コラボレーション : Cisco ICM Router Software

Average Speed of Answer(ASA)レポートの計算オプション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、平均応答速度(ASA)レポートの計算について説明し、Cisco Unified Contact Center および Cisco Unified Intelligent Contact Management(ICM)Enterprise と Hosted 環境で ASA 値を定義するために現在使用できるさまざまなオプションについて詳しく説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified コンタクトセンター

  • Cisco Unified ICM

  • Regedt32

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Contact Center Enterprise およびホストされた版 7.x およびそれ以降

  • Cisco Unified Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise およびホストされた版 7.x およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ASA は計算との定義されます:

Skill_Group_Half_Hour.AnswerWaitTimeToHalf/Skill_Group_Half_Hour.CallsAnsweredToHalf

従来、先のバージョン製品の 7.x よりで、AnswerWaitTime は 4 つの個々のカウントで構成されている値と定義されます:

  • DelayTime

  • RingTime

  • LocalQTime

  • NetQTime

この 4 つの値はターミネーションコール詳細 表のフィールドです。

問題

デフォルト設定従って ASA が 7.x およびそれ以降で異なっている計算される期待されると方式を ASA の値が異なっているようである、以前のバージョンからアップグレードする場合ことができる判別する。 ICM 7.x およびそれ以降によって ASA を、DeliveredEventsResetASACalculation 計算する、判別する登録値は方式です今設定 された無効、デフォルトでのが常でありました。 以前のバージョンでは、それはイネーブルになったに設定 されます。

この値が無効設定 されるとき、AnswerWaitTime の計算はバックグラウンド情報で引用される 4 つの数が AnswerWaitTime のために使用されないことそのような物を変更します。 インポートでは ASA 計算の内で続いて使用する AnswerWaitTime を読み込むために、SkillGroupDelayQTime と指名される値は使用されます。

SkillGroupDelayQTime がトラッキングする値は呼出し処置のようであるアップグレードすればことができ、以前に前デフォルト設定を使用した初めから計算し、異なるまたは予想以上に大規模 ASA 値という結果に終る各配信されたイベントからリセットされません。

SkillGroupDelayQTime はターミネーションコール詳細 表の Database 値でし、呼び出しルータによって定義され、DeviceTargetPreCalIInd および ICCallPreRouteInd イベント内の ICM CallRouter ログで見つけることができます。 これはイベントの例です。 この値の機能はレジストリで制御されます:

09:48:57 ra-rtr Trace: DeviceTargetPreCallInd_V9: PeripheralID=5000 RouteID=5259 NetworkTargetID=6874 
09:48:57 ra-rtr Trace: SkillGroupSkillTargetID=5144 AgentSkillTargetID=8564 
09:48:57 ra-rtr Trace: DN=9000 ANI=4803912951 CED=, customerDBProvidedDigits= 
09:48:57 ra-rtr Trace: CRSCallID_Date=148247 CRSCallID_ID=2941, RouterCallKeySequenceNumber=1 DelayQTime=16 DelayRouterTime=17 SkillGroupDelayQTime =16 
09:48:57 ra-rtr Trace: InvokeID=1209440 
09:48:57 ra-rtr Trace: PV1=0 PV2= PV3= PV4=016308940 PV5=07/11/1945 
09:48:57 ra-rtr Trace: PV6=AZ PV8=0 PV8=4803912951 PV9=PClaims PV10=20061121852831720011 
09:48:57 ra-rtr Trace: NIC_CalledPartyNumber=71112 
09:48:57 ra-rtr Trace: nXferEnabled, NIC_CallID{PhysCtrlrID=5005 RCID=5005 RemotePhysCtrlrID=0 RemoteRCID=0 DialogID=137225 XferNicCapability=0 XferRouterAllowed=1 RouterPrivateData=0 RemoteDlgID=0} 
09:48:57 ra-rtr Trace: Dialog (56021 x 0 : 0 0) RouteComplete: 

解決策

ディセーブルにされるデフォルト(0) DeliveredEventsResetASACalculation 登録値の値は SkillGroupDelayQTime を AnswerWaitTime に使用します。 この登録値が(1)有効に なるとき、DelayTime、NetQTime、LocalQTime および RingTime の値は WebView オンライン ヘルプで文書化されているように AnswerWaitTime のために、使用されます。

これは登録値のフル パスです:

HKEY_LOCAL_MACHINE\software\Cisco Systems, Inc.\icm\<cust_inst>\pg<#X>\pg\currentversion\opc\callcontrol\pim<#> 

これは値です:

DeliveredEvetnsResetASACalculation:REG_DWORD: [Default Value is 0 = Disabled] 

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91541