コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

IVR トランスレーション ルーティング用の推奨されるトレース レベル

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco IP 音声自動応答装置(IP IVR)および Cisco IP Queue Manager (IP QM)環境の速いトレースに Cisco Unified Contact Center Express (Cisco Unified Contact Center Express)をキューイングのための変換ルーティングを使用してガイドラインを提供したものです。

注: この資料はガイドとしてだけ動作し、すべての状況を取り扱っていません。 いくつかの状況を解決する間、説明されている何がこの資料でよりより多くのデータを収集する必要があるかもしれません。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS) (IP IVR か IP QM)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x および 4.x

  • Cisco CRS バージョン 3.x または 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

Cisco Unified CallManager と CRS 間の完全な互換性の情報に関しては Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)ソフトウェアおよびハードウェア互換性 ガイドの行列、とこのソリューションに関連する CRS バージョンを参照して下さい。

Cisco CRS はこれらの製品に単一の一貫した、および管理が容易 な プラットフォームを提供します:

  • Cisco IPCC Express版(Cisco Unified Contact Center Express)

  • Cisco IP IVR

  • Cisco IP QM

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

MIVR トレース レベルを設定 して下さい

IP IVR/IP QM 3.x

IP IVR または IP QM のための MIVR トレースをつけるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CRA 管理者 メニューバーから System > Engine の順に選択 して下さい。

    エンジン Webページは出ます。

  2. 左パネルのトレース 設定ハイパーリンクをクリックして下さい。

    トレース 設定 Webページは出ます。

  3. 100 にトレースファイルおよび 5 MB に各ファイルサイズの番号を高めて下さい(提案される)。

  4. これらの MIVR トレース デバッグ レベルをつけて下さい:

    • SS_TEL

    • SS_ICM

    • LIB_ICM

    システムは MIVR ログを生成し、保存します。 ログファイルの名前は xxx がシーケンス番号を表す CiscoMIVRxxx.log です。 ログファイルは IP IVR/QM 3.x のための C:\Program files\wfavvid\log に常駐します。

    注: MIVR ログのためのファイルおよびファイルサイズの数の変更を示すために CRA エンジンを必要であれば再起動して下さい。

IP IVR/IP QM 4.x

IP IVR または QM のための MIVR トレースをつけるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. AppAdmin を開いて下さい。

  2. システム > トレース > CRS エンジン > トレース 設定を選択して下さい。

  3. イネーブル トレース:

    1. サブシステムの下で、これらの MIVR トレース デバッグ レベルをつけて下さい:

      • SS_TEL

      • SS_ICM

    2. MISC の下で、この MIVR トレース デバッグ レベルをつけて下さい:

      • ENG

    3. ライブラリの下で、この MIVR トレース デバッグ レベルをつけて下さい:

      • LIB_ICM

      システムは MIVR ログを生成し、保存します。 ログファイルの名前は xxx がシーケンス番号を表す CiscoMIVRxxx.log です。 ログファイルは C:\Program Files\wfavvid\log\MIVR に常駐します。

JTAPI トレース レベルを設定 して下さい

JTAPI トレースをつけるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > Cisco JTAPI > JTAPI プリファレンス 『Start > Programs』 をクリック して下さい。

    Jtapi Preferences ウィンドウは現われます(図を 1)参照して下さい。

  2. ログ 宛先タブをクリックして下さい。

    図 1 – JTAPI ユーザー設定: ログ 宛先タブ

    /image/gif/paws/91564/rec-tls-ivr-tranrouting1.gif

  3. 使用 回転ログ ファイル チェックボックスをチェックして下さい。

  4. ログファイル設定セクションの 100 にログファイルの最大数を増加して下さい。 (提案される)

  5. トレース レベル タブをクリックして下さい(図を 2)参照して下さい。

  6. トレース レベル セクションの警告INFORMATIONAL およびデバッグ チェックボックスをチェックして下さい。

    図 2 – JTAPI ユーザー設定: トレース レベル

    /image/gif/paws/91564/rec-tls-ivr-tranrouting2.gif

  7. デバッグ レベル セクションのこれらのチェックボックスをチェックして下さい:

    • JTAPI_DEBUGGING

    • JTAPIIMPL_DEBUGGING

    • CTI_DEBUGGING

    • CTIIMPL_DEBUGGING

    • PROTOCOL_DEBUGGING

    注: Cisco TAC がそれを明示的に頼まなかったら MISC_DEBUGGING をチェックしないで下さい。

    システムは JTAPI ログインをこれらの場所生成し、保存します:

    • IP IVR/IP QM 3.x:

      C:\Program Files\wfavvid\log

    • IP IVR/IP QM 4.x:

      C:\Program Files\wfavvid\log\JTAPI\

    ログファイルの名前は XX がシーケンス番号を表す CiscoJTAPIxx.log です。

    • トレース設定に JTAPIサブシステムの再始動が必要となり、JTAPI に反映されるべきファイルサイズはトレースします。

    • コマンド ウィンドウが点滅し、Jtapi Preferences ダイアログボックスがロードしなかったらこれらの URL から JRE ダウンロードを得て下さい:

      • (リアルタイム レポーティング ツールが動作すれば) http://java.sun.com/j2se/1.3/download.html

      • (リアルタイム レポーティング ツールが動作しなければ) http://java.sun.com/j2se/1.4.2/download.html

    テストを完了した後、事件時間がログでカバーされる Cisco テクニカル サポートに提供しますログを引っ張って下さいことを適切のログ、確認し。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91564