音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

会議がスケジュールされると、データベース エラーが発生して Cisco Conference Connection(CCC)がハングする

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Conference Connection がこの Database エラーとハングするとき対応策を説明したものです:

[Microsoft][ODBC SQL Server
   Driver][SQL Server]Could not allocate space for object 
   'PastConferenceTable' in database 'DCMS' because the 
   'PRIMARY' filegroup is full.!
	 

前提条件

要件

Cisco は Cisco Conference Connection (CCC)のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Conference Connection バージョン 1.2.2 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

ユーザは 14 日以上会議(23-24 時間期間)をそのリピート スケジュールするために Cisco Conference Connection (CCC)を使用できません。 ユーザが会議をスケジュールするとき、Web ページは 1 つの(1)時間以降にハングし、時間を計ります。 ユーザは HTTP セッションを閉じ、別のブラウザウィンドウを開く必要があります。 時々、システムは CCC を使用するために再始動する必要があります。

CCC は(アプリケーション イベントログに現われる)とこの Database エラー ハングします:

Event Type: Error
Event Source: MSSQLServer
Event Category: (2)
Event ID: 17052
Date: 3/2/2004
Time: 11:17:45 AM
User: N/A
Computer: USCITVC10
Description:
The description for Event ID ( 17052 ) in Source ( MSSQLServer ) 
   cannot be found. The local computer may not have the necessary 
   registry information or message DLL files to display messages 
   from a remote computer. The following information is part of 
   the event: Error: 1105, Severity: 17, State: 2 
Could not allocate space for object 'UsedResourceTable_1' in 
   database 'DCMS' because the 'PRIMARY' filegroup is full..

解決策

この問題は夏時間(DST)カットオーバを交差させる会議によって多分引き起こされます。 たとえば、DST カットオーバが 4月4日日曜日 2004 の 2am にあれば、その時間の間スケジュールされるどの会議でもこの問題を示します。

この問題は 24 時間会議とそれらが夜(通常カットオーバ時間)にリソースをスケジュールしがちであるので大抵見られます。 カットオーバがないとき、規則的な会議およびシリーズ会議は通常昼間でスケジュールされます。 この問題はデータ会議会議サーバ(DCMS)データベースが完全であると発生します。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. コマンド プロンプト(DOSウィンドウ)を開いて下さい。

  2. プロンプトで、cd c:\MSSQL7\Binn osql を- w 2000 - E - Q 「sp_helpdb DCMS」- o out.txt 入力して下さい。

  3. ある特定の値がの maxsize チェックし、次に無制限にデータベース サイズ増加を設定 して下さいことをプライマリ ファイル グループが示すかどうか。

    データベース サイズ増加を無制限に設定 するために、これらのステップを完了して下さい:

    1. CCC データベースに接続するのに構造化照会言語 (SQL) Enterprise Manager を(Cisco CallManager サーバでインストールされる)使用して下さい。

      Enterprise Manager を開始するために、『Start』 をクリック し、次に > Microsoft SQL Server > Enterprise マネージャ『Programs』 を選択 して下さい。

      ccc1.gif

    2. SQL サーバ グループを右クリックし、『New SQL Server Registration』 を選択 して下さい。

      ccc2.gif

    3. CCC サーバの名前を入力し、『Add』 をクリック し、それから『Next』 をクリック して下さい。

    4. 認証を選択して下さい。

    5. 存在するグループに『Add』 をクリック し、『Next』 をクリック し、それから『Finish』 をクリック して下さい。

    6. 接続がなされた後、リストのデータベースエントリを拡張して下さい。 DCMS と指名されるデータベースは現われます。

    7. DCMS を右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

      これら二つのオプションはこのプロパティの下で現われます: 制限されていないファイル拡張および制限するファイル拡張(数値的な MB 制限と)

    8. Properties ウィンドウで、データファイル タブをクリックして下さい。 右下で、Maximum 指名されるプロパティはファイルサイズ現われます。

    9. 制限されていないファイル拡張を選択し、『OK』 をクリック して下さい。

注:  このプロシージャの後で CCC または SQL サービスを再開するために必要となりません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 98156