コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco CRS サーバにログインしようとしたときに、SQLUtility セットアップが無期限に実行される

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)の後でサーバはハイアベイラビリティ クラスタで、SQLUtility インストールプロセス実行不明確にインストールされています。 クラスタのどちらかの CRS サーバにログインに試みる時はいつでも、SQLUtility のためのインストールプロセスは開始されます。 プロセスを完了すれば、インストールはプロセスを取り消すまで再度始まります。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Contact Center Express

  • SQL 2000

  • Active Directory (AD)

  • DC Directory 管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Contact Center Express 4.0(x)

    注: この問題は Cisco Unified Contact Center Express だけ 4.0(x) に適当です; それは Cisco Unified Contact Center Express 4.5 へ適用されないおよびより高いです。

  • SQL 2000

注: この問題は IP IVR か IP QM へ適用されないです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unified Contact Center Express 4.x サーバがハイアベイラビリティ クラスタでインストールされていた後、SQLUtility インストールプロセスは不明確に動作します。 この問題は Cisco バグ ID CSCsc72942登録ユーザのみ)によって文書化されています。

CRS とまたは展開サーバで共存ハイアベイラビリティ クラスタに SQL 2000 を、インストールすれば第 2 サーバで SQL 2000 をインストールする前にインストールされる SQL 2000 がおよびデータストア コンポーネントをアクティブにするためにある最初のサーバのサーバセットアップを完了して下さい。 このプロシージャに従わない場合、SQLUtility プログラムは繰り返し動作します。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. クラスタから第 2 データベースサーバを削除するために Appadmin コントロール センターからサーバを『Remove』 を選択 して下さい。

  2. 最初の CRS サーバの SQLUtility インストールを完了して下さい。

  3. クラスタにそのノードを追加するために第 2 データベースサーバの CRS インストーラを実行して下さい。

  4. 第 2 データベースサーバのサーバセットアップを実行して下さい。

Problem セクションに記述されているように CRS サーバセットアップを完了しなかった場合、このプロシージャは DC Directory 環境のこの問題を解決し、第 2 ノードの CRS を再インストールするように要求しません。

注: このプロシージャはアクティブ ディレクトリ 総合 システムのための適用されないです。

  1. ou=clusters に第 2 CRS データストア サーバの LDAP (AD か DC Directory)およびドリル ダウンを、ou=<profile_name>ou=Nodesou=<nodeid_secondserver>ou=<NodeSpecific>ou= コンポーネントou= <CRS リポジトリ開いて下さい

    注:  profile_name はクラスターのプロファイル名前を示します、nodeid_secondserver は第 2 CRS データストア サーバのノード ID を示し、CRS リポジトリは CRS リポジトリ データストア ストリングで構成されている LDAP フィールド名を示します。

  2. CRS リポジトリを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  3. 『Modify』 を選択 し、CRS リポジトリCRS リポジトリを名前を変更して下さい

  4. 最初の CRS ノードで SQLUtility インストールを続けて下さい。

  5. 現在のデータベースサーバの SQLUtility インストールが完了した、オリジナル名称に戻って第 2 CRS データストア サーバの LDAP Property フィールドの名前を変更して下さい: CRS リポジトリ

  6. 最初の CRS ノードの SQL データベースアップグレードが完了した後、第 2 サーバの SQLUtility を実行して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91971