音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Domino Unified Communications Services(DUCS)のエラー メッセージ(Cisco Unity)-「The Domino Unified Communications Client must be installed」

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Lotus Domino 統合された通信 サービス(DUCS)クライアントは Lotus Notes Domino サーバ、クライアントおよび Cisco Unity 4.0 間の適切な音声通信を有効に するのに使用する Cisco Unity 特定のクライアントです。

この資料はエラーメッセージのための回避策をインストールする必要がある、「クライアントが Domino Unified Communication 記述したもので試みると」ユーザが Lotus Notes を通してプレイバックにメッセージを現われます。

また、Cisco Unity 7.0 エラーを参照して下さい: "8004010f /web/common/include/saconstinc.asp、- IBM Lotus Domino によって統合 Cisco Unity 7.0(2) の同じような問題のトラブルシューティングための 122"

前提条件

要件

Cisco は Domino のための Cisco Unity 4.x のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Domino のための Cisco Unity 4.0 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Domino Unified Communication クライアントはインストールする必要があります

ユーザが新しい音声メールを受け取るとき、Lotus Notes にメッセージが現れます。 ただし、ユーザが Lotus Notes を通してプレイバックにメッセージを試みるとき、ダイアログボックスはこのエラーメッセージを表示する: 「Domino Unified Communication クライアント インストールする必要があります」。は この動作はユーザが PC で DUCS クライアントをインストールするとき観察されます。

解決策

csClient 音声メールと相互に作用していることを Lotus Notes が可能にする DUCS のクライアント部分はです。 csClient インストールするプロセスはこれらのステップが含まれています:

  1. クライアントが動作することができるのにように必要とされるファイルのインストール(DLL 等)。

  2. 無骨者メモが開始する場合の、DUCS コンポーネントをロードするようにユーザの notes.ini ファイルへの複数の行の付加。

インストールがマルチユーザー モードにインストールされるメモがある PC で行われるときステップ 1 は普通起こります。 ステップ 2 はシステムの一般的 な notes.ini ファイルで機能します。 このファイルは Documentsand 設定\すべてのユーザ フォルダにあり、DUCS の為に、実際に使用されません。 従って、ユーザが DUCS を開始し、音声メール メッセージにアクセスすることを試みるとき DUCS はきちんとはたらく可能性はほとんどありません。

この問題のための回避策が各ユーザの notes.ini ファイルへ(Documentsand 設定\ <Username> にある DUCS によって必要な行を追加することです。

DUCS によって必要な行は次のとおりです:

  • ExtMgr_Addins=ucclient

  • UCVersion=1.2.3

  • UCLogLevel=1

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 99424