コラボレーション : Cisco Unified Call Studio

カスタム SayItSmart プラグイン クラスの配置場所

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 5 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、SayItSmart のカスタム プラグインのクラスを導入する必要があるディレクトリについて説明します。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Call Services(ユニバーサル版)および Cisco Unified Call Studio に、ユニバーサル版基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

症状: 開発者は Java および必要でプラグインが Cisco Unified Call Studio で使用可能になることができるように SayItSmart カスタム プラグインを確認するコンパイルされたクラス ファイルをどこに置くか作成しました。

解決策: カスタム要素と全く同様に、SayItSmart カスタム プラグインのためのコードはアプリケーションの導入/Java/アプリケーション/クラス フォルダにそれが JARファイルである場合それがクラスまたは導入/Java/アプリケーション/ライブラリである場合入る必要があります。 callflow をこれらのクラスがリロードされるようにするために閉じ、再開することを忘れないでいて下さい。

また複数のアプリケ− ションを渡る SayItSmart 新しいプラグインを使用したいと思えば両方の AUDIUM_HOME/common/classes (またはライブラリを)とこのフォルダで JARファイルのためのクラスか JARファイル保存して下さい:

  • Cisco Unified Call Studio 5.x ユーザ: eclipse/plugins/com.audiumcorp.studio.library.common_5.2.0/classes (または JARファイルのためのライブラリ)

  • 前の Cisco Unified Call Studio バージョン: x.x.x がバージョン番号であるところ、JARファイルのための食/プラグイン/com.audium.studio.common_x.x.x/classes (またはライブラリ)

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91758