音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

DAT から WAV へのボイスメール拡張の変換

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に WAV 拡張に音声メールの DAT 拡張を変換する方法を説明されています。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unity および Microsoft Exchange のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity および Microsoft Exchange に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

音声メールは WAV 拡張の代りに DAT 拡張と送信されます。

解決策

DAT 添付ファイルは Exchange Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)設定の製品です。 Microsoft に転送する中立カプセル化フォーマット(TNEF)と呼ばれる独自の符号化 方式があります。 何人かのクライアントだけ Outlook および Hotmail のようなそれを、サポートできますがが他のほとんどのクライアントはできません。 これには Outlook Express が含まれています。

クライアントが使用される符号化 方式をサポートしない場合添付ファイルは DAT として現われます。 すべてのクライアントを渡る Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME)を使用するために Exchange を強制する場合すべては WAV として現われます。

インターネット サブスクライバに関しては

インターネット サブスクライバのための WAV 拡張に音声メール DAT 拡張を変換するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Active Directory Users and Computers を開き、この動作から影響を受ける特定のインターネット サブスクライバを探して下さい。 Active Directory (AD)は連絡先としてそれを示します。

  2. それを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  3. Eメールアドレス タブをクリックして下さい。

  4. SMTP アドレスをクリックし、『Edit』 をクリック して下さい。

  5. Advanced タブをクリックし、この受信者のために設定 する 上書きする Internet Mail Service を有効に して下さい。 メッセージフォーマット MIME は選択されます。

  6. 、変更を保存すること良い『Apply』 をクリック すれば。

に関しては非インターネット サブスクライバ(規則的なサブスクライバ)

規則的なサブスクライバのための WAV 拡張に音声メール DAT 拡張を変換するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Active Directory Users and Computers を開き、この動作から影響を受ける特定のインターネット サブスクライバを探して下さい。 AD は連絡先としてそれを示します。

  2. それを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  3. 進む Exchange を選択しプロトコル 設定 ボタンをクリックして下さい。 Next ウィンドウで、Next ウィンドウの IMAP4 プロトコルを、MIME 形式を有効に するためにチェックを外します使用 プロトコル Defaults チェックボックスの選択すれば。

    注: HTML および平文を両方選択して下さいそうすれば利用可能 な 2 つのオプションがあることができます。

  4. 『OK, OK』 をクリック し、適用し、承諾して下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 98159