セキュリティ : Cisco Security Manager

Cisco Security Manager 3.0.1: ポスト サーバインストール用自己署名証明書の生成

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、サーバの信頼できるルート証明書のリストで自己署名証明書を作成する方法について説明します。

前提条件

要件

認証を作成する前に、インストール後のサーバ タスクのセクションをすぐに終了するサーバ タスクのステップ 1、2、および 3 を完了することを確かめて下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

自己署名証明書の作成

すぐに完了するサーバ タスクのステップ 4 はサーバの自己署名証明書を設定する方法を説明します。 これらのステップは方法によって自己署名証明書を通して HTTPS によって Cisco Security Manager サーバにアクセスするガイドします。

  1. セキュリティ警報 ダイアログボックスは現われ、自己署名証明書を受け入れるか、拒否するか、または検証するためにプロンプト表示します。 このダイアログボックスはサーバに接続するたびに現われます。

  2. その特定 の セッションのための自己署名証明書を受け入れるために『Yes』 をクリック して下さい。

    HTTPS によって Cisco Security Manager に接続するたびにこのプロンプトを避けるために、はいの代りに認証を『View』 をクリック して下さい。

  3. New ウィンドウはディスプレイが「に」= 「によって」発行されて発行したことに現われます。 これはそれが自己署名証明書であることを意味します。

  4. Cisco Security Manager に接続するとき自己署名証明書をインストールし、もはやプロンプト表示されるために『install certificate』 をクリック しない で下さい。

自己署名証明書のインストールはセキュリティ警報 ダイアログボックスによってプロンプトを除去します。 ルート信頼できる証明書のリストへの自己署名証明書の付加はオプションです。


関連情報


Document ID: 91881