コラボレーション エンドポイント : Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ

Cisco Unified Communications Manager 5.x/6.x/7.x -「My Fast Dial」および「Personal Address Book」の問題のトラブルシューティング

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 10 月 30 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は 2 つの IP Phone 機能が、ファースト個人的な住所録ダイヤルすると、使用する発生する Cisco Unified Communications Manager 5.x/6.x/7.x とよくある問題を提起し。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco 通信マネージャ 5.x/6.x/7.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

HTTP エラー [404]

Cisco コミュニケーション マネージャが 4.x から 5.x へアップグレードされた後、ファーストはダイヤルし、個人的な住所録 サービスははたらき損い HTTP エラー [404] エラーは IP Phone 画面で現われます。

解決策

この問題は Cisco 通信マネージャ 5.x の設計変更が原因です。 Cisco 通信マネージャ 4.2 前に、個人的な住所録(PAB)およびファースト ダイヤルは一組の Webページ、IP Phone Web サービス、ActiveX オブジェクトおよびライブラリで構成されました。 Cisco Unified CallManager 5.0 では、IP Phone Web サービスは Active Server Pages から JavaServer ページに変換されました。

Cisco Unified Communications Manager 5.x では、個人的な住所録およびファースト ダイヤルは Unified Communication マネージャに統合。

以前のリリースでは、パーソナルディレクトリはずっと定期講読された IP電話サービスです。 すなわち、管理者はユーザ サブスクリプション前にパーソナルディレクトリ IP電話サービスを提供しなければなりませんでした。 Cisco Unified Communications Manager 5.x に関しては、パーソナルディレクトリはもはやサブスクリプション サービスではないです。 これは管理者のための必要をサービスを提供する省きます。

  1. 現われるためにパーソナルディレクトリのための Directories アイコンをクリックして下さい。

  2. ファースト ダイヤルおよび個人的な住所録はパーソナルディレクトリ セクションに今あります。

  3. > パーソナルディレクトリ > IP Phone のログイン 『Directories』 を選択 し、USERID および PIN を使用して下さい。

  4. ファースト ダイヤルおよび PAB は現われます。

注: 前の手順が問題を解決しなかった場合、サーバの Cisco Tomcat Service を再開して下さい。

ログアウトすることが不可能な PAB およびファースト ダイヤル

新規 ユーザが電話の Extention モビリティ(EM)にログイン するとき個人的な住所録(PAB)およびファースト ダイヤルはログアウト。 次にその電話の EM に電話の PAB およびファースト ダイヤルおよび別のユーザログにログイン する場合、オリジナル ユーザからの PAB およびファースト ダイヤルはログオンされて残ります。

解決策

ユーザデバイスプロファイル(UDP)を得るために EM をログインするために > パーソナルディレクトリ > ログイン PAB およびファースト ダイヤルにログインするために『Directories』 を選択 しなければなりません。 EM からログオフしたのに EM からのログアウト、> PAB からのパーソナルディレクトリ再度ログアウト 『Directories』 を選択 する必要があればおよびファースト ダイヤルさもないと PAB およびファースト ダイヤルが電話でそれでもアクティブなら。 詳細については Cisco バグ ID CSCsi98094登録ユーザのみ)を参照して下さい。

エラー: ボタン ディレクトリを二度押して下さい

パーソナルディレクトリにアクセスすることを試みるとき押しボタン ディレクトリ二度エラーメッセージが現れます。

解決策

この問題のための修正は Cisco バグ ID CSCsl95467登録ユーザのみ)によって文書化されています

ファーストを CCMUser Web ページから変更することが不可能ダイヤルします

ユーザは CCMUser Web ページからファースト ダイヤルを変更することができません。

解決策

この問題を解決するために、エンタープライズ パラメータを示します本当速度ダイヤルを設定 して下さい。

Services ボタンからパーソナルディレクトリにアクセスすることが不可能

CIPC では、ユーザは Directories ボタンを通してしかしない Services ボタンを通してパーソナルディレクトリにアクセスできます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. > デバイス設定 > 電話サービス 『Device』 を選択 して下さい。 サービスでは URL はこの URL にパーソナルディレクトリで、設定 しましたそれをファイルしました:

    http://ipaddress:8080/ccmpd/pdCheckLogin.do?name=#DEVICENAME#&service=pab

    注: サーバの IP アドレスと IP アドレスを取り替えて下さい。

  2. 標準 IP電話サービスにサービス タイプを設定 して下さい。

  3. 変更を保存し、サブスクリプションをアップデートして下さい

  4. CIPC を再起動して下さい。

電話のパーソナルディレクトリを使用して下さい

ファースト ダイヤル

ファースト ダイヤルはこの URL のサービスです: http://servername-or-ipaddr:8080/ccmpd/login.do か。 ピンが覆われたコンテンツで設定されるところ name=#DEVICENAME#&service=fd および大文字/小文字の区別があるパラメータ USERID およびピン

電話で設定されるカスタム Phone ボタン テンプレートのパーソナルディレクトリ ディレクトリー・サービスにリンクされる line ボタンを押す場合、パーソナルディレクトリを通してファースト ダイヤルにアクセスできます。 パーソナルディレクトリ 機能セットは個人的な住所録(PAB)およびファースト ダイヤルが含まれています。

新しい高速ダイヤル コードを追加するためにステップを完了して下さい。

  1. IP Phone の Directories ボタンで押して下さい。

  2. パーソナルディレクトリを > 個人的なファースト ダイヤル選択して下さい。

  3. 高速ダイヤルを押して下さい。

  4. 未指定である強調表示し、『SELECT』 を押して下さい高速ダイヤル コードを。

  5. 押しは割り当てます

  6. 電話番号を入力して下さい。

  7. 『Update』 を押して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 97344