セキュリティ : Cisco Security Manager

Cisco Security Manager 3.x: さまざまなオプションのライセンスをインストールする手順

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、さまざまなオプション向けに Cisco Security Manager(CSM)ライセンスをインストールする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Security Manager に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

インストールの認可の効果

Cisco Security Manager ソフトウェア ライセンスの用語はあなたに利用可能であるおよび管理できるデバイスの数判別します機能を含む多くの事柄を。 認可目的で、デバイス数は物理デバイス、セキュリティ コンテキストを、または Cisco Security Manager コンポーネントにある含まれ、IP アドレスを使用します Catalyst セキュリティ サービス モジュールが。 フェールオーバー ペアは 1 つのデバイスとして数えます。

以前のリリースからアップグレードするとき、Cisco Security Manager はライセンスのためにプロンプト表示しません。 その代り、それはライセンスを保ち、用語を実施し続けます。 自由な評価の間にアップグレードする場合、評価期間の残りの時間は変更しません。

注: 購入できるライセンスおよび Cisco Security Manager キットのための Cisco 部品番号の完全なリスト、また購入できる Ciscoソフトウェア アプリケーション サポート サービス 契約契約についての情報に関しては、Cisco Security Manager 製品速報 ページを参照して下さい。

2 つのライセンス タイプは、標準および専門、50 のデバイスに制限 される自由な 90日間評価期間に加えて利用できます。

  1. Cisco Security Manager および侵入防御システム(IPS)マネージャは 1 つの基礎ライセンス ファイルを共有し、他の多くの、購入できる追加ライセンス共有します。 基礎ライセンスを得るために、(または得るため) Cisco.com ユーザ ID があり Cisco.com のソフトウェアのコピーを登録して下さい。 登録するとき、提供された ソフトウエアパッケージの中のソフトウェア ライセンス Claim Certificate に接続される Product Authorization Key (PAK)を提供して下さい。

    注: Cisco Security Manager 3.1 およびそれ以降では、IPS マネージャはもはやいないし、(従ってライセンス の 必要条件を持っていません)。 それは機能性が Cisco Security Manager クライアントに統合のでありません。

    登録の後で、基礎ソフトウェア ライセンスは登録の間に提供した eメールアドレスに送信 されます。 安全な場所でライセンスを保存して下さい。

  2. Common Services はライセンス ファイルを必要としません。

  3. Auto Update Server はライセンス ファイルを必要としません。

  4. Resource Manager Essentials (RME.lic)およびパフォーマンスモニタ(mcpULperm.licのためのライセンス ファイルは Security Manager インストール DVD の\ license_files フォルダにあります

標準版

標準版を購入する場合、ライセンスはサポートします:

  1. 1 Windowsベース サーバの Cisco Security Manager の 1 つのインストール。

  2. 5 つのデバイス(Standard-5 オプションで)または 25 のデバイスの設定か管理(Standard-25 オプションで)。 これは Catalyst 6500 および 7600 シリーズ デバイスおよび関連するサービスモジュールを除きます。

    Standard-5 か Standard-25 をライセンス購入する場合、インクレメンタル デバイス ライセンスを購入できません。 ライセンスは 5 つか 25 のデバイスで固定です。

専門版

専門版を購入する場合、ライセンスはサポートします:

  1. 1 Windowsベース サーバの Cisco Security Manager の 1 つのインストール。

  2. 購入選択権追加デバイス ライセンスのすべての種類の 50 のデバイスの設定および管理は(を含む Catalyst 6500 および 7600 シリーズ デバイスおよび関連するサービスモジュール)、— 50-、100 つ、500-、または 1,000 デバイス ライセンスを増分します。

    ライセンス制限は割り当てられた時間を(評価ライセンスの場合には)超過する、または管理することをライセンスが可能にするデバイスの数とき課されます。 評価ライセンスは専門版 ライセンスと同じ特権を提供します。 最初の 90 日以内にできる、登録するとすぐ製品の途切れない使用を約束するために必要としデバイスの数のための Cisco Security Manager をことは重要です。 アプリケーションを開始するたびに何日が評価ライセンスをに残る、評価期間の間にアップグレードするためにプロンプト表示されますか思い出し。 評価期間の終わりに、ライセンスをアップグレードするまでログオンから防がれます。

インストールするべきステップ

登録の後で、基礎ソフトウェア ライセンスは登録の間に提供する eメールアドレスに送信 されます。 安全な場所でライセンス ファイル(.lic)を保存して下さい。

アプリケーションが動作しているとき据 えつけ 時間にまたはインストールの後で Cisco Security Manager ベース ライセンスをインストールするオプションがあります。 インクレメンタル デバイス数ライセンス ファイルはアプリケーションがインストールされていた後やっとインストールされています。

3 つの異なるオプションのためのライセンスをインストールするためにこれらのステップを完了して下さい。

インストールの時

次の手順を実行します。

  1. 電子メールからファイル システムに接続されたライセンス ファイル(.lic)を保存して下さい。

  2. Cisco Security Manager サーバ ファイル システムの既知 位置に保存されたライセンス ファイルをコピーして下さい。

  3. Cisco Security Manager サーバインストールを経営して下さい。

  4. インストール ウィザードの認可情報 パネルで、ライセンス ファイル Location オプション ボタンを選択し、『Browse』 をクリック して下さい….

  5. ナビゲートはへの Cisco Security Manager サーバ ファイル システムの保存されたライセンス ファイルを選択し、『Open』 をクリック し。

  6. Cisco Security Manager インストールに続くために『Next』 をクリック して下さい。

インストール後

次の手順を実行します。

  1. 電子メールからファイル システムに接続されたライセンス ファイル(.lic)を保存して下さい。

  2. Cisco Security Manager サーバ ファイル システムの既知 位置に保存されたライセンス ファイルをコピーして下さい。

  3. Cisco Security Manager クライアントを起動させて下さい。

  4. 基礎ライセンス ファイルがインストールされていなかったので、評価モードのアプリケーションの実行。 ログオン資格情報を供給した後、に続けます評価アップグレード ライセンスをプロンプト表示されます。 ライセンスを『Upgrade』 をクリック して下さい。

  5. インストール ライセンス ダイアログボックスから、『Browse』 をクリック して下さい。

  6. ナビゲートはへの Cisco Security Manager サーバ ファイル システムの保存されたライセンス ファイルを選択し、『OK』 をクリック し。

より新しい Cisco Security Manager ベース ライセンスかインクレメンタル デバイス数ライセンス

次の手順を実行します。

  1. 電子メールからファイル システムに接続されたライセンス ファイル(.lic)を保存して下さい。

  2. Cisco Security Manager サーバ ファイル システムの既知 位置に保存されたライセンス ファイルをコピーして下さい。

  3. Cisco Security Manager クライアントを起動させて下さい。

  4. > Security マネージャ管理を『Tools』 を選択 して下さい。

  5. Cisco Security Manager から-管理 ウィンドウは、認可をクリックします。

  6. ライセンスを『Install』 をクリック して下さい。

  7. インストール ライセンス ダイアログボックスから、『Browse』 をクリック して下さい。

  8. ナビゲートはへの Cisco Security Manager サーバ ファイル システムの保存されたライセンス ファイルを選択し、『OK』 をクリック し。

  9. インストール ライセンス ダイアログボックスから、『OK』 をクリック して下さい。

  10. 表示する ライセンス サマリー情報を確認し、『Close』 をクリック して下さい。

注: Cisco Security Manager サーバにローカルであるディスクでライセンス ファイルを保存して下さい。 Cisco Security Manager はサーバのディレクトリを参照すればのにそれを使用する場合マップされたドライバを見ません。 Windows は Cisco Security Manager パフォーマンスおよびセキュリティを向上するのに動作するこの制限を課します。 詳細については、Cisco.com アカウントへのログインは、それから Bug Toolkit を Cisco バグ ID CSCsb43414登録ユーザのみ)について学ぶのに使用します。

注: このライセンス ファイルにおける問題に直面する場合、+1 (800) 553-2447 で電話か licensing@cisco.com で電子メールでチームを認可する Cisco に連絡して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91616