音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco VG シリーズ ゲートウェイ

アナログ E&M インターフェイスのタイプおよび配線の説明とトラブルシューティング

2009 年 4 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック


概要

この資料では、標準的なアナログ E&M インターフェイスのタイプ I、II、III、V(IV は Cisco のプラットフォームでは非サポート)と配線について説明しています。この資料は、Private Branch Exchange(PBX; 構内交換機)あるいは電話会社の機器とルータとの間の配線で生じる問題のトラブルシューティング用参考資料として使用できます。

アナログ E&M の概要については、『アナログ E&M 音声シグナリングの概要』を参照してください。

E&M 通話開始監視シグナリング(ウィンク、ディレイ、イミディエート)については、『アナログ E&M ダイヤル開始監視シグナリングの説明とトラブルシューティング』を参照してください。



前提条件

要件

このドキュメントは、音声ネットワークに関する基本的な知識を備えた、VoIP ネットワークに携わる担当者を対象としています。



使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



E&M インターフェイスの監視信号の説明

  • E(Ear または Earth):トランク(CO)側から信号側への信号線。

  • M(Mouth または Magnet):信号側からトランク(CO)側への信号線。

  • SG(信号接地):E&M タイプ II、III、IV で使用(タイプ IV は Cisco のルータやゲートウェイでは非サポート)。

  • SB(信号バッテリ):E&M タイプ II、III、IV で使用(タイプ IV は Cisco のルータやゲートウェイでは非サポート)。

  • T/R(チップ/リング):T/R 線は、信号ユニットとトランク回線との間で音声信号を搬送します。2 線式の音声運用回線では、この組み合せによって全二重の音声パスを実現しています。

  • T1/R1(チップ -1/リング -1):4 線式の音声運用回線だけで使用されます。4 線式の装置では、音声信号の受信用と送信用のパスが別々に確保されます。



E&M 信号ユニット側とトランク回線側の互換性に関する問題

E&M 信号は、Data Circuit-terminating Equipment(DCE; データ回線終端装置)と Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)の参照タイプと同様に、各接続のトランク回線側と信号ユニット側を定義するものです。通常、PBX はトランク回線側であり、電話会社、CO、チャネル バンク、または Cisco 音声対応プラットフォームは信号ユニット側です。Cisco のアナログ E&M インターフェイスは信号ユニット側として機能し、反対側がトランク回線となります。E&M インターフェイス モデル タイプ II およびタイプ V を使用する場合、信号ユニット側の 2 台は、信号線を適切にクロスすることによってバックツーバックで接続できます。E&M タイプ I およびタイプ III インターフェイスを使用する場合は、信号ユニット側の 2 台はバックツーバックには接続できません。

多くの PBX には、トランク回線側としても信号ユニット側としても動作する E&M アナログ トランク カードが備わっています。Cisco の E&M インターフェイスは、インターフェイスの信号ユニット側として固定されているため、PBX 側の E&M トランク設定を変えてトランク回線側として動作するようにする必要があります。タイプ I またはタイプ III E&M を使用する場合、これが PBX と Cisco の E&M インターフェイスを組み合せて動作する唯一の方法です。

PBX 製品(および多くの主要システム)の中には、E&M インターフェイスの信号ユニット側としてしか機能できないものもあります。つまり、タイプ I またはタイプ III を選択した場合、それらの装置は Cisco の E&M インターフェイスとは一緒に使用できません。タイプ II またはタイプ V の E&M が使用されている場合には、「信号ユニット」側として固定されている PBX 製品も、タイプ II またはタイプ V を介することで Cisco の E&M インターフェイスと一緒に使用できます。

それぞれの E&M 信号タイプには、固有の回線モデルおよび接続図があります。このドキュメントの図は、その異なるタイプを示しています。



E&M タイプ I インターフェイス モデル

E&M タイプ I は、元来の形式の E&M 線信号であり、北米では最も一般的なインターフェイスのタイプです。次の表には、オンフック/オフフック信号に対する送信信号の状態が示されています。

,,, PBX から Cisco のルータ/ゲートウェイ Cisco のルータ/ゲートウェイから PBX
タイプ 配線 オンフック オフフック 配線 オンフック オフフック
1 M 接地 バッテリ E オープン 接地

ルータやゲートウェイでは、E 線を接地させることでトランクの起動が信号で通知されます。PBX では自身の M 線にバッテリ給電することで、起動が信号で通知されます。Cisco のルータやゲートウェイでは、M 線上のオフフック状態を検知して、E 線上にあるリモート デバイスへオフフックを信号で通知することになっています。

2 線式タイプ I インターフェイス モデルの信号線

2 線式タイプ I インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ I インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ I インターフェイス モデルの信号線

注:4 線式の音声設定の場合、ルータ上のピン 6(チップ)およびピン 3(リング)を使って、PBX からルータへ音声パスが転送されます。また、ルータ上のピン 5(チップ 1)およびピン 4(リング 1)を使ってルータから PBX へ音声パスが転送されます。

コネクタ(メス)

コネクタ(メス)

コネクタ(オス)

コネクタ(オス)

タイプ I インターフェイスに関しては、次の点を考慮します。

  • タイプ I では、監視信号に E 線と M 線が使用される。

  • 2 台の信号ユニットをバックツーバックには接続できない。

  • タイプ I の信号ユニットとトランク回線では、共通の接地を共用する。

  • タイプ I では、トランク回線と信号ユニット間が絶縁されていないため、音声回線でノイズが生じる可能性や、過渡電流の影響を受けやすい可能性がある。

  • Cisco の製品と PBX 間を接続し、さらに接地することは必須。これを行わないと、E&M の信号動作が断続的になる可能性があります。

  • 4 線式はタイプ I の 2 線式音声運用に使用される。

  • 6 線式はタイプ I の 4 線式音声運用に使用される。

  • 非アクティブの間、E 線はオープンで、M 線は接地されている。

  • (トランク回線側として動作する)PBX では、オフフック状態を示すために M 線がバッテリに接続される。

  • Cisco のルータやゲートウェイ(信号ユニット)では、オフフック状態を示すために E 線が接地される。



E&M タイプ II インターフェイス モデル

E&M タイプ II では 4 線式による完全なループ状の配線が使用されます。これにより、トランクと信号ユニット間の完全な絶縁が確保されています。タイプ II は、通常は Centrex 回線や Nortel の PBX システムで使用されています。次の表には、オンフック/オフフック信号に対する送信信号の状態が示されています。

  PBX から Cisco のルータ/ゲートウェイ Cisco のルータ/ゲートウェイから PBX
タイプ 配線 オンフック オフフック 配線 オンフック オフフック
2 M オープン バッテリ E オープン 接地

ルータやゲートウェイでは E 線を接地することでトランクの起動が信号で通知されます。PBX では自身の M 線にバッテリ給電することで起動が信号で通知されます。Cisco のルータやゲートウェイでは、M 線上のオフフック状態を検知して、E 線上にあるリモート デバイスへオフフックを信号で通知することになっています。

2 線式タイプ II インターフェイス モデルの信号線

2 線式タイプ II インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ II インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ II インターフェイス モデルの信号線

注:4 線式の音声設定の場合、ルータ上のピン 6(チップ)およびピン 3(リング)を使って、PBX からルータへ音声パスが転送されます。また、ルータ上のピン 5(チップ 1)およびピン 4(リング 1)を使ってルータから PBX へ音声パスが転送されます。

コネクタ(メス)

コネクタ(メス)

タイプ II インターフェイスに関しては、次の点を考慮します。

  • 適切な信号線が交換された場合、信号ユニット側では 2 台の装置をバックツーバックで接続可能。

  • 6 線式はタイプ II の 2 線式音声運用に使用される。

  • 8 線式はタイプ II の 4 線式音声運用に使用される。

  • タイプ II では、監視信号に E、M、SB、および SG の 4 線が使用される。

  • 非アクティブの間、E 線および M 線のどちらもオープンになっている。

  • (トランク回線側として動作する)PBX によって、オフフック状態を示すために M 線が信号側のバッテリに接続されている Signal Battery(SB; 信号バッテリ)線に接続される。

  • Cisco のルータやゲートウェイ(信号ユニット)によって、オフフック状態を示すために E 線がトランク回線側に接地された Signal Ground(SG; 信号接地)線に接続される。



E&M タイプ III インターフェイス モデル

E&M タイプ III は、部分的にループ状になった 4 線式による E&M 配線で、接地絶縁が備わっています。信号ユニットには、バッテリと接地の両方が備わっています。次の表には、オンフック/オフフック信号に対する送信信号の状態が示されています。

PBX から Cisco のルータ/ゲートウェイ Cisco のルータ/ゲートウェイから PBX
タイプ 配線 オンフック オフフック 配線 オンフック オフフック
3 M 接地 バッテリ E オープン 接地

ルータでは、ループ回線上の電流を着信起動用の M 線上で検知し、発信起動用の E 線を接地しています。Cisco のルータやゲートウェイでは、M 線上のオフフック状態を検知して、E 線上にあるリモート デバイスへオフフックを信号で通知することになっています。

2 線式タイプ III インターフェイス モデルの信号線

2 線式タイプ III インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ III インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ III インターフェイス モデルの信号線

注:4 線式の音声設定の場合、ルータ上のピン 6(チップ)およびピン 3(リング)を使って、PBX からルータへ音声パスが転送されます。また、ルータ上のピン 5(チップ 1)およびピン 4(リング 1)を使ってルータから PBX へ音声パスが転送されます。

コネクタ(メス)

コネクタ(メス)

タイプ III インターフェイスに関しては、次の点を考慮します。

  • 2 台の信号ユニットをバックツーバックには接続できない。

  • 6 線式はタイプ III の 2 線式音声運用に使用される。

  • 8 線式はタイプ III の 4 線式音声運用に使用される。

  • タイプ III では、監視信号に E、M、SB、および SG の 4 線が使用される。

  • 非アクティブの間、E 線はオープンで、M 線は信号側の SG 線に接続された接地に設定される。

  • (トランク回線側として動作する)PBX によって、オフフック状態を示すために M 線が SG 線から接続解除され、信号側の SB 線に接続される。

  • Cisco のルータやゲートウェイ(信号ユニット)では、オフフック状態を示すために E 線が接地される。



E&M タイプ V インターフェイス モデル

E&M タイプ V インターフェイスは、北米以外で広く使用されています(世界標準に近いと言えます)。タイプ V は非対称の 2 線式配線であり、オンフックにはオープン、オフフックには接地という方法で、双方向に信号を送信します。

次の表には、オンフック/オフフック信号に対する送信信号の状態が示されています。

PBX から Cisco のルータ/ゲートウェイ Cisco のルータ/ゲートウェイから PBX
タイプ 配線 オンフック オフフック 配線 オンフック オフフック
5 M オープン 接地 E オープン 接地

ルータやゲートウェイでは E 線を接地することでトランクの起動が信号で通知されます。PBX では自身の M 線を接地することで起動が信号で通知されます。Cisco のルータやゲートウェイでは、M 線上のオフフック状態を検知して、E 線上にあるリモート デバイスへオフフックを信号で通知することになっています。

2 線式タイプ V インターフェイス モデルの信号線

2 線式タイプ V インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ V インターフェイス モデルの信号線

4 線式タイプ V インターフェイス モデルの信号線

注:4 線式の音声設定の場合、ルータ上のピン 6(チップ)およびピン 3(リング)を使って、PBX からルータへ音声パスが転送されます。また、ルータ上のピン 5(チップ 1)およびピン 4(リング 1)を使ってルータから PBX へ音声パスが転送されます。

コネクタ(メス)

コネクタ(メス)

タイプ V インターフェイスに関しては、次の点を考慮します。

  • タイプ V には接地による絶縁機能がない。

  • 適切な信号線が交換された場合、信号ユニット側では 2 台の装置をバックツーバックで接続可能。

  • 4 線式はタイプ V の 2 線式音声運用に使用される。

  • 6 線式はタイプ V の 4 線式音声運用に使用される。

  • タイプ V では、監視信号に E および M の 2 線が使用される。

  • 非アクティブの間、E 線と M 線がオープンになっている。

  • (トランク回線側として動作する)PBX では、オフフック状態を示すために M 線が接地される。

  • Cisco のルータやゲートウェイ(信号ユニット)では、オフフック状態を示すために E 線が接地される。



物理層レベルでの E&M インターフェイスのトラブルシューティング

E&M では、高品質なアナログ インターフェイスを提供していますが、線の数、設定、およびプロトコルの問題などのために管理は非常に難しくなっています。通常は、接続を確認する場合に参考となる適切な図を作成しておくと便利です。



ハードウェアのトラブルシューティング ツール

効果的なトラブルシューティング ツールとして、次のものを用意しておきます。

  • デジタル式 Volt Ohm Meter(VOM; 電圧抵抗計)、先端の尖ったプローブ付きのもの。「アナログ」の棒グラフや表示に比例した音程の警報音が付いているものは、特に便利です。

  • 架線作業員が利用するバットセット

  • RJ-45 ブレークアウト アダプタ。この両端には RJ-45 ソケットがあり、各線の端子が両側に分けられています。

  • RJ-45 ストレート型ケーブル(ストレート型であることを確認してください)

  • ワニ口クリップ付きパッチケーブル



注意事項

warning 警告:通常は危険ではありませんが、テレコミュニケーション デバイスが設置されている機械室では、製品による危険がある可能性があります。これには次のような例が考えられますが、これらに限定されるものではありません。

  • 鉛酸蓄電池の積み重ねにより大電流が発生し、可燃性の高い水素ガスが発生する場合があります。被害を防ぐには、換気と絶縁が重要です。長袖のシャツ、ズボンを身に付け、先端に鋼鉄の入った安全靴を履いてください。電気絶縁性のある作業手袋と、OSHA 認可の防御用ゴーグルを手元に備えておいてください。鎖、ブレスレット、指輪、時計などの金属製品は、誤って接触を起こさないように覆った上で着用してください。電圧により負傷するわけではなく、電流により負傷します。

  • 大量の配線。音声用、データ用、電源用など。他の配線と絡まっている配線を引っ張ると、深刻な機能停止が生じることに注意してください。RJ プラグは他の配線と絡まりやすく、機器から抜けやすくなっています。

  • 鋭利な先端部。危険な切断面や突起箇所の安全性に関する規定が作られる以前に出荷された装置では、ボルトやネジ部分が付き出していることがよくあります。このような機器を取り扱う場合は、しっかりとした保護用の衣類を着用してください。

  • 固定されていない重い機器。機械室の中では、しっかりと固定されずに機器が置かれている場合があります。このような装置が落下して、その機器自体が損傷したり、作業者がけがをしたりする場合があります。重い機器を動かす場合は、クライアントの設備スタッフに連絡して対処するか、腰用保護ベルトを装着して、OSHA 認可の持ち上げおよび移動に関するガイドラインに従ってください。



タイプ 1 インターフェイスのトラブルシューティング

(トランク回線側として設定された)PBX からの 4 線式のタイプ 1 インターフェイスには、次のような特性があります。

  • E の検出器は -48 V で接地され、「フロート」状態。

  • M 接点はオンフックで接地する抵抗値が低く、オフフックの時には -48 v で接地。

  • T/R 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

  • T1/R1 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

PBX からのケーブル インターフェイスに準拠

疑わしい音声ケーブルをルータから引き抜き、反対側の端は PBX に繋げたままにしておき、次の処理を実行します。

  • VOM を使用して、ケーブルのピン 7 とシャーシの接地との間の DC 電圧を測定します。メーターは -24 v と -56 v の間を指すはずです。そうでない場合は、ピン 7 が PBX の E 線でないと考えられます。

  • 他のピンを測定して、接地との間が -24 〜 -56 v であるものを探します。AT&T や Lucent の PBX などのデバイスには、デバッグを容易にするために、チップ/リング線に -48 v のバイアスがかけられているものがあります。決定的なエネルギー源のないピンでは、VOM で接地との抵抗を測定します。500 Ω以下の値を示すものがあれば、それが M 線であると思われます。そのピンはケーブルのピン 2 です。ピン 2 が接地との間で -24 v から -48 v の値を示した場合は、PBX がオフフックの可能性があります。回線が混雑している場合もあり、「悪い」ポートであることを示します。

  • VOM を使用して、チップとリング間の抵抗(Ω)を測定します。PBX に DC ブロッキング コンデンサがない場合、抵抗値は 30 〜 120 Ωになります。コンデンサがある場合、メーターは 100 Ω前後に跳ね上がり、その後コンデンサがチャージされるに従って無限大まで上昇します。これらのいずれかの状態を満たせば、音声用のペアがあるので、後は方向を見つけ出すだけです。

  • チップ 1/リング 1 についても同様の操作を行います。チップ/リングと同様の結果になります。

  • チップ/リングにバットセットを接続します。受信している間に、E を接地します(ケーブルのピン 7)。PBX がダイヤル トーンを発生するように設定されている場合は、バットセットの耳あてで聞き取ります。何も聞こえない場合、クロス配線されている場合があるので、他の音声のペアを試します。それでも聞こえない場合、その PBX がトランク回線上でダイヤル トーンを発生していない可能性があります。

  • T と R または T1 と R1 をクロスさせることも可能です。

トラブルシューティングのその他のヒント

  • ルータあるいは PBX の他の(正常だと分かっている)同様のポートを試します。

  • バットセットを使用して、音声パスの両端で(同時に)通話の進行状態を傍受します。

  • どちらかの端でアクティブな信号の 1 つをクリップし、信号をスプーフします。これに対して装置から予想される反応があるかどうかを調べます。接地されている E により、PBX では着信コールがトランク側から届いたように判断され、ダイヤル トーンが返されます(そのように条件設定されている場合)。

  • PBX からの内線を使用してトランクを調べ、PBX が自身の M 線にバッテリ給電して、起動を信号で通知するかどうかを確認します。



タイプ 2 インターフェイスのトラブルシューティング

(トランク回線側として設定された)PBX からの 4 線式のタイプ II インターフェイスには、次のような特性があります。

  • E 線の検出器は、-48 V で接地された「フロート」状態。

  • SG 線は抵抗が低く、接地される。

  • M と SB の間にある M 線の接点は、オンフックでオープンになり、オフフックでクローズになる。

  • M 線はフロート状態。

  • SB 線はフロート状態。

  • T/R 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

  • T1/R1 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

PBX からのケーブル インターフェイスに準拠

疑わしい音声ケーブルをルータから引き抜き、反対側の端は PBX に繋げたままにしておき、次の処理を実行します。

  • VOM を使用して、E(ケーブルのピン 7)とシャーシの接地との間の DC 電圧を測定します。メーターは -24 v と -56 v の間を指すはずです。そうでない場合は、ケーブルのピン 7 が E 線でないと考えられます。

  • 他のピンを測定して、接地との間が -24 〜 -56 v であるものを探します。AT&T や Lucent の PBX などのデバイスには、デバッグを容易にするために、チップ/リング線に -48 v のバイアスがかけられているものがあります。電圧のかかっていないピンでは、VOM で接地との抵抗を測定します。500 Ω以下の値を示すものがあれば、それが「SG」線であると思われます。そのピンはケーブルのピン 8 です。

  • VOM を使用して、チップとリング間の抵抗(Ω)を測定します。PBX に DC ブロッキング コンデンサがない場合、抵抗値は 30 〜 120 Ωになります。コンデンサがある場合、メーターは 100 Ω前後に跳ね上がり、その後コンデンサがチャージされるに従って無限大まで上昇します。これらのいずれかの状態を満たせば、音声用のペアがあるので、後は方向を見つけ出すだけです。

  • チップ 1/リング 1 についても同様の操作を行います。チップ/リングと同様の結果になります。

  • チップ/リングにバットセットを接続します。受信している間に、E を接地します(ケーブルのピン 7)。PBX がダイヤル トーンを発生するように設定されている場合は、バットセットのイヤーピースで聞き取れるはずです。何も聞こえない場合、クロス配線されている場合があるので、他の音声のペアを試します。それでも聞こえない場合、その PBX がトランク回線上でダイヤル トーンを発生していない可能性があります。

  • T と R または T1 と R1 をクロスさせることも可能です。

  • ほとんどの場合、M/SB バックワードおよび E/SG バックワードを得ることができ、機器も引き続き動作します。

トラブルシューティングのその他のヒント

  • ルータあるいは PBX の他の(正常だと分かっている)同様のポートを試します。

  • バットセットを使用して、音声パスの両端で(同時に)通話の進行状態を傍受します。

  • どちらかの端でアクティブな信号の 1 つをクリップし、信号をスプーフします。これに対して装置から予想される反応があるかどうかを調べます。接地されている E により、PBX では着信コールがトランク側から届いたように判断され、ダイヤル トーンが返されます(そのように条件設定されている場合)。

  • PBX からの内線を使用して、トランクを調べ、M が接地されているかどうかを確認します。



タイプ 3 インターフェイスのトラブルシューティング

PBX からの 4 線式タイプ III のインターフェイスには、次のような特徴があります。

  • E 線の検出器は、-48 V で接地された「フロート」状態。

  • M 線は、オンフックの時に M と SG の間を接続し、オフフックの時は M と SB の間を接続する。

  • SG 線はフロート状態。

  • M 線はフロート状態。

  • SB 線はフロート状態。

  • T/R 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

  • T1/R1 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

PBX からのケーブル インターフェイスに準拠

疑わしい音声ケーブルをルータから引き抜き、反対側の端は PBX に繋げたままにしておき、次の処理を実行します。

  • VOM を使用して、E(ケーブルのピン 7)とシャーシの接地との間の DC 電圧を測定します。メーターは -24 v と -56 v の間を指すはずです。そうでない場合は、ピン 7 が E 線ではないと考えられます。

  • 他のピンを測定して、接地との間が -24 〜 -56 v であるものを探します。PBX の中には、デバッグしやすくするために、チップ/リング線に -48 v のバイアスをかけている(デバイスの操作を制御するために、DC 電圧をかけている)ものがあります。ピンに電圧がかかっていない場合、次の操作を行います。

    • M と SG 間でメーク接点(低い抵抗)を探します(PBX がオンフックの場合)。

    • M と SB 間でメーク接点(低い抵抗)を探します(PBX がオフフックの場合)。

  • VOM を使用して、チップとリング間の抵抗(Ω)を測定します。PBX に DC ブロッキング コンデンサがない場合、抵抗値は 30 〜 120 Ωになります。コンデンサがある場合、メーターは 100 Ω前後に跳ね上がり、その後コンデンサがチャージされるに従って無限大まで上昇します。これらのいずれかの状態を満たせば、音声用のペアがあるので、後は方向を見つけ出すだけです。

  • チップ 1/リング 1 についても同様の操作を行います。チップ/リングと同様の結果になります。

  • チップ/リングにバットセットを接続します。受信している間に、E を接地します(ケーブルのピン 7)。PBX がダイヤル トーンを発生するように設定されている場合は、バットセットのイヤーピースで聞き取れるはずです。何も聞こえない場合、クロス配線されている場合があるので、他の音声のペアを試します。それでも聞こえない場合、その PBX がトランク回線上でダイヤル トーンを発生していない可能性があります。

  • T と R または T1 と R1 をクロスさせることも可能です。

トラブルシューティングのその他のヒント

  • ルータあるいは PBX の他の(正常だと分かっている)同様のポートを試します。

  • バットセットを使用して、音声パスの両端で(同時に)通話の進行状態を傍受します。

  • どちらかの端でアクティブな信号の 1 つをクリップし、信号をスプーフします。これに対して装置から予想される反応があるかどうかを調べます。接地されている E により、PBX では着信コールがトランク側から届いたように判断され、ダイヤル トーンが返されます(そのように条件設定されている場合)。

  • PBX からの内線を使用してトランクを調べ、M(ケーブルのピン 2)が SB(ケーブルのピン 1)に接続されているかどうかを確認します。



タイプ 5 インターフェイスのトラブルシューティング

PBX からの 4 線式タイプ V のインターフェイスには、次のような特徴があります。

  • E 線の検出器は、-48 V で接地された「フロート」状態。

  • 接地との間にある M 線の接点は、オンフックでオープンされ、オフフックでクローズされる。

  • T/R 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

  • T1/R1 間は約 30 〜 150 Ω、2.2 uF の容量で直列接続する場合もあり。

PBX からのケーブル インターフェイスに準拠

疑わしい音声ケーブルをルータから引き抜き、反対側の端は PBX に繋げたままにしておき、次の処理を実行します。

  • VOM を使用して、E(ケーブルのピン 7)とシャーシの接地との間の DC 電圧を測定します。メーターは -24 v と -56 v の間を指すはずです。そうでない場合は、ケーブルのピン 7 が E 線でないと考えられます。

  • VOM を使用して、チップとリング間の抵抗(Ω)を測定します。PBX に DC ブロッキング コンデンサがない場合、抵抗値は 30 〜 120 Ωになります。コンデンサがある場合、メーターは 100 Ω前後に跳ね上がり、その後コンデンサがチャージされるに従って無限大まで上昇します。これらのいずれかの状態を満たせば、音声用のペアがあるので、後は方向を見つけ出すだけです。

  • チップ 1/リング 1 についても同様の操作を行います。チップ/リングと同様の結果になります。

  • チップ/リングにバットセットを接続します。受信している間に、E を接地します(ケーブルのピン 7)。PBX がダイヤル トーンを発生するように設定されている場合は、バットセットのイヤーピースで聞き取れるはずです。何も聞こえない場合、クロス配線されている場合があるので、他の音声のペアを試します。それでも聞こえない場合、その PBX がトランク回線上でダイヤル トーンを発生していない可能性があります。

  • T と R または T1 と R1 をクロスさせることも可能です。

トラブルシューティングのその他のヒント

  • ルータあるいは PBX の他の同様のポートを試します。

  • バットセットを使用して、音声パスの両端で(同時に)通話の進行状態を傍受します。

  • どちらかの端でアクティブな信号の 1 つをクリップし、信号をスプーフします。これに対して装置から予想される反応があるかどうかを調べます。接地されている E により、PBX では着信コールがトランク側から届いたように判断され、ダイヤル トーンが返されます(そのように条件設定されている場合)。

  • PBX からの内線を使用して、トランクを調べ、M(ケーブルのピン 2)が接地されているかどうかを確認します。




関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報




Document ID: 8111