ワイヤレス : Cisco 4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

AeroScout RFID タグ用の WLC の設定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、タグがコントローラに表示されない場合の Radio Frequency Identification(RFID)の簡単なチェックリストについて説明します。

注: ワイヤレス制御 システム(WCS)およびロケーションサーバ ポーリングはコントローラの SNMP 表 タグ 情報を表示するために。 この資料はタグ(かタグ)これらの製品で目に見えないときそれらをデバッグすることを取り扱っていません。

注: この資料は資料、Wi-Fi ロケーションベースのサービス—設計および配置 の 考慮事項を取り替えません、RFID トラブルシューティングおよび配置情報を提供する。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください

背景説明

AeroScout タグは特定のチャネルの構成可能 インターバルでレイヤ2 マルチキャスト パケット(ネイティブ マルチキャスト 01:0C:CC:00:00:00 または CCX v1 マルチキャスト 形式 01:40:96:00:00:03)を送信します(1 6 に 11) 設定 することができます。 タグはチャネルのために近く Access Point (AP)がオンになっていることスキャンしません。 Windowsベース AeroScout タグ マネージャは AeroScout タグにタグを設定するためにアクティベーターを(AP と同じような)接続します。 コントローラがそれを認識し、代行受信するようにタグを AeroScout マネージャを通して設定するために、Wi-Fi ロケーションベースのサービスの付録 B を—設計および配置 の 考慮事項参照して下さい。

これがレイヤ2 マルチキャスト パケットであるので、AeroScout タグは AP にワイヤレス LAN コントローラ(WLC)の WLAN 設定から影響を受けません関連付けないし、認証しないし。 AP が動力を与えられ、無線パケットを受信する場合、RFID タグ データ収集が有効に なるときコントローラにレイヤ2 マルチキャスト パケットを転送します。

設定

WLC で必要な唯一の設定が config rfid ステータス イネーブル CLI コマンドで達成することができるタグ データ収集をつけることです。

(Cisco Controller) >config rfid status enable

レイヤ2 マルチキャスト パケットがパススルー コントローラ コントローラ用のつくが必要はないし、代行受信され、消費されますのでマルチキャストかブロードキャストはコントローラによってタグを見るために。 実際、WLAN を持っていることは必要ではないです。 無線インターフェイスは AP に稼働している限り、コントローラにマルチキャスト フレームを受信し、転送します。 タグで自動的に設定 される 間隔を検出する自動タイムアウト アルゴリズムにいくつかの問題があり、消える必要があります。 その代り、固定タイムアウト間隔を使用して下さい。

AeroScout タグを設定するために、Wi-Fi ロケーションベースのサービスの付録 B を—設計および配置 の 考慮事項参照して下さい。

注: もっとも一般的な 設定 の 間違いは AeroScout タグが独立 した 基本サービス一定(IBSS)データ 形式に設定 されるときあります。 これがされるとき、AP はこの形式のタグを転送しません。 顧客を設定 します Wi-Fi ロケーションベースのサービスの付録 B に記述されているようにワイヤレス配分 組織(WDS)にデータ 形式を—設計および配置 の 考慮事項確認して下さい。 顧客が他のある設定を変更する場合、AeroScout ソフトウェア(バージョン 2.1)は顧客の知識なしでこの値を変更できます。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。 WLC のこれらの CLI show コマンドを使用できます:

  • RFID タグ データ収集がイネーブルまたはディセーブルであるかについて rfid が config —このコマンド 情報を提供することを示して下さい。 次に、例を示します。

    (Cisco Controller) >show rfid config
    
    
    RFID Tag data Collection......................... Enabled
    RFID Tag Auto-Timeout............................ Disabled
    RFID data timeout................................ 1200 seconds
    RFID mobility.................................... Oui:00:14:7e : 
                                                      Vendor:pango  State:Disabled
  • タグが最後に聞かれたので rfid が各タグに RFID ID、最も密接な AP、RSSI 値、および時間のような RFID タグで summary —このコマンド ポーリング 情報を、提供することを示して下さい。 次に、例を示します。

    (Cisco Controller) >show rfid summary
    
    
    Total Number of RFID   : 2     
    ----------------- -------- ------------------ ------ ---------------------
         RFID ID      VENDOR       Closest AP      RSSI  Time Since Last Heard
    ----------------- -------- ------------------ ------ ---------------------
    00:0c:cc:5d:4e:a5 Aerosct  AP1242#7            -43        5 seconds ago
    00:0c:cc:5d:4e:aa Aerosct  AP1242#7            -38       27 seconds ago
  • 示して下さい rfid 詳細 <mac_address を > —どの AP がタグの伝達を受け取る、また信号 強度かこのコマンドに示されています。 次に、例を示します。

    (Cisco Controller) >show rfid detail 00:0c:cc:5d:4e:a5
    
    
    RFID address..................................... 00:0c:cc:5d:4e:a5  
    Vendor........................................... Aerosct
    Last Heard....................................... 24 seconds ago
    Packets Received................................. 12
    Bytes Received................................... 624
    Detected Polling Interval........................ 1 seconds 
    Cisco Type....................................... 
    
    Content Header
    =================
    CCX Tag Version..................................  1
    Tx Power......................................... 19 dBm
    Channel..........................................  11
    Reg Class........................................  0x6
    Burst Length.....................................  1
    
    System Group
    ===================
    Product Type..................................... Reserved (51)
    Battery Status
    ===================
    
    Tolerance........................................  +/- 20%
    Percentage Remaining.............................  80%
    Days Remaining...................................  0 days
    Battery Age......................................  0 days
    Telemetry Group
    ===================
    Motion Probability...............................  No Motion 
    Nearby AP Statistics:
          AP1242#4(slot 0) 24 seconds ago............ -66 dBm
          AP1242#7(slot 0) 24 seconds ago............ -43 dBm
    

トラブルシューティング

提示 rfid summary コマンドでコントローラのタグ(かタグを)見ない場合、タグがコントローラにシグナルを送ったかどうか確認するためにリストされているこのセクションで debug コマンドを使用して下さい。 概略のタグを表示できる場合使用はタグが送信するものを判別するために rfid 詳細 < MAC アドレス > を示します

デバッグ dot11 rfid enable —たとえば:

(Cisco Controller) >debug dot11 rfid enable

(Cisco Controller) >show debug


MAC debugging .............................. disabled

Debug Flags Enabled:
  arp error enabled.
  bcast error enabled


(Cisco Controller) >
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Parsing Cisco Tag RFID packet 52
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa System group 51
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Battery group: status 0x42, days 0, age 0
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Telemetry group
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Telemetry Motion Prob 0 
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa rfid Aerosct updated by AP 
         00:14:1B:59:40:00 (Incoming rssi -44,snr 54), New saved values rssi -44, 
         snr 54, timestamp 36086857
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa  Dropping Cisco Tag Packet from AP 
         00:14:1b:59:40:00:  -- off channel pkts, rcv on 6, ap on 1
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa  Dropping Cisco Tag Packet from AP 
         00:14:1b:59:3f:40:  -- off channel pkts, rcv on 6, ap on 11
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Parsing Cisco Tag RFID packet 52
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa System group 51
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Battery group: status 0x42, days 0, age 0
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Telemetry group
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Telemetry Motion Prob 0 
Wed Jun  6 13:48:13 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa rfid Aerosct updated by AP 
         00:14:1B:59:3F:40 (Incoming rssi -44,snr 53), New saved values rssi -44, 
         snr 53, timestamp 36087119
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Parsing Cisco Tag RFID packet 52
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 System group 51
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Battery group: status 0x42, days 0, age 0
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Telemetry group
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Telemetry Motion Prob 0 
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 rfid Aerosct updated by AP 
         00:14:1B:59:40:00 (Incoming rssi -42,snr 50), New saved values rssi -42, 
         snr 50, timestamp 36101903
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5  Dropping Cisco Tag Packet from AP 
         00:14:1b:59:3f:40: -- off channel pkts, rcv on 6, ap on 11
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Parsing Cisco Tag RFID packet 52
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 System group 51
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Battery group: status 0x42, days 0, age 0
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Telemetry group
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 Telemetry Motion Prob 0 
Wed Jun  6 13:48:28 2007: 00:0c:cc:5d:4e:a5 rfid Aerosct updated by AP  
         00:14:1B:59:3F:40 (Incoming rssi -56,snr 41), 
         New saved values rssi -56, snr 41, timestamp 36102175
Wed Jun  6 13:48:42 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa Parsing Cisco Tag RFID packet 52
Wed Jun  6 13:48:42 2007: 00:0c:cc:5d:4e:aa System group 51

注: ソフトウェア リリース 4.0.217.0 またはそれ以降を使うと、> デバッグ 出力を減らすためにデバッグ MAC Addr <mac_address を使用できます。

注: デバッグ dot11 rfid コマンドは WLC リリース 5.0 および それ以降のデバッグ rfid コマンドと取替えられます。

debug rfid {all | detail | error | nmsp  | receive} {enable | disable}

where

–all configures debugging of all RFID messages,

–detail configures debugging of RFID detailed messages,

–error configures debugging of RFID error messages,

–nmsp configures debugging of RFID NMSP messages, and

–receive configures debugging of incoming RFID tag messages. 

注: デバッグ 出力がコントローラにない場合、タグがアクティブであり、適切なデータに一定フォーマットしなさいことを確認して下さい。 詳細については設定セクションのメモを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91605