コラボレーション : Cisco ICM Logger

ロガーの再起動時に古い SNMP トラップが生成される

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Intelligent Contact Management(ICM)Enterprise 環境での古い簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)トラップ メッセージについて説明し、これらの情報メッセージが報告されることを防ぐための 2 つの使用可能な方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM 企業

  • SNMP の知識

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ICM のロガーはシステムのすべてのコンポーネントからイベントおよびメッセージを収集します。 イベントを受け取り、フィルタリングし、ロガーのメモリでように図 1 示す保持するロガーは Customer Support Forwarding Service (CSFS) プロセスにこの情報を渡します。 SNMP 供給は SNMP 対応インターフェイス(TCP/IP)を通してイベント フィードを受け取ることを可能にするオプションの ICM 機能です。 SNMP 供給を使用するとき、望ましい管理 クライアントに SNMPトラップを送るためにそれを設定できます。

図 1 — CSFS 供給

logger-rest-old-snmp-1.gif

問題

二重環境の 1 人のロガーを再起動した後、または 1 ロガーが跳ねれば意図的に、旧式 SNMPトラップは設定された SNMP 管理ステーションで生成され、表示するかもしれません。 CSFS プロセスがロガーの一部として開始するとき、SNMP、Syslog またはリモート モニタリング サービス[RMS]によってリモートクライアントに(報告されるべき)イベント(アラーム)を受け取りますおよび基礎レコードと呼ばれるメモリのイベントのコピーを保存します。 二重にされた、耐障害性環境では、次に一方の CSFS プロセスがおよび再起動行くとき、それは反対側からすべての顕著な基礎レコードを受け取り、管理 クライアントに転送します。

解決策

このセクションは旧式 SNMP 情報は報告されることを防ぐのに使用できる可能性のある メソッドを記述します。 ロガーおよびソリューション 2 から旧式 SNMP 情報を管理 クライアントからの旧式 SNMP 情報を抑制しか、またはフィルタリングする方法を削除する方法を示すソリューション 1 は示します。

解決策 1

基礎レコードを削除して下さい。 これをするために、両側のロガーを同時に停止し、次にそれらを再起動して下さい。 このプロセスは CSFS プロセスからすべての旧式 SNMPトラップを削除します。

このプロシージャは Maintenance ウィンドウまたは下位ルート影響時間の間にする必要があります。

  1. ロガー B.を停止して下さい。

  2. ロガー A.を停止して下さい。

  3. ロガー A.を開始して下さい。

  4. ロガー B.を開始して下さい。

解決策 2

代替案は 1 週ある特定の期間より古い顧客の管理 クライアント フィルタ アラームを、たとえば持つこと、です。 SNMP サービスが顧客第 2 のパーティ アプリケーションに送信 する各トラップは(HP OpenView のような)実際のイベントが発生するときタイムスタンプがの含まれています。 顧客はそれから幾日または週のある番号より古いのアラームをタイムスタンプ無視するサードパーティアプリケーションを設定できます。 Cisco コンタクトセンター テクニカル アシスタンス センタ (TAC)がこれらのイベント/トラップを管理するのに使用するように顧客が希望する特定のサードパーティアプリケーションの設定で助けないことに注意することは重要です。


関連情報


Document ID: 91626