Enterprise Specific Trap (tcpConnectionClose) Uptime: 0:04:15.25,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineSessionTable.ltsLineSessionEntry.
   tslineSesType.130.1 = telnet(5), 
  tcp.tcpConnTable.tcpConnEntry.tcpConnState.10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = 
   established(5),
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnElapsed.
   10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = Wrong Type (should be Timeticks): 19504,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnInBytes.
   10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = 93,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnOutBytes.
   10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = 1766,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.130 = "cse" 

注:例 2 と 3 は、v2C を生成するように設定されたルータから採取しています。一方、例 1 と 4 は、v1 トラップを生成するように設定されたルータから採取しています。

SNMP リロード トラップによるシャットダウン

Oct 13 14:30:23 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4: 
   Enterprise Specific Trap (reload) 
   Uptime: 0:03:05.98, system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (18598) 0:03:05.98, 
   enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "snmp shutdown request"

ルータの リロード後に show version コマンドを実行すると、リロードによって ROM へ返されたシステムが表示されます。

注:次の不具合は、XL スイッチで生成されない coldStart トラップに関連しています。 CSCdy10697 登録ユーザ専用)、CSCdp41669 登録ユーザ専用)、CSCdm02220 登録ユーザ専用

一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 40360