アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 ???? Content Services Switches

クッキーに基づいてクライアントがサーバにとどまるように CSS 11000 製品を設定する方法

2002 年 12 月 6 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 1 月 31 日) | フィードバック

目次

概要
CSS 11000 の設定
サービスの設定
コンテンツ ルールの設定
設定例
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報


概要

注: この文書の情報は、すべての Cisco CSS 11000 シリーズ コンテント サービス スイッチおよび Cisco WebNS ソフトウェア リリース 3.0 以降に基づいています。

CSS 11000 の設定

CSS 11000 を設定する際には、サーバ クッキー文字列が必要かどうかを決定します。 コンテンツ ルールの下での文字列操作が、デフォルト設定の <match-service-cookie> である場合、このパラメータを設定する必要があります。 コンテンツ ルールの下での文字列操作が <hash> 方式に設定されている場合、このパラメータは不要です。

注:クッキーでは、大文字と小文字が区別されます。

サービスの設定

  
  training4(config># service server_g
  
  training4(config-service[server_g])# cookie LV2KJK (the servers cookie text")
  
  training4(config-service[server_g])# service server_h
  
  training4(config-service[server_h])# string AARIKA
  
  
  
  <Text> Textual information(Len: 0-15)
  
  -- Note these will show in the configuration as "string LV2KJK" and
  
    "string AARIKA"
  
  

コンテンツ ルールの設定

注:クッキーにはレイヤ 5 のルールが必要です。 <url"/*"> などの URL を追加することで、レイヤ 5 のルールを作成できます。
(レイヤ 4 のルールは、"advanced-balance cookies" コマンドで、レイヤ 5 のルールに格上げされます)

  1. 拡張バランス方式を選択します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# advanced-balance cookies
      
      
  2. 文字列操作を設定します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# string operation ?
      
      match-service-cookie (DEFAULT)
      
      hash-crc32
      
      hash-xor
      
      hash-a
      
      
  3. 開始/終了バイトを定義します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# string range 1 to 200
      
       Start byte position of cookie/url after header (Range:1-600)
      
      
  4. 文字列範囲内のプレフィクスを指定します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# string prefix "ASPSESSION"
      
      <quoted text>"Quoted textual information"(Len: 0-32)
      
      
  5. 開始プレフィクスの後、何バイトスキップするかを明示します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# string skip-length 9
      
      <quoted text>"Quoted textual information"(Len: 0-32)
      
      
  6. prefix/skip-length の後で、何バイトが文字列を構成するかを明示します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# string process-length 6
      
      <integer>Integer value(Range: 0-64)
      
      
  7. string process-length が設定されていない場合、END OF 文字列を検索します
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# string eos-char "&"
      
      <quoted text>"Quoted textual information"(Len: 0-5)
      
      
  8. サーバがダウン状態やサスペンド状態になった場合のフェールオーバーを指定します。
      
      training4(config-owner-content[cookie-layer5])# sticky-serverdown-failover
      
      sticky-srcip
      
      sticky-srcip-dstport
      
      sticky-srcip
      
      balance (Default)
      
      redirect
      
      reject
      
      

クッキー文字列の例と、一部のパラメータの動作を次に示します。

  
  ASPSESSIONJJKKJJKK=LV2KJK44444444
  
  

    string prefix = ASPSESSION

    string skip-length = 9

    string process-length = 6(これによりサービス server_g に一致する文字列 LV2KJK が作成されます)

  
  ASPSESSIONSQPMMJHK=AARIKAMDESLD
  
  

    したがって、サービス server_h に一致します。

設定例

  
  !************************** SERVICE **************************
  
  service server_g 
  
    ip address 172.17.63.240 
  
    string LV2KJK 
  
    active 
  
  
  
  service server_h 
  
    ip address 172.17.63.241 
  
    string AARIKA 
  
    active 
  
  
  
  !*************************** OWNER ***************************
  
  owner braden 
  
  
  
    content server-cookie 
  
      protocol tcp 
  
      vip address 172.17.63.199 
  
      port 80 
  
      advanced-balance cookies 
  
      string range 1 to 200 
  
      string prefix "ASPSESSION" 
  
      string skip-length 9 
  
      string process-length 6 
  
      add service server_g 
  
      add service server_h 
  
      active
  
  

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報

  • 製品情報:Cisco CSS 11000 シリーズ

  • Document ID: 12576