音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

DC Directory に関する問題の修正

2003 年 2 月 12 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2010 年 8 月 9 日) | フィードバック

目次

概要
はじめに
     表記法
     前提条件
     使用するコンポーネント
問題
解決方法
     Cisco CallManager Publisher の DC Directory 再設定(データベースが 100 Mb より大きい場合)
     Cisco CallManager Publisher の DC Directory 再設定(データベースが 100 Mb より小さい場合)
     CRA/CRS サーバの DC Directory 再設定
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

この文書では、クラスタ内の Cisco CallManager サーバ上で実行されている DCDirectory Server サービス間でのディレクトリの複製問題を解決する方法を説明します。

この問題に関連する症状のリストを次に示します。

  • Cisco CallManager のパブリッシャ サーバには正しいユーザ データがあり、複数の Cisco CallManager サブスクライバ サーバにはユーザ データがないか、パブリッシャのデータベースに比べてユーザ データが古くなっている。

  • Cisco CallManager パブリッシャ サーバ上の DC Directory Service の起動に時間がかかる(起動時に停止したようになる)。

  • Cisco CallManager のパブリッシャまたはサブスクライバのどちらか、あるいはその両方の Application Event Viewer に、DC Directory Replication エラーが記録される。

  • C:\dcdsrvr\run\dcx500\dcx500.out を調べると、重複したり、無効になっている複製契約がある。

はじめに

表記法

文書表記の詳細については、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

前提条件

この文書に関する特定の前提条件はありません。

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づいています。

  • クラスタ内のすべてのサーバに、Cisco CallManager 3.0(5a) 以降。

  • クラスタ内のすべてのサーバに、ディレクトリ保管用の組み込み DC Directory Server。

この文書の情報は、特定のラボ環境にある装置に基づいて作成されています。また、この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。実稼動中のネットワークで作業をしている場合、実際にコマンドを使用する前に、その潜在的な影響について理解しておく必要があります。

問題

無効な複製契約があると、DC Directory データベース(C:\dcdsrvr\run\dcx500\database にあるファイル)が非常に大きく(100 MB 以上)なります。このため、DC Directory の終了と起動に非常に時間がかかるようになります。契約の重複や無効な契約は、次に示す理由によって引き起こされます。

  1. Cisco Customer Response Application(CRA)サーバ(または Cisco CallManager サブスクライバ)を 1 回以上再インストールしている(CRA サーバまたは Cisco CallManager サーバを再インストールするたびに、サブスクライバに対する新しい複製契約がパブリッシャ側に作成される)。

  2. Cisco CallManager クラスタ内で DC Directory を再設定せずに、既存の CRA サーバ(または Cisco CallManager サブスクライバ)を破棄している。

    注:ディレクトリ ノードを Cisco CallManager クラスタから削除しても、削除されたサブスクライバに対する DC Directory の複製契約は自動的に削除されません

  3. サブスクライバ上で avvid_scfg コマンドを複数回、手動で実行している(たとえば、DC Directory の一部を再設定しようとしたなど)。

    warning 警告: DC Directory の一部を再設定しないでください(たとえば、パブリッシャと CRA サーバや CallManager サブスクライバにおいて cleandsa を実行せずに avvid_scfg を実行するなど)。

データベースがこれほど大きくなる根本的な原因は、DC Directory が、複製に失敗する度にそれぞれの複製処理の状態を保存しようとするためです。長期にわたって無効な複製契約に関する状態情報が保存されると、データベースが数百 MB になります。

Cisco CallManager サブスクライバまたは CRA サーバ 2.2(4) 以前、あるいは CRA サーバ 3.0(1) を再インストールする場合、DC Directory の再設定をクラスタ内のすべてのノードで行う必要があります。これには、DC Directory パブリッシャなどのスタンドアロン CRA サーバも含まれます。

解決方法

これらの作業の実行中には、Media Convergence Server(MCS)のコンソールに Keyboard/Video/Mouse(KVM)スイッチを使用して直接接続する、または Telnet を使用して接続する必要があります。Terminal Services Client 経由で接続してこれらの作業を実行することは、完全にはテストされていないため、予想外の結果になることがあります。この手順を実行するためにダウンタイムを予定することをお勧めします。次の 2 つの手順があります。

  1. インストール

  2. 再設定

インストール

  1. Cisco CallManager バージョン 3.2 から DCDScripts.1-0-2.exe をダウンロードします(登録済みのユーザ専用)。

  2. Cisco CallManager クラスタにあるすべてのノードと CRA/CRS アプリケーション サーバに DCDScripts.1-0-2.exe をコピーし、実行します。確認を求められたらデフォルト設定を使用し、Unzip をクリックします。

再設定

インストール後に DC Directory を再設定する場合には 2 種類のシナリオがあります。

  1. DC Directory のデータベースが 100 Mb より大きい場合は、次に示す「Cisco CallManager Publisher の DC Directory 再設定(データベースが 100 Mb より大きい場合)」の解決法を参照してください。

  2. DC Directory データベースが 100 Mb より小さい場合は、次に示す「Cisco CallManager Publisher の DC Directory 再設定(データベースが 100 Mb より小さい場合)」の解決法を参照してください。

Cisco CallManager Publisher の DC Directory 再設定(データベースが 100 Mb より大きい場合)

この手順では、作業中に失敗した場合やデータベース(C:\dcdsrvr\run\dcx500\database)が 100 Mb よりも大きくなった場合に備えて、パブリッシャ側の Cisco CallManager サーバにある DC Directory 内のユーザ データのバックアップを行います。

  1. MCS バックアップ ユーティリティを使用するか、DOS コマンド プロンプトで dcbckdib /y backup C:\dcdsrvr\backup コマンドを実行して、現在のディレクトリ情報をバックアップします。

    注:コマンドを実行する前に必ず C:\dcdsrvr\backup folder フォルダがあることを確認してください。

  2. Publisher サーバでは、管理者としてログインします。Start > Run を選択し、cmd を入力して、コマンド プロンプトを開きます。

  3. avvid_migrate_save.cmd コマンドを入力し、確認を求められたら任意のキーを押します。

    このコマンドでは、次のような出力が表示されます。

    C:\>avvid_migrate_save jayas-w2k ciscocisco
     A subdirectory or file C:\dcdsrvr\log already exists.
     
     ****************************************
     *                                      *
     * -- CISCO User Preferences Support -- *
     *                                      *
     ****************************************
     
     A subdirectory or file C:\dcdsrvr\suspense already exists.
     
     Run the perl script avvid_migrate_save.pl
     A subdirectory or file C:\dcdsrvr\log already exists.
     A subdirectory or file C:\dcdsrvr\run\DCX500\config\Migration-Backup already
     exi
     sts.
     Saving User Information...
     Saving Profile Information...
     Saving Apps20 Information...
     Saving Admin Information...
     Saving PA node Information...
     Saving E911 node Information...
     Saving systemProfile...
     Saving MITRA data...
     Saving Groups data...
     
     
     C:\>
  4. コマンド プロンプトで net stop dcdirectory を入力して DC Directory サービスを停止します。

  5. cleandsa.cmd を実行します。cleandsa.cmd がサポートされていない場合は、deletedib.cmd を実行します。

  6. avvid_migrate_cfg.exe を実行します。

  7. avvid_migrate_restore.cmd を実行します。

  8. reconfig_cluster.cmd を実行します。

    このコマンドは、すべての Cisco CallManager サブスクライバに対して複製契約を作成します。Cisco CallManager サブスクライバ上で作業する必要はありません。

Cisco CallManager Publisher の DC Directory 再設定(データベースが 100 Mb より小さい場合)

DCD データベース(C:\dcdsrvr\run\dcx500\database)が 100 Mb より小さい場合は、次に示す手順に従って Cisco CallManager パブリッシャの DC Directory を再設定します。

reconfig_cluster.cmd を実行します。

このコマンドは、すべての Cisco CallManager のサブスクライバ サーバに対して複製契約を作成します。Cisco CallManager サブスクライバ上でこれ以外の手順を行う必要はありません。

CRA/CRS Server の DC Directory 再設定

次に示す手順に従って CRA/CRS サーバの DC Directory を再設定します。

  1. DC Directory サービスを停止します。

  2. cleandsa.cmd を実行します。cleandsa.cmd がサポートされていない場合は、deletedib.cmd を実行します。

  3. avvid_scfg.cmd を実行します。

    注: ネットワーク上に単一の Cisco CallManager サーバ(CRA/CRS が併設されている、またはされていない)がある場合、reconfig_cluster.cmd を実行する必要があります。この場合は、上記の Cisco CRA/CRS 用の手順は行わないでください

    注: Cisco CallManager サーバの 3.2(2c) 以前のバージョンまたは CRA 2.2(4)以前のバージョン、および CRA 3.0(1) をアップグレード、再インストールまたは追加する場合は、必ずインストール」の項を参照して DCDScripts.1-0-2.exe をコピーおよび実行する必要があります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 30002