非同期転送モード(ATM) : ATM フレーム リレー間インターワーキング

フレームリレー/ ATM 間のネットワーク インターワーキング 8(FRF.8 - 変換モード)

2003 年 2 月 14 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2007 年 11 月 15 日) | フィードバック

目次


概要

Frame Relay(FR; フレームリレー)/ ATM 間のサービス インターワーキング機能を使用すると、FR エンド ユーザと ATM エンド ユーザ間で通信が可能です。 この機能は、Frame Relay Forum(FRF.8)leaving cisco.com の実装協定に基づいています。この協定は、FR エンド ステーションと ATM エンド ステーションが通信できる条件は、これら 2 つのエンド ステーション間のソフトウェアにおいて、FRF.8 の仕様を実行しているルータが存在することである、と指定しています。

この文書では、LightStream 1010 で FRF.8(変換モード)を使用した、フレームリレー / ATM 間サービス インターワーキングの設定例を説明します。 この設定は、Catalyst 8510 MSR または 8540 MSR でも動作します。

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

この構成は、Cisco IOS(R) リリース 12.0(3c)W5(9) を使用して開発およびテストされています。

ネットワーク ダイアグラム

この設定例のルータ 1 で使用する FR トラフィック シェーピング パラメータは、次のようになります。

  • Committed Information Rate(CIR; 設定情報レート)= 64 kbps

  • Committed burst(Bc)= 8000

  • Excess burst(Be)= 8000

注: フレームリレー トラフィック シェーピング接続のトラブルシューティング方法の詳細は、「フレームリレー トラフィック シェーピングのための show コマンド」を参照してください。

設定

注:次の設定には、フレームリレー / ATM 間サービス インターワーキングに関連する情報のみが含まれています。

ルータ 1
         controller E1 5/0 
  
            channel-group 30 timeslots 1-31 
  
           ! 
  
           interface Serial5/0:30 
  
            ip address 12.12.12.2 255.255.255.0 
  
            no ip directed-broadcast 
  
            encapsulation frame-relay IETF
  
           ! -- 使用される FR カプセル化は IETF です。 スイッチと一致する必要があります。 
  
            no fair-queue 
  
            frame-relay traffic-shaping
  
           ! -- このインターフェイスでの FR トラフィック シェーピングの有効化          
  
            frame-relay class test-iwf 
  
            frame-relay map ip 12.12.12.1 123 broadcast 
  
           ! 
  
           map-class frame-relay test-iwf 
  
            no frame-relay adaptive-shaping
  
           ! -- 設定されるトラフィック シェーピング パラメータ
  
            frame-relay cir 64000 
  
            frame-relay bc 8000 
  
            frame-relay be 8000 

ATM スイッチ
         frame-relay connection-traffic-table-row index 123 64000 
  
           8000 128000 8000 vbr-nrt 123 
  
           ! 
  
           controller E1 4/0/0 
  
            clock source free-running 
  
            channel-group 30  timeslots 1-31 
  
           ! 
  
           interface Serial4/0/0:30 
  
            no ip address 
  
            no ip directed-broadcast 
  
            encapsulation frame-relay IETF
  
           ! -- 使用される FR カプセル化は IETF です
  
            no arp frame-relay 
  
            frame-relay intf-type dce
  
           ! -- クロッキングを提供しているため、インターフェイスのタイプは DCE です
  
            frame-relay pvc 123 rx-cttr 123 tx-cttr 123 service translation 
  
            interface  ATM0/0/0 0 123 
  
           ! -- このコマンドが、FR から ATM PVC 123          
  
           !--  への変換を行います

ルータ 2
         interface ATM2/0.123 point-to-point 
  
            ip address 12.12.12.1 255.255.255.0 
  
            no ip directed-broadcast 
  
            pvc 0/123
  
           ! -- トラフィック シェーピングと oam-pvc 管理を有効にして設定された ATM PVC 0/123           
  
           !--  です 
  
             vbr-nrt 163 81 49 
  
             broadcast 
  
             oam-pvc manage 
  
             encapsulation aal5snap

ルータ 2 のトラフィック シェーピング パラメータは、ATM スイッチの FR 接続トラフィック テーブルから取得できます(下記を参照)。

show コマンド

次のコマンドを使用して、ネットワークが正常に稼動しているかどうかをテストします。

  • show frame-relay lmi 

  • show frame-relay map 

  • show frame-relay pvc 

  • show atm vc interface atm 0/0/0

  • show frame-relay connection-traffic-table-row 

  • show atm connection-traffic-table 

  • show frame-relay interface resource serial 4/0/0:30 all-information 

以下の出力は、上記のネットワーク ダイアグラムで示したデバイスで、上記のコマンドを入力した結果です。 この出力結果は、ネットワークが正常に稼動していることを示しています。

ルータ 1

注:シスコ ルータをサードパーティの通信に接続する場合は、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)の Local Management Interface(LMI; ローカル管理インターフェイス)を使用することをお勧めします。 LMI は Cisco で、フレーム リレーは、スイッチからクロッキングを受信しているため、DTE になります。

Router1#show frame-relay lmi 
  
   
  
  LMI Statistics for interface Serial5/0:30 (Frame Relay DTE) LMI TYPE = CISCO
  
    Invalid Unnumbered info 0             Invalid Prot Disc 0
  
    Invalid dummy Call Ref 0              Invalid Msg Type 0
  
    Invalid Status Message 0              Invalid Lock Shift 0
  
    Invalid Information ID 0              Invalid Report IE Len 0
  
    Invalid Report Request 0              Invalid Keep IE Len 0
  
    Num Status Enq. Sent 1222             Num Status msgs Rcvd 1222
  
    Num Update Status Rcvd 0              Num Status Timeouts 2

dlci が up で、対応する IP アドレスにマップされていることを確認するには、 show frame-relay map コマンドを使用します。

  
  Router1#show frame-relay map 
  
  
  
  Serial5/0:30 (up): ip 12.12.12.1 dlci 123(0x7B,0x1CB0), static,
  
                broadcast,
  
                IETF, status defined, active

FR PVC のステータスをチェックするには、show frame-relay pvc コマンドを使用します。 下記の出力で、ステータスがアクティブであることが確認できます。

  
  Router1#show frame-relay pvc 
  
   
  
  PVC Statistics for interface Serial5/0:30 (Frame Relay DTE)
  
   
  
                Active     Inactive      Deleted       Static
  
    Local          1            0            0            0
  
    Switched       0            0            0            0
  
    Unused         0            0            0            0
  
   
  
  DLCI = 123, DLCI USAGE = LOCAL, PVC STATUS = ACTIVE, INTERFACE = Serial5/0:30
  
   
  
    input pkts 786           output pkts 549          in bytes 742312    
  
    out bytes 684503         dropped pkts 6           in FECN pkts 0         
  
    in BECN pkts 0           out FECN pkts 0          out BECN pkts 0         
  
    in DE pkts 0             out DE pkts 0         
  
    out bcast pkts 1          out bcast bytes 608       
  
    pvc create time 03:25:16, last time pvc status changed 03:09:30 

ATM スイッチ

注: ATM-PX/Y/Z という用語は、擬似インターフェイスを意味します。

ATMswitch#show atm vc interface atm 0/0/0
  
  Interface         VPI  VCI   Type   X-Interface      X-VPI X-VCI Encap  Status 
  
  ATM0/0/0          0    5     PVC    ATM2/0/0          0    43    QSAAL  UP
  
  ATM0/0/0          0    16    PVC    ATM2/0/0          0    35    ILMI   UP
  
  ATM0/0/0          0    101   PVC    ATM0/1/0          0    101          UP
  
  ATM0/0/0          0    102   PVC    ATM0/1/0          0    102          UP
  
  ATM0/0/0          0    123   PVC    ATM-P4/0/0        30   155          UP

スイッチでのフレーム リレー ATM 間の接続を表示するには、次に示す show frame-relay connection-traffic-table-row コマンドを使用します。

ATMswitch#show frame-relay connection-traffic-table-row 
  
  Row            cir      bc     be      pir      fr-atm Service-category    ATM Row
  
                                              
  
  100           64000   32768   32768   64000            vbr-nrt              100       
  
  123           64000   8000    8000    128000           vbr-nrt              123       
  
  
  
  
  
  ATMswitch#show atm connection-traffic-table 
  
  Row      Service-category    pcr        scr/mcr       mbs         cdvt
  
  1            ubr          7113539        none                     none
  
  2            cbr              424                                 none
  
  3            vbr-rt           424         424          50         none
  
  4            vbr-nrt          424         424          50         none
  
  5            abr              424           0                     none
  
  6            ubr              424        none                     none
  
  10           cbr            50000                                 none
  
  11           cbr             1000                                 none
  
  12           cbr            11700                                 none
  
  100          vbr-nrt           81          81-0        50         none
  
  123          vbr-nrt          163          81-0        49         none <-- (*)
  
  2147483645*  ubr                0        none                     none
  
  2147483646*  ubr                1        none                     none
  
  2147483647*  ubr          7113539        none                     none

(*)frame-relay connection-traffic-table-row を作成する場合は、ATM テーブル行インデックスを関連付けます。ATM テーブル行インデックスでは、バージョン 2.0 の Broadband Inter-Carrier Interface(B-ICI)仕様を使用して、ATM トラフィック シェーピング パラメータが自動的に計算されます(公式を参照)。

ATMswitch#show frame-relay interface resource serial 4/0/0:30 all-information 
  
  Encapsulation: FRAME-RELAY
  
  Resource Management configuration:
  
      Input queues (PAM to switch fabric):
  
         Discard threshold: 87% vbr-nrt, 87% abr, 87% ubr
  
         Marking threshold: 75% vbr-nrt, 75% abr, 75% ubr
  
      Output queues (PAM to line):
  
         Discard threshold: 87% vbr-nrt, 87% abr, 87% ubr
  
         Marking threshold: 75% vbr-nrt, 75% abr, 75% ubr
  
      Overflow servicing for VBR: enabled
  
      Overbooking: disabled
  
  Resource Management state:
  
    Available bit rates (in bps):
  
       1920000 vbr-nrt RX, 1920000 vbr-nrt TX
  
       1920000 abr RX,     1920000 abr TX
  
       1920000 ubr RX,     1920000 ubr TX
  
    Allocated bit rates (in bps):
  
       64000 vbr-nrt RX, 64000 vbr-nrt TX
  
       0 abr RX,     0 abr TX
  
       0 ubr RX,     0 ubr TX
  
    Actual allocated bit rates (in bps):
  
       64000 vbr-nrt RX, 64000 vbr-nrt TX
  
       0 abr RX,     0 abr TX
  
       0 ubr RX,     0 ubr TX


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 10409