音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

IP Phone エラー メッセージ: 「Error Pass Limit」

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、次の IP フォンのエラー メッセージと、そのトラブルシューティングに必要な手順を示します。

Error pass limit

前提条件

要件

Cisco は Cisco 通信マネージャおよび Cisco IP 電話のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Communications Manager 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

ユーザは呼び出しを IP Phone から作り、エラー パス制限エラーメッセージを受け取ることができません。

この問題は行の呼び出しの最大数に達するか、またはユーザが電話のライン設定の呼び出しおよび Busy Trigger の最大数を受け取るとき発生する場合があります。

最大デバイスの行のための 200 の呼び出しを設定できます。 制限要因はデバイスで設定される呼び出しの総数です。 1 つの回線のコール数を設定すると、別の回線で使用できるコール数が減少します。 デフォルトは 4 つを規定 します。 電話が各行のための複数のコールを可能にしない場合、デフォルトは 2 つを規定 します。

Busy Trigger は呼び出しおよび Call Forward Busy の最大数と共にはたらく行で示されるべき呼び出しの最大数を判別します。 呼び出しの最大数が 50 のために設定 される、および Busy Trigger が 40 に設定 されれば場合、Call Forward Busy が設定 される場合)着信コール 41 は使用中原因と拒否され、(転送されます。 この行が共有される場合、すべての行は着信コールが拒否される前に使用中である必要があります。

解決策 1

このエラー メッセージを解決するには、次の手順を実行してください:

  1. Cisco CallManager Admin ページで、> コールまたは Busy Trigger の最大数 Device > Phone の順に選択 して下さい。

  2. このエラーメッセージが表示した IP Phone を再構成して下さい。

  3. 共用 ラインの数増加して下さい(または同じ行に来る呼び出しの数)に従って IP Phone ラインコンフィギュレーションの呼び出しおよび Busy Trigger の最大数の値を。

    たとえば 6 つの行があるので、7960 IP Phone の 5 に Busy Trigger を設定できます。 1 つの行は他の行がすべて使用中のとき会議かアウトバウンドコールのために自由保存される場合があります。

解決策 2

この問題はまた未指定ディレクトリ番号(DN)が原因で起こる場合があります。 問題を解決するために、CallManager 4.x で説明されているように未指定 DN を削除して下さい: 未指定ディレクトリ番号 設定例 資料を削除して下さい


関連情報


Document ID: 97238