コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

ICM セットアップ中に CrashDumpEnabled の値がゼロに設定される

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

設定される Cisco Intelligent Contact Management (ICM)がメディアか\ icm \ビン\ディレクトリから動作するとき、システム\ CurrentControlSet \コントロール\ CrashControl は\ CrashDumpEnabled 0 に登録値 設定 されます。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco ICM/Cisco によって統一されるコンタクトセンター(IPCC)セットアップ 手順は 0システム\ CurrentControlSet \コントロール\ CrashControl \ CrashDumpEnabled の登録値を設定 します。

解決策

問題を解決するためにこのソリューションを使用して下さい。

CrashDumpEnabled 登録値はに常に自動的に ICM ノードが実動 モードに置かれるとき設定 されます(Cisco ICM セットアッププロセスによる 0)値。 これはハード ドライブを一杯にする非常に大きい memory.dmp ファイルの作成を避けるためにされます。

沢山のハード ドライブ領域があり、それの 2 GB を失うことをできることができるまたはメモリの GBs のどんな量がそのサーバであることに感じれば、CrashDumpEnabled を手動で再び有効にすることができる。 そうするために、1.に値を設定 して下さい ただし、ICM セットアップがそのノードで動作し、実動 モードに再度置かれる時はいつでも、値は 0 に再度設定し直されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 99340