コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco Response Solutions(CRS)の AppAdmin ページから RM JTAPI プロバイダーを作成できない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Customer Response Solutions(CRS)Appadmin のページから Resource Manager(RM)Java Telephony Application Programming Interface(JTAPI)プロバイダーの作成を試みると、その試みは次のエラー メッセージのいずれかで失敗します。

  • LDAP の RMJTAPI ユーザをアップデートするエラー

  • Jtapi プロバイダをアップデートしている間エラー

この問題は Active Directory (AD)と Cisco CRS を統合と発生します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

  • Active Directory

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CRS 4.x

  • Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

アクティブディレクトリ統合を使用するとき RM JTAPI プロバイダを追加することができないことの問題はこれらのシナリオでは発生する場合があります:

  • CRS 4.x サーバの RM JTAPI プロバイダを作成する時

  • 新しい CRS 4.x の RM JTAPI プロバイダを設定するときシステムをインストールして下さい

  • リストア プロセスの間に LDAP 移行ステップを実行する間、CRS 3.x システムから CRS 4.0 システムに移行する時

Cisco Unified CallManager AD プラグインが AD 管理者ユーザは持っていることを防ぐセキュリティ制約とインストールされていたらユーザ Organizational Unit (OU)に特権を、CRS できません AD の JTAPI/RM JTAPI ユーザを作成こと書いて下さい。 これによりこれらのサブシステムの設定は失敗します。 また CRS 3.x から CRS 4.0 へアップグレードするとき、移行 ウィザードは AD のこれらのユーザを作成できません。 これによりバックアップと復元システム(バー)からのリストア操作は失敗します。

解決策

AD と CRS を統合場合、すべての Cisco CallManager サーバでこのプロシージャを行う必要がありますこの問題を解決するために JTAPI プロバイダで設定される:

  1. C:\dcdsrvr\config に参照し、Notepad の UMDirectoryConfiguration.ini ファイルを開いて下さい。

    注: Notepad のファイルを開いて下さい。 他のテキストエディタのファイルを開く場合、アプリケーションはファイルを破損するかもしれません。

  2. UMDirectoryConfiguration.ini ファイルでは、UserDirAccesskey を見つけ、本当に値を変更して下さい

  3. Notepad から、ファイルを保存し、UMDirectoryConfiguration.ini ファイルを閉じるために File > Save の順に選択 して下さい。

  4. [Start] > [Run] を選択します。

  5. regedit を入力し、『OK』 をクリック して下さい。

  6. < file:// \ \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Cisco> \ \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ、レジストリ内の株式会社\ディレクトリ設定参照して下さい。

  7. 右のペインでは、DirAccess レジストリキーをダブルクリックして下さい。 レジストリエントリを削除し、新しいレジストリエントリとして本当を入力して下さい。

  8. IIS Admin サービスおよび依存サービスを再開するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. > Tools> 管理上のサービス 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

    2. IIS Admin サービスを右クリックし、次に『Restart』 を選択 して下さい。

      ダイアログボックスは依存したサービスを再開するためにプロンプト表示します。 これらのサービスは設定に基づいて異なることができます。

    3. 依存したサービスを『Yes』 をクリック し、再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91900