ストレージ ネットワーキング : Cisco MDS 9000 NX-OS と SAN-OS ソフトウェア

MDS SNMP によるコンフィギュレーションのバックアップ、リストア方法

2007 年 5 月 8 日 - 日本オリジナル版
その他のバージョン: PDFpdf | フィードバック

概要

このドキュメントは、MDS がサポートしている CISCO-CONFIG-COPY-MIB を用いて SNMP によるコンフィグレーションのバックアップ、リストア方法について解説しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。


使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CISCO-CONFIG-COPY-MIB に対応している SAN-OS 1.1(X)以上ならびにそれを実行する MDS
  • SNMP マネージャ

使用する MIB は下記のとおりです。

  • CISCO-SMI-V1SMI.my
  • SNMPv2-TC-V1SMI.my
  • CISCO-CONFIG-COPY-MIB-V1SMI.my
  • CISCO-FLASH-MIB.my

CISCO-CONFIG-COPY-MIB-V1SMI.my にて使用する OID は下記のとおりです。

  • ccCopyProtocol(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.2)
         TYPE:integer
         VALUES:1(tftp)
                        :2(ftp)
                        :3(rcp)

  • ccCopySourceFileType(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.3)
         TYPE:integer
         VALUES:1(networkFile)
                        :3(startupConfig)
                        :4(runningConfig)

  • ccCopyDestFileType(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.4)
         TYPE:integer
         VALUES:1(networkFile)
                        :3(startupConfig)
                        :4(runningConfig)

  • ccCopyServerAddress(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.5)
         TYPE:ipaddress
         VALUES:Any valid ip address xxx.xxx.xxx.xxx

  • ccCopyFileName(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.6)
         TYPE:octetstring
         VALUES:The file name(including the path, if applicable)of the file.

  • ccCopyUserName(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.7)
         TYPE:octetstring
         VALUES:Remote user name for copy via ftp, rcp, sftp or scp protocol

  • ccCopyUserPassword(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.8)
         TYPE:octetstring
         VALUES:Password used by ftp, sftp or scp for copying a file to/from an ftp/sftp/scp server

  • ccCopyState(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.10)
         TYPE:integer
         VALUES:1(waiting)
                        :2(running)
                        :3(successful)
                        :4(failed)

  • ccCopyFailCause(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.13)
         TYPE:integer
         VALUES:1(unknown)
                        :2(badFileNam)
                        :3(timeout)
                        :4(noMem)
                        :5(noConfig)

  • ccCopyEntryRowStatus(OID:1.3.6.1.4.1.9.9.96.1.1.1.1.14)
         TYPE:integer
         VALUES:4(createAndGo)
                        :6(destroy)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメント内で使用されているデバイスは、すべてクリアな(デフォルト)設定で作業が開始されています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、すべてのコマンドによる潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。


表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

手順説明

  1. MDS にて SNMP のRead-Write アクセス権の Community を設定します。
  2. 必要ならば、SNMP マネージャ側にて OID の番号の代わりに OID 名称を使用するために MIBファイル を SNMP マネージャにロードします。(オプション設定)
    ※注意事項:このドキュメントでは、OID 名称を前提に説明しています。

MDS の Running-Config を FTP サーバにコピーする方法及び確認方法

※注意事項
下記にて示している[Random Number]は、乱数を用いるなどして整数値を設定してください。

  1. SNMP マネージャ側より下記の SNMP SETコ マンドを実行します。

    $snmpset -v 1 -c private [MDS IP Address] ccCopyProtocol.[Random Number] integer 2(ftp)  \
    ccCopySourceFileType.[Random Number] integer 4(runningconfig)  \
    ccCopyDestFileType.[Random Number] integer 1(networkfile) \
    ccCopyServerAddress.[Random Number] ipAddress [FTP Server IP Address]  \
    ccCopyFileName.[Random Number] octetstring [Copy File Name]  \
    ccCopyEntryRowStatus.[Random Number] integer 4(createAndGo)  \
    ccCopyUserName.[Random Number] octetstring cisco \
    ccCopyUserPassword.[Random Number] octetstring cisco
  2. 上記 SNMP SET コマンドの例を下記に示しています。

    $snmpset -v 1 -c private 10.10.20.1 ccCopyProtocol.1173335939 integer: 2 \
    ccCopySourceFileType.1173335939 integer: 4   \
    ccCopyDestFileType.1173335939 integer: 1  \
    ccCopyServerAddress.1173335939 ipAddress:10.10.10.1  \
    ccCopyFileName.1173335939 octetstring:mdsconfig  \
    ccCopyEntryRowStatus.1173335939 integer: 4 \ 
    ccCopyUserName.1173335939 octetstring:cisco \
    ccCopyUserPassword.1173335939 octetstring:cisco
  3. 下記 OID に対して SNMP GET を実施しステータスを確認します。
    下記例では、ステータスは running となっており、実行中を示しています。

    $snmpget -v 1 -c public 10.10.20.1 ccCopyState.1173335939
    cisco.ciscoMgmt.ciscoConfigCopyMIB.ciscoConfigCopyMIBObjects.ccCopy.
    ccCopyTable.ccCopyEntry.ccCopyState.1173335939:INTEGER:running
  4. ステータスが successful に変わるとコピーが正常に完了しています。

    $snmpget -v 1 -c public 10.10.20.1 ccCopyState.1173335939
    cisco.ciscoMgmt.ciscoConfigCopyMIB.ciscoConfigCopyMIBObjects.ccCopy.
    ccCopyTable.ccCopyEntry.ccCopyState.1173335939:INTEGER:successful

FTP サーバに保存している Config を MDS の Running-Config へマージをおこなう方法及び確認方法

  1. SNMP マネージャ側より下記の SNMP SET コマンドを実行します。

    $snmpset -v 1 -c private [MDS IP Address] ccCopyProtocol.[Random Number] integer 2(ftp)  \
    ccCopySourceFileType.[Random Number] integer 1(networkfile)  \
    ccCopyDestFileType.[Random Number] integer 4(runningconfig)  \
    ccCopyServerAddress.[Random Number] ipAddress [FTP Server IP Address]  \
    ccCopyFileName.[Random Number]  octetstring [Copy File Name]  \
    ccCopyEntryRowStatus.[Random Number] integer 4(createAndGo) \
    ccCopyUserName.[Random Number] octetstring cisco \
    ccCopyUserPassword.[Random Number] octetstring cisco
  2. 上記 SNMP SET コマンドの例を下記に示しています。

    $snmpset -v 1 -c private 10.10.20.1 ccCopyProtocol.1173337556 integer: 2  \
    ccCopySourceFileType.1173337556 integer: 1  \
    ccCopyDestFileType.1173337556 integer: 4  \
    ccCopyServerAddress.1173337556 ipAddress:10.10.10.1 \
    ccCopyFileName.1173337556 octetstring:mdsconfig  \
    ccCopyEntryRowStatus.1173337556 integer: 4  \
    ccCopyUserName.1173337556 octetstring:cisco  \
    ccCopyUserPassword.1173337556 octetstring:cisco
  3. 下記 OID に対して SNMP GET を実施しステータスを確認します。
    下記例では、ステータスは running となっており、実行中を示しています。

    $snmpget -v 1 -c public 10.10.20.1 ccCopyState.1173337556
    cisco.ciscoMgmt.ciscoConfigCopyMIB.ciscoConfigCopyMIBObjects.ccCopy.
    ccCopyTable.ccCopyEntry.ccCopyState.1173337556:INTEGER: running
  4. ステータスが successful に変わるとコピーが正常に完了しています。

    $snmpget -v 1 -c public 10.10.20.1 ccCopyState.1173337556
    cisco.ciscoMgmt.ciscoConfigCopyMIB.ciscoConfigCopyMIBObjects.ccCopy.
    ccCopyTable.ccCopyEntry.ccCopyState.1173337556:INTEGER:successful
  5. running-config を startup-config に保存します。

    $snmpset -v 1 -c private 10.10.20.1 ccCopySourceFileType.1173337556 integer: 4  \
    ccCopyDestFileType.1173337556 integer: 3  \
    ccCopyEntryRowStatus.1173337556 integer: 4

トラブルシューティング

このセクションを使用して、設定のトラブルシューティングを行います。

トラブルシューティングの手順

このセクションの手順を実行して、設定のトラブルシューティングを行います。

  1. まず ccCopyState MIB にアクセスし、ステータスが failed となっておりコピーに失敗したことがわかります。

    $snmpget -v 1 -c public 10.10.20.1 ccCopyState.1173337556
    cisco.ciscoMgmt.ciscoConfigCopyMIB.ciscoConfigCopyMIBObjects.ccCopy.
    ccCopyTable.ccCopyEntry.ccCopyState.1173337556:INTEGER:failed
  2. 次に、ccCopyFailCause MIB にアクセスし、失敗した原因を追求します。
    例)下記では、ファイル名称が間違っていたことを示しています。

    $snmpget -v 1 -c public 10.10.20.1 ccCopyFailCause.1173337556
    cisco.ciscoMgmt.ciscoConfigCopyMIB.ciscoConfigCopyMIBObjects.ccCopy.
    ccCopyTable.ccCopyEntry.ccCopyFailCause.1173337556:INTEGER:badFileName
Updated:May 8, 2007 Document ID:1101042007