音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Unity Express ボイスメールの転送動作

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unity Express で正常に音声メール(VM)メッセージを残した後ユーザが直面する可能性が高いいくつかの問題を説明したものです。 この資料はまたユーザの後で Cisco Unity Express の転送動作を正常に残します VM メッセージを説明したものです。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unity Express のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity Express のこれらのバージョンに基づいています:

  • 2.1

  • 2.2

  • 2.3

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題 1 -呼び出しは受信に転送します

Cisco Unity Express では、音声メールメッセージが残された後、発信者は受付係/オペレータに転送されます。

シナリオ

  1. 呼び出し B。

  2. B は応答せず。

  3. リーフ Cisco Unity Express メールボックスの音声メールメッセージ。

  4. より多くのオプションのためのポンド(#)キーを押します。

    注: ユーザに標準(1)または最高(2)優先順位のメッセージを送信 する選択があります。

  5. A は高優先順位としてメッセージにフラグを付けることにし、『2』 を押します。

  6. A は言う記録を、感謝します、メッセージ 送信 されました聞きます。 コールが転送される間、待って下さい

  7. コールはオペレータ/受付係に tranferred。

ソリューション 1 - AutoAttendant への転送

受付係に/オペレータの代りに VM メッセージを残した後発信者を AutoAttendant に転送されるために設定することは可能性のあるです。 このためには、次の手順を実行します。

  1. http:// < Unity Express>/web の IP アドレスで Cisco Unity Express GUI ページに行って下さい。

  2. 示されているように AutoAttendant番号に音声メール > CallHandling > 音声メール オペレータ数、変更して下さい。

  3. [Apply] をクリックします。

    cue-vm-transfer-behavior-1.gif

    cue-vm-transfer-behavior-2.gif

    この設定は AutoAttendant メインメニューに VM メッセージを残した後発信者を戻します。

ソリューション 2 -メッセージの後の接続解除 コールは残っています

場合によっては音声 メッセージが残された後、オペレータ/受付係に、よりもむしろ転送します発信者を発信者を切りたいと思います。

Cisco Unity Express 2.1 および 2.2

いくつかの Cisco Unity Express の以前のバージョンは、2.1 および 2.2 のような、特別に発信者を転送するように設計されています。 これは発信者が切断なしでシステムでそれ以上の呼び出しを作ることを可能にします。 設計に基づいて、発信者はオペレータ/受付係に VM メッセージを残した、メッセージの優先順位を選択する後常に転送されます。 彼らは Cisco Unity Express 2.1 および 2.2 で切るために設定することができません。

ただし、発信者にオペレータに転送されてほしくなければソリューション 1.に記述されているように AutoAttendant メインメニューに発信者を、転送できます

Cisco Unity Express 2.3 および それ以降

Cisco Unity Express 2.3 および それ以降では切られるべき発信者を音声メールを残した、緊急ようにメッセージにフラグを付ける後有効に するために、設計は修正されます。 これをするために、ヌル音声メール オペレータ数(ブランク ストリング)を設定して下さい。

次の手順を実行します。

  1. http:// < Unity Express>/web の IP アドレスで Cisco Unity Express GUI ページに行って下さい。

  2. 音声メール > 通話処理の下で、音声メール オペレータ数としてヌルストリングを入力して下さい。

また音声メール オペレータ電話 xxxx コマンドで CLI からこれをすることができません。

問題 2 -呼び出しは間違った宛先に転送します

Cisco Unity Express では、音声メールメッセージが残された後、発信者は不正確な宛先に転送されます。 この問題は Cisco Unity Express 2.1.3 で発生します。

シナリオ

  1. 呼び出し B。

  2. B は応答せず。

  3. リーフ Cisco Unity Express 2.1.3 メールボックスの音声メールメッセージ。

  4. より多くのオプションのためのポンド(#)キーを押します。

    注: ユーザに標準(1)または最高(2)優先順位のメッセージを送信 する選択があります。

  5. A は高優先順位としてメッセージにフラグを付けることにし、『2』 を押します。

  6. A は言う記録を、感謝します、メッセージ 送信 されました聞きます。コールが転送される間、待って下さい

    この場合、Cisco Unity Express は既に AutoAttendant番号に発信者を転送するために見ますソリューション 1.を設定されています

    しかし A は AutoAttendant に転送されません、その代り A はちょうど音声メールメッセージを残される A メールボックスの下で設定される zerooutnumber に転送されます。

これは Cisco Unity Express 2.1.3 の予期された動作です。

zerooutnumber は発信者がメールボックスにあり、0 を押すとき、発信者がメールボックスで設定される zerooutnumber に転送されるように特別に設計されています。

注: zerooutnumber は各メールボックスのために設定されます

音声メール オペレータ数は発信者が音声メールを残し、メッセージの優先順位を選択するとき、発信者が音声メール > 通話処理 > 音声メール オペレータの下でグローバルに設定される数に転送されるように設計されています。

しかし、Cisco Unity Express 2.1.3 で、それらが音声メールの優先順位を設定 した後すべての発信者、かどうかそれらメールボックスの zeroout (0)押すか、または転送されます(『1』 を押せば 2)、zerooutnumber に転送されます。

この問題は Cisco Unity Express 2.3.1 で解決されます。

ソリューション- Zerooutnumber を変更して下さい

Cisco Unity Express 2.1.3 のこの問題を解決するために、音声 メールボックスの下で zerooutnumber としてに(AA 数この場合)行きたいと思う数を設定して下さい。 同じ設定はまた Cisco Unity Express GUI によって行うことができます。

次の手順を実行します。

  1. Voicemail > Mailboxes の順に進んで下さい。

  2. メールボックスを選択して下さい。

  3. 示されているようにゼロ(オペレータ 支援)フィールドを、入力して下さい。

    /image/gif/paws/97825/cue-vm-transfer-behavior-3.gif

    cue-vm-transfer-behavior-4.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 97825