コラボレーション : Cisco Unified Call Studio

音声ソフトウェア ライセンスの有効期限エラー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 5 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ライセンスの期限が切れていない場合でも、期限切れライセンスに関するエラーが表示される条件について説明します。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Call Services(ユニバーサル版)および Cisco Unified Call Studio に、ユニバーサル版基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

症状: ライセンスが有効であることをライセンスが切れたという Voice Software レポート、リストされている有効期限は示しますが。

解決策: ライセンスの有効期限についてのエラーはシステム クロックとほとんどの場合関連しています。 これらは可能性が高い状態です:

  • ライセンスは実際に切れました。

  • システム クロックはきちんと設定 されません。

音声ソフトウェアは現在の日付がライセンスがアクティブになった日付の前にある場合不適当なシステム クロック 状況を(たとえば、)検知し、ライセンスがそのような場合切れたことを仮定します。

この問題を解決するために、システム クロックを正しい時刻に設定 し、音声ソフトウェアを再起動して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91680