セキュリティ : Cisco Security Manager

CSM: 非参照アクセス リストの保持方法

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に Cisco Security Manager (CSM)でによって他の CLI コマンド、配置内のアクセスグループのような、使用しない unreferenced access-list を保存する方法を記述されています。

前提条件

要件

この資料は CSM がインストールされている仮定し、ときちんとはたらきます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CSM 3.0.1 およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

CSM では、問題は他の CLI コマンドによって、配置内のアクセスグループのような、使用しない access-list を保存する方法をです。

例は PIX 設定にアクセスグループの一部の access-list がある場合です。 CSM が PIX を管理し始めるとき CSM はそれらの access-list をデフォルトで削除する必要があります。

解決策

問題を解決するためにこのソリューションを使用して下さい。

  1. CSM クライアントで、> Security マネージャ管理 > 配備を『Tools』 を選択 して下さい; デバイスの unreferenced access-list を注意して下さい(デフォルトで有効に なる)取除くためにチェックボックスにのための。

  2. このオプションのチェックを外して下さい。

    CSMreferenceacl-1.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 99723