音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity Bulk Import ウィザードのパフォーマンス

2003 年 6 月 16 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
テスト環境
     Cisco Unity と Microsoft Exchange
     Cisco Unity と IBM Lotus Domino
テスト方法
     Cisco Unity と Microsoft Exchange のテスト
     Cisco Unity と Domino のテスト
CUBI パフォーマンス データ
     Exchange ディレクトリからのデータのインポートによる加入者の作成(Cisco Unity と Microsoft Exchange 5.5 および 2000)
     CSV ファイルからのデータのインポートによる加入者の作成(Cisco Unity と Microsoft Exchange 5.5 および 2000)
     CSV ファイルからのデータのインポートによる加入者の作成(Cisco Unity と IBM Lotus Domino)
     CSV ファイルのオプションのカラム ヘッダーの使用による加入者の作成
CUBI パフォーマンス データの使用法
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

この文書では、簡単なテスト環境でさまざまなタイプの加入者を作成した場合の、Cisco Unity Bulk Import(CUBI)ウィザードの動作機構の概要を説明します。適用可能であれば、組織の Cisco Unity サーバで、加入者の作成に CUBI が要する時間を見積もるためのベースラインとして、この文書に示すパフォーマンス データを使用できます。

CUBI は、Microsoft Exchange システムおよび IBM Lotus Domino システムとともに動作する Cisco Unity バージョン 4.0(x) で使用できます。次の表に示すように、インポートされたユーザ データを使用することで、Cisco Unity の管理者は CUBI で複数の加入者アカウントを一度に作成できます。

次の表に、Cisco Unity と Exchange の環境で Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用する際の、データおよび加入者アカウント情報を示します。

データのインポート元

加入者アカウントのタイプ

Exchange 5.5 ディレクトリまたは Active Directory

通常またはインターネット

Comma-Separated Value(CSV)ファイル

通常、Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)、ブリッジ、インターネット、または Voice Profile for Internet Messaging(VPIM; インターネット メッセージ用音声プロファイル)

次の表に、Cisco Unity と Domino の環境で Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用する際の、データおよび加入者アカウント情報を示します。

データのインポート元

加入者アカウントのタイプ

CSV ファイル

通常またはインターネット

はじめに

表記法

文書の表記法の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書は、CUBI Tool に精通している読者を対象としています。この文書を読む前にこのツールに関する情報を確認するには、CCO で「Cisco Unity Bulk Import Tool」を検索します。

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のソフトウェアおよびハードウェアのバージョンに基づいています。

  • Cisco Unity 4.0(2) サーバ

  • Microsoft Exchange 5.5 および 2000 サーバ

  • IBM Lotus Domino サーバ

この資料の情報は、特定の実験環境内のデバイスから作成されました。また、この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。実稼動中のネットワークで作業をしている場合、実際にコマンドを使用する前に、その潜在的な影響について理解しておく必要があります。

テスト環境

この項では、この文書のパフォーマンス データの生成に使用されたテスト環境に関する情報を説明します。

CUBI のパフォーマンス テストは、Cisco Unity と Exchange および Cisco Unity と Domino の環境で行われました。各テスト サーバの設定は、次のように、可能な限り単純化してあります。

  • (ネットワーク トラフィックなどの)外部変数による不正確なテスト結果を防止するため、制御されたテスト環境を作成。

  • より複雑な環境での CUBI パフォーマンスの推測に使用可能な、重要なリファレンス ポイントを提供。

各テスト サーバで、Cisco Unity はプラットフォーム CD および CUSPA を使用してインストールされています。各テスト サーバにインストールされた Cisco Unity のバージョンは、Cisco Unity バージョン 4.0(2) ソフトウェアで、リリースされなかった旧バージョンです。Cisco Unity のテストバージョンで使用できる CUBI のバージョン と、Cisco Unity バージョン 4.0(2) とともにリリースされた CUBI のバージョンの間には、機能上の違いはありません。最後に、Cisco Unity サーバでは、すべてのウイルススキャン サービスと侵入検知ソフトウェアが無効になっています。

各テスト サーバの設定の詳細については、次の Cisco Unity と Microsoft Exchange および Cisco Unity と IBM Lotus Domino を参照してください。

Cisco Unity と Microsoft Exchange

テストされた 2 つの設定は、Cisco Unity と Microsoft Exchange 5.5(Service Pack 4)の組み合わせと、Cisco Unity と Microsoft Exchange 2000(Service Pack 3)の組み合わせです。Cisco Unity バージョン 4.0 (1.29) と、該当する Microsoft Exchange ソフトウェアは、512 MB の RAM を搭載した Dell 1400 サーバにインストールされました。

大量データのインポートに対応するため、ページ ファイルと Exchange メッセージ ストアは、各テスト サーバで C: ドライブから E: ドライブに移動されています。

Cisco Unity と IBM Lotus Domino

テストされた 1 つの設定には、Cisco Unity サーバと IBM Lotus Domino サーバの 2 つのサーバが含まれています。2 つのサーバは、同一の 10/100 Mb LAN スイッチで、100 Mb イーサネットによって接続されています。

Cisco Unity サーバは、次の表のとおりです。

サーバ

Cisco Unity のバージョン

IBM Lotus Notes のバージョン

512 MB RAM を搭載した Dell 1400

4.0 (1.37)

5.0.10

IBM Lotus Domino サーバは、次の表のとおりです。

サーバ

IBM Lotus Domino のバージョン

IBM Lotus Notes のバージョン

512 MB RAM を搭載した Dell 2400

5.0.11(DUCS 1.1 Gold 搭載)

5.0.11

テスト方法

CUBI のパフォーマンスは、Cisco Unity と Exchange 5.5 のシステム、Cisco Unity と Exchange 2000 のシステム、および Cisco Unity と Domino のシステムで、この項で説明する方法を使用し、複数の加入者アカウントを作成することでテストされました。パフォーマンス データは各テスト サーバのエラー ログ ファイルから収集され、CUBI パフォーマンス データの項に示すグラフの作成に使用されました。

CUBI を使用した既存の加入者アカウントの修正は、テストされていません。

Cisco Unity と Exchange のテスト

Exchange 5.5 ディレクトリまたは(テストされたバージョンの Exchange に適用可能な)Active Directory からユーザ データを直接インポートし、また CSV ファイルからユーザ データをインポートすることで、CUBI は 1 〜 7500 の加入者アカウントの作成に使用されました。これらのテストで使用されたすべての CSV ファイルには、作成された各タイプの加入者に必要な、最小限の数のカラムとデータが含まれています。CSV ファイルには、追加のカラム ヘッダーとデータは含まれていません。

Cisco Unity と Exchange 5.5 のシステムでは、通常の加入者アカウントの作成に使用される CSV ファイルにカラム ヘッダーとデータが追加される場合の、CUBI の動作機構を説明するために、別のテストが行われました。

Microsoft Exchange システムでは、CUBI を使用し、CSV ファイルからデータをインポートすることで、既存の Exchange メールボックスと Windows ドメイン アカウントを持つ(または持たない)加入者を作成できます。大部分の組織に共通することですが、Exchange 5.5 および 2000 システムでの CUBI パフォーマンスのテストに使用される CSV ファイルには、既存の Exchange メールボックスおよび Windows ドメイン アカウント データは含まれていません。そのため、Cisco Unity 加入者アカウントの新規作成と同時に、CUBI はメールボックスとドメイン アカウントを作成しました。

CUBI が一度に作成できる加入者のタイプは 1 つのみであるため、各方法を使用して、通常(ユニファイド メッセージングと音声メールのみ)およびインターネット加入者アカウントを作成するために、Exchange 5.5 と Exchange 2000 のシステムでは、独立したパフォーマンス テストが行われました。各テストの間に、サーバはイメージまたは新たなインストールから復元され、Cisco Unity サーバはリブートされました。(テスト中、AMIS、Bridge、または VPIM 加入者アカウントは作成されていません。)

Cisco Unity と Domino のテスト

CUBI を使用し、CSV ファイルからユーザ データを直接インポートすることで、既存の Domino Person ドキュメントを持つユーザに対して、通常の加入者アカウントを 1 〜 2500、インターネット加入者アカウントを 1 〜 5000 作成しました。

注: CUBI は、任意の Cisco Unity サーバで、一度に最大 7500 までの加入者アカウントの作成をサポートしています。ただし、Cisco Unity と Domino のシステムのテストに使用できる時間に制限があるため、Cisco Unity と Domino のシステムで作成された加入者アカウントは、Cisco Unity と Exchange のシステムで作成されたものより少なくなっています。

テストで使用されたすべての CSV ファイルには、作成された各タイプの加入者に必要な、最小限の数のカラムとデータが含まれています。CSV ファイルには、追加のカラム ヘッダーとデータは含まれていません。

CUBI が一度に作成できる加入者のタイプは 1 つのみであるため、通常(ユニファイド メッセージングと音声メールのみ)およびインターネット加入者アカウントを作成するため、独立したパフォーマンス テストが行われました。各テストの間に、サーバはイメージまたは新たなインストールから復元され、Cisco Unity サーバはリブートされました。

CUBI パフォーマンス データ

この項のグラフが表す CUBI パフォーマンス データは、テスト方法の項で説明するテスト方法を使用して加入者アカウントが作成された時点での、各テスト サーバのエラー ログ ファイルから収集されたものです。

CUBI ウィザードの進行中に、Cisco Unity 管理者は、どのユーザ データをインポートするかを手動で選択します。テスト中に加入者アカウントの作成に CUBI が要した合計時間ではなく、各 CUBI 動作の経過時間が表示されています。CUBI の動作は、次のとおりです。

CUBI の動作

説明

ヘッダー解析*

CSV ファイルからのデータのインポート時に、CUBI は CSV ファイルにあるすべてのカラム ヘッダーを検証します。(Exchange ディレクトリからデータがインポートされる場合は、ヘッダー解析は行われません。)

データ解析

CSV ファイルからのデータのインポート時に、CUBI は CSV ファイルにあるすべてのデータを検証します。Exchange ディレクトリからのデータのインポート時には、CUBI は Exchange ディレクトリにあるデータを検証します。

インポート前のチェック

既存の Cisco Unity 加入者と重複する DTMF ID が存在しないことの確認など、CUBI は追加チェックを行います。

インポート

加入者アカウントは、Cisco Unity サーバの SQL データベースに作成されます。

同期

CUBI は、該当するメッセージ保管ディレクトリを更新します。Cisco Unity と Exchange のシステムでは、CSV ファイルからのデータのインポート時に、メールボックスと Windows ドメイン アカウントが作成されます。

* 各テスト サーバでのすべてのテストに関して、CUBI がこの動作の実行に要した合計時間は 1 秒以下であったため、ヘッダー解析のグラフはありません。

この項には、次の項目に関するパフォーマンス データが含まれています。

Exchange ディレクトリからのデータのインポートによる加入者の作成(Cisco Unity と Microsoft Exchange 5.5 および 2000)

cubi-performance-1.gif

cubi-performance-2.gif

cubi-performance-3.gif

cubi-performance-4.gif

CSV ファイルからのデータのインポートによる加入者の作成(Cisco Unity と Microsoft Exchange 5.5 および 2000)

cubi-performance-5.gif

cubi-performance-6.gif

cubi-performance-7.gif

cubi-performance-8.gif

CSV ファイルからのデータのインポートによる加入者の作成(Cisco Unity と IBM Lotus Domino)

この項のグラフには、CUBI が加入者アカウントを作成した後、各 Person Document で、Domino サーバが IBM Lotus Domino Unified Communications Services (DUCS) for Cisco Unity を有効にするのに要した時間は示されていません。DUCS 対応の Person Document が存在しない場合でも、Cisco Unity 加入者アカウントは存在できますが、機能しません。加入者の数に応じて、処理にはかなりの時間がかかる場合があります。詳細については、CCO で「Cisco Unity 用の Lotus Notes と DUCS」に関する文書を検索してください。

cubi-performance-9.gif

cubi-performance-10.gif

cubi-performance-11.gif

cubi-performance-12.gif

CSV ファイルのオプションのカラム ヘッダーの使用による加入者の作成

この項のグラフは、通常の加入者アカウントの作成に使用される CSV ファイルにカラム ヘッダーとデータが追加された場合の、CUBI のパフォーマンスを示しています。この項のグラフが示すように、CSV ファイルに最小限の数よりも多くのカラム ヘッダーが含まれる場合は、CUBI がデータの解析とインポートに費やす時間は長くなります。(前の項に示されている CSV テスト結果が示す CUBI パフォーマンスは、通常およびインターネット加入者アカウントに必要な最小限の数のカラムとデータのみが CSV ファイルに含まれていた場合のものです。)

このテストは、1000 個のレコードを持つ CSV ファイルを使用して、Cisco Unity と Exchange 5.5 のシステムでのみ行われましたが、テスト結果は、Cisco Unity と Exchange 2000 のシステム、および Cisco Unity と Domino のシステムで、任意の数の加入者アカウントを作成した場合の CUBI パフォーマンスについても示唆している可能性があります。一般的に、CSV に追加されるカラムの数が増えれば、CUBI が加入者アカウントの作成に要する時間が長くなりますが、その時間はさほど重大ではありません。

cubi-performance-13.gif

cubi-performance-14.gif

cubi-performance-15.gif

cubi-performance-16.gif

CUBI パフォーマンス データの使用法

これまでの項で示したパフォーマンス データは、次のように要約できます。

  • Cisco Unity と Exchange のシステムおよび Cisco Unity と Domino のシステムの両方で、すべての CUBI 動作は、加入者あたり、1 動作で、平均して 1 秒以下になります。これは、データを CSV ファイルと Exchange ディレクトリのどちらからインポートする場合にも該当します。

  • CUBI は、通常の加入者よりもインターネット加入者を高速に作成します。

適用可能であれば、組織の Cisco Unity サーバで加入者の作成に CUBI が要する時間を見積もるためのベースラインとして、そのデータを使用できます。見積もりを準備する際には、次を考慮してください。

  • 高性能、高品質のハードウェアのサーバに Cisco Unity をインストールすると、CUBI パフォーマンスが向上します。

  • メッセージ保管が Cisco Unity サーバにインストールされていない場合、CUBI のインポート前と同期化の動作は、特にネットワーク条件の影響を受けます。

  • Cisco Unity サーバで、ディスク、データベース、およびメッセージ保管が断片化していると、CUBI のパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

  • Cisco Unity サーバでウイルススキャン サービスと侵入検知ソフトウェアが有効になっている場合、CUBI の実行速度が低下する場合があります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 41965