音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Callmanager 5.x: SIP を使った PSTN 転送コールでリング バックを受信しない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 10 月 30 日) | フィードバック


目次


概要

Session Initiation Protocol (SIP) コールが Cisco IOS を通した Public Switched Telephony Network (PSTN)によって転送されるときこの資料にリング バック トーンの不在を解決する方法を記述されていますか。 Skinny Client Control Protocol (SCCP) IP Phone へのゲートウェイ。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified 通信マネージャ(Cisco Unified CallManager) 5.x

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified 通信マネージャ 5.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

SCCP に関しては始められたブラインド転送は、Cisco Unified CallManager コールが既に接続されていた後トーンかリングバックを生成する必要があります。 すなわち、Cisco Unified CallManager はブラインド転送にメディア発表を提供します。 SCCP IP Phone 割り当てから始められるブラインド転送はオリジナルに戻って、接続された SIP デバイス ユーザ鳴ります。 リングバックを達成するために、Cisco Unified CallManager は頻繁にメディア Transfer Protocol (MTP)デバイスによってあるアナンシエーター ソフトウェア デバイスを使用します。

問題

リング バック トーンは PSTN からの SIP トランク SCCP IP Phone へのによるコールのために別の宛先に転送するとき聞かれません。

解決策

この問題を解決するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. コールが起きる特定の SIP トランクの Media Resource Group リスト(MRGL)にアナンシエーターを追加して下さい。

  2. MRGL をリセットして下さい。

アナンシエーターは SIP リングバックのために使用されます。 SIP トランクはアナンシエーターが含まれている、またはアナンシエーターはデフォルト リストにある必要があります MRGL がある必要があります。

Cisco Unified CallManager 使用 SCCP メッセージ アナンシエーターとデバイス間のリアルタイムトランスポートプロトコル (RTP) ストリーム接続を確立するため。 アナンシエーターはこれらの状態をサポートするために発表かトーンを再生します:

  • リング バック トーン— Cisco IOSゲートウェイを通して PSTN 上のコールを転送する時。 アナンシエーターはコールがアクティブなときゲートウェイがトーンを再生できないのでトーンを再生します。

  • リング バック トーン— H.323 クラスタ間トランク上の呼び出しを転送する時

  • リング バック トーン—転送するとき SCCP からの SIP クライアントへの呼び出しは電話をかけます

  • 発表— Cisco 多重レベル優位 プリエンプションのために設定されるデバイス

  • はしけトーン—参加要素の前にアドホック会議に加入します

アナンシエーターについてのより多くの詳細に関してはアナンシエーターを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 99341