音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity 4.0 での TUI によるコール ハンドラのグリーティングの変更

2003 年 3 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2007 年 2 月 1 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
方法 1:特定の内線または DID のダイヤル呼び出しによる CUGA の使用
     Cisco CallManager の設定
     Cisco Unity の設定
     CUGA の設定確認
方法 2:メールボックスにログインしたままでの CUGA の使用
一般的な問題
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

Cisco Unity の前回のバージョンでは、管理者がコール ハンドラのグリーティングを処理するには、Cisco Unity Administrator にログオンする必要がありました。Unity バージョン 4.0 以降は、管理者はコール ハンドラのグリーティングの録音、コール ハンドラの代替グリーティングのイネーブルまたはディセーブル、およびコール ハンドラで現在アクティブなグリーティングの判別などを、telephone user interface(TUI)を介してすべてリモートで処理できるようになりました。この文書では、Cisco Unity Greeting Administrator(CUGA)の設定方法を説明します。この機能を使用すると、コール ハンドラの所有者はこのコール ハンドラのグリーティングを TUI で録音またはイネーブルすることができます。この文書では、次の異なる 2 つの方法について取り扱います。1 つ目の方法は、ユーザが特定の内線または Direct Inward Dial(DID; ダイヤルイン方式)にダイヤルして CUGA に到達するというものです。2 つ目の方法は、加入者がメールボックスにログインしたまま CUGA にアクセスできるというものです。どちらの場合も、加入者は自分の所有するグリーティングだけを変更できます。この機能に関する詳細については、Unity 4.0 のリリース ノートを参照してください。

はじめに

表記法

文書の表記法の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書に関する特別な前提条件はありません。

使用するコンポーネント

この文書の内容は、次のバージョンのソフトウェアを使用して開発およびテストされています。

  • Cisco Unity 4.0(x) 以上

  • Cisco CallManager 3.2(x) 以上

この文書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。また、この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。実稼動中のネットワークで作業をしている場合、実際にコマンドを使用する前に、その潜在的な影響について理解しておく必要があります。

方法 1:特定の内線または DID のダイヤル呼び出しによる CUGA の使用

この設定では、加入者は内線をダイヤルすると即座に CUGA に送信されます。加入者にはユーザ名とパスワードの入力を促すプロンプトが表示されます。 加入者は自分のコール ハンドラしか編集できません。 加入者はコール ハンドラの唯一の所有者になるか、またはコール ハンドラを所有する配布リストに所属します。

Cisco CallManager の設定

Cisco CallManager には、Cisco Unity に直接コールまたは転送コールの送信を設定する必要があります。変換パターンは、Unity に直接コールを送信するように、または転送コールを Unity に転送するよう設定された CTI ポートに送信するように CallManager で設定できます。 ボイスメール ポートが 1 つの区画内にある場合、変換パターンまたは CTI ポートにこの区画を含むコール検索スペースを割り当てる必要があります。 下記は CallManager の画面ショットです。

Unity に直接コールを送信するために CallManager に設定された変換パターン(5001 はボイスメールのパイロット番号)     

greeting_admin01.gif

または

Unity に転送コールを送信するために CallManager に設定された CTI ポート     

greeting_admin02.gif

greeting_admin03.gif

Cisco Unity の設定

下記の手順に従って、Cisco Unity に直接ダイヤル用の CUGA のセットアップを設定します。

  1. Cisco Unity Administrator(SAWeb)を開きます。

  2. Call Management> Call Routing のページに移動します。

  3. 直接コールまたは転送コールのルーティング ルールを作成します。

下記は、発番号(ANI)を参照してコールを CUGA にルーティングする、直接コール ルーティング ルールの画面ショットです。変換パターンを使用してコールを Cisco Unity に転送する場合はこの設定になります。

greeting_admin04.gif

下記は、転送ステーションを参照してコールを CUGA にルーティングする転送コールのルーティング ルールの画面ショットです。 CTI ポートを使用してコールを Cisco Unity に転送する場合はこの設定になります。

greeting_admin05.gif

CUGA によるコール ハンドラの変更を許可するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity Administrator(SAWeb)を開きます。

  2. Call Management> Call Handlers に移動します。

  3. Find アイコンをクリックして Find をクリックします。

  4. 電話で変更を有効にしたいコール ハンドラをクリックします。

  5. Extension フィールドで、コール ハンドルに割り当てる固有の内線を入力してください。

  6. Save をクリックします。

    greeting_admin06.gif

CUGA の設定確認

下記の処理を実行して、CUGA が適切に設定されたことを確認します。

  1. 番号をダイヤルして CUGA にアクセスします(コール ルーティング設定に基づいて)。

  2. コール ハンドラの所有者の ID を入力します。

  3. コール ハンドラの所有者のパスワードを入力します。

  4. コール ハンドラの内線を入力します。

  5. Cisco Unity のプロンプトに従って、グリーティングとレコード グリーティングとの間で切り替えを行います。

方法 2:メールボックスにログインしたままでの CUGA の使用

加入者のメールボックスは、CUGA に直接アクセスするように設定できます。Caller Input Key Map にエントリを設定することにより、加入者はボイスメール ボックスにログインした後は、自分が所有するコール ハンドラのグリーティングを編集できます。次の手順に従って、加入者のメールボックスから CUGA にアクセスするように Cisco Unity を設定します。

  1. Cisco Unity Administrator(SAWeb)を開きます。

  2. Subscribers > Subscriber に移動します。

  3. Find アイコンをクリックして、Find をクリックします。

  4. CUGA へのアクセスを設定したい加入者をクリックします。

  5. Subscriber > Caller Input の順に選択します。

  6. ロックされておらず、Action が Ignore Key に設定されている任意のキーをクリックします。

  7. Lock this key to the action (don’t wait for an additional key press) ボックスをチェックします。

  8. Action の下で、Send Caller to を選択します。

  9. プルダウン メニューから、Greeting Administrator を選択します。

  10. Save をクリックします。

    greeting_admin07.gif

一般的な問題

問題: CUGA へのアクセス番号をダイヤルすると、CUGA がオープニングのグリーティング メッセージを再生します。

解決策: コール ルーティングが正しく設定されているか確認してください。Call Viewer ツールを使用して、Cisco Unity で受信されるコールが、設定されているルーティング ルールと一致しているか確認してください。

greeting_admin08.gif

上図で、Call #1 は内線 5800 への直接コールとみなされます。これは変換パターンによって Cisco Unity になされたコールであることがわかります。Call #2 は、CTI ルートポイントである内線 5900 から転送されたものです。

問題: コール ハンドラの内線をダイヤルして変更しようとすると、Cisco Unity に「Sorry you are not listed as the owner of this call handler(コール ハンドラの所有者としてリストされていません)」というプロンプトが表示されます。

解決策: Call Handler Profile Page の下を確認して、入力した ID がこのコール ハンドラの所有者であるか確認してください。 コール ハンドラが配布リストに所有されるものであれば、入力した ID と関連付けられるメールボックスがこのリストのメンバであるか確認してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 40353