音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CAR ログイン障害のトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ユーザが CDR Analysis and Reporting(CAR)ツールへログインしようとしたときに表示されるさまざまなエラー メッセージを解決する方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Communications Manager (CallManager) 4.x

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager (CallManager) 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: [LDAP アクセス エラー。 連絡先システム アドミニストレータ。]

Cisco Unified Communications Manager(CallManager)は Active Directory (AD)と統合。 ユーザは CAR およびエラーメッセージ[LDAP アクセス エラーにログイン することができません。 連絡先システム アドミニストレータ。]ディスプレイ。

解決策

CAR 3.x またはそれ以前 バージョンを使用するとき現れるこのエラーメッセージが可能性が高いです。 このエラーメッセージは c:\CiscoWeb\art\art.ini エントリがまだ古い Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) 構成情報を指すことを示します。

このエラーメッセージを克服するために、ART データベースを削除し、CAR プラグインを再インストールして下さい。

また代替としてこの方式を試行できます:

パブリッシャで、C:\DCDSrvr ディレクトリ パスを選択して下さい。 DirectoryConfiguration.ini と名付けられるファイルがあります。 このファイルは LDAP 情報が含まれています。 Active Directory (AD)が Data Connection (DC) ディレクトリの代りに使用されるので、ファイル内容は正しいディレクトリ アクセス情報と空または更新済である場合もあります。 ファイルが空である場合 DirectoryConfiguration.inifile を読み込むことを試みて下さい。

アクティブディレクトリ統合 環境では、ファイル内容はこの出力に示すように現われる必要があります:

[ldap]
ldapURL=ldap://10.30.1.30:389
dn=cn=Administrator, cn=Users, dc=unitydomain3,dc=cisco,dc=com
passwd=1c021e082d071d08
ciscoBase=ou=Cisco, dc=unitydomain3,dc=cisco,dc=com
dirType=ADS
dirAccess=false
useSSL=false

ファイル内容が示されているように現われない場合必要な修正を行って下さい。

C:\dcdsrvr\Config\UMDirectoryConfiguration.ini を開き、UseSSL=false を確認して下さい。

Windows サービスからの IIS、WWW 送達、Cisco Tomcat および Cisco CAR サービス再起動して下さい。

この問題はまた CallManager ハード ドライブが完全なとき発生する場合があります。 これが事実である場合、ハードディスク クリーンアップは LDAP 問題処理します。

これらの回避策が問題を解決しない場合、AD プラグインを再インストールして下さい。

エラー: DCD090000000: プロファイル「既定値 の プロファイル」に設定される Admin ノード DN がないのでログオンと続くことができません

ユーザは CAR にログイン することができこのエラーメッセージが現れます:

DCD090000000:
Cannot continue with log-on because Profile "Default Profile" has no Admin Node DN
configured.

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Start > Programs > DC Directory Administrator に行って下さい。

  2. 最初の画面は既定値 の プロファイルを示します。 Change ボタンをクリックし、既定値 の プロファイル Properties に行って下さい。

  3. 次の通り情報に丁度記入して下さい:

    Profile Name: Default Profile
    Admin Node DN: /O=cisco.com
    Current User DN: /O=cisco.com/CN=Directory Manager
    Primary Login Server:
    
  4. > 良く > 密接『Apply』 をクリック して下さい。 この場合、ユーザネーム「ディレクトリ マネージャ」および DCD パスワードを用いる DC Directory 管理者にログイン することができます。

エラー: 要求されたリソース(/art/Logon.jsp)は利用できません

Cisco Unified CallManager の Tools メニューから『CDR Analysis and Reporting』 を選択 するとき、このエラーメッセージが現れます:

HTTP Status 404 - /art/Logon.jsp
type Status report
message /art/Logon.jsp
description The requested resource (/art/Logon.jsp) is not available.

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. CCMServiceRW を管理グループに追加し、次に c:\dcdsvr\log の下でセキュリティ設定をチェックして下さい。 このユーザは読み取り アクセスだけある場合、ユーザに書きます問題を解決するために機能を割り当てる必要があります。

  2. Tomcat、IIS および DC Directory サービスを再開して下さい。

エラー: 要求されたリソース(/car/j_security_check)は利用できません

CUCM 7.x の Tools メニューから『CDR Analysis and Reporting』 を選択 するとき、このエラーメッセージが現れます:

HTTP Status 404 - /car/j_security_check
type Status report
message /car/j_security_check
description The requested resource (/car/j_security_check) is not available.

解決策

CUCM 7.x では、CAR にログオンするためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unified サービサビリティに行き、Tools > CDR Analysis and Reporting の順に選択 して下さい。

  2. Webブラウザから、https://x.x.x.x:8443/car を入力して下さい。

  3. CAR ログオン ウィンドウが表示された後、User Name フィールドユーザ ID を入力して下さい。

  4. Password フィールドにパスワードを入力します。

  5. [Login]をクリックします。


関連情報


Document ID: 98618