コラボレーション : Cisco Unified Call Studio

音声ソフトウェアのインストールで Java エラーまたは「Windows Error 3」が発生する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 5 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、複数の Java がインストールされたマシンの特定の問題を解決できる特定の Java インストールを使用するために audium.exe を強制する方法について説明します。

前提条件

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Call Services(ユニバーサル版)および Cisco Unified Call Studio に、ユニバーサル版基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

症状: ユーザは Windows を使用します。 音声ソフトウェアのインストールのエラー表示、たとえば、audium.exe か Java 問題を示唆する別のインストーラ。 1 つのそのようなエラーメッセージはこれです:

Windows error 3 occurred while loading the Java VM

解決策: 音声 インストーラはデフォルトよりもむしろ特定の Java インストールを使用するために強制することができます。 これを使うと、サポートされた Java バージョンを使用することを確かめる場合もあります。 次の手順に従います。

  1. 開いて下さいコンソールを、たとえば、Start > Run… - > cmd

  2. インストーラー ファイルの位置へのナビゲート。

  3. 望ましい java.exe にフル パスに、たとえば先行している実行して下さい、LAX_VM オプションとインストーラを

    audium.exe LAX_VM "C:\Program Files\Java\j2re1.4.2_08\bin\java.exe"
    

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91679