コラボレーション : Cisco Unified Call Studio

Cisco Unified Call Studio で Decision Editor に加えられた改善

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Decision Editor に対して行われた改善について説明します。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Call Studio に、ユニバーサル版基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

症状: N/A

解決策: セッションデータが引数の型コンボ ボックスで選択されるとき、変数名 フィールドはテキスト フィールドから編集可能コンボ ボックスに変更されます。 このコンボ ボックスは既知 セッションデータをリストし、オペレーションのより多くの柔軟性および容易さを追加するユーザが New 値を入力することを可能にします。

要素のデータが引数の型コンボ ボックスで選択されるとき、変数名 フィールドはテキスト フィールドから編集可能コンボ ボックスに変更されます。 このコンボ ボックスは既知 要素 データをリストし、オペレーションのより多くの柔軟性および容易さを追加するユーザが New 値を入力することを可能にします。

発信者 アクティビティが引数の型コンボ ボックスで選択され、回数がアクティビティ型コンボ ボックスで終了状態選択されるとき、終了 State フィールドはテキスト フィールドからコンボ ボックスに変更されます。 この要素の終了状態が要素の名前コンボ ボックスで選択したコンボ ボックス リスト。 これは入力された無効 な終了状態が原因で引き起こされるエラーの可能性を減らします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91779