コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

"CRS 設定中の「Error While Handling The Input Request」のエラー メッセージ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Computer Telephony Integration(CTI)環境では、Cisco Interactive Call Distribution(ICD)のエージェントが Cisco Agent Desktop にログインしようとすると、ログインに失敗し、エラー メッセージが表示されます。 この資料はさまざまなエラーメッセージ、考えられる 原因および推奨 処置を説明します。

続行する前にこれらの項目を確認して下さい:

  1. エージェントのユーザ ID およびパスワードは大文字/小文字の区別があります、従ってこれらの項目を正しく入力することを確かめて下さい。

  2. User > Global Directory の下の User Information ページの Enable CTI Application Use チェックボックスはチェックされます。

  3. CTI マネージャ サービスは CTI サーバで動作します。

  4. CRS エンジンはサービサビリティ ユーティリティで有効に なります。

前提条件

要件

Cisco Customer Response Solution(CRS)サーバがインストールされ、ICD と Cisco CallManager 用に設定されている必要があります。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CRS バージョン 3.0.2 および Cisco Unified Contact Center Express 7.x/8.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題: CTI マネージャ サーバにログインされなくて! 管理者に話して下さい

Cisco Agent Desktop にログイン することが不可能なエージェントはこのエラーメッセージを受け取ります:

Failed to login into CTI Manager Server! Please talk to your administrator.

チェックリスト

それはすべてのユーザかシングル ユーザに影響を与えますか。 それがすべてのユーザに影響を与える場合、編集 DSBrowser.exe セクションに進んで下さい。

この問題がシングル ユーザに影響を与える場合、ユーザがホスト名によって CTI マネージャ サーバを ping できることを確認して下さい。 それができない場合、問題は DNS エラーが原因である場合もあります。 問題を解決する CTI マネージャのホスト名および IP アドレスを追加するためにホスト ファイルを編集して下さい。

解決策

この問題へのソリューションはこれらのセクションで詳しく説明されます。

Cisco Agent Desktop ログを収集して下さい

デバッグ トレースを有効に するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ファイル c:\Program Files\Cisco\Desktop\config\fastcalllocal.ini204 に匹敵するためにトレース レベルを設定 して下さい。

  2. トレース サイズを 30000000 にします(デフォルトは 300000)。

    [Program Log]
     Path=..\log\agent.log
     Size=300000
     [Debug Log]
     Path=..\log\agent.dbg
     Size=300000000
     Level=204

    変更はエージェントデスクトップが記録 するとき影響を奪取 します。

    トレースファイルは c:\Program Files\Cisco\Desktop\log フォルダで見つけることができます。 最大ファイルサイズが超過する場合、古いログファイルは c:\Program Files\Cisco\Desktop\log\old\ フォルダにコピーされます。

  3. エージェントのログ ファイルを開き、ページの一番下までスクロールします。

    ホスト名の代りに CTI マネージャの IP アドレスを参照します。 CTI マネージャのホスト名が表示される場合、IP アドレスにそれを変更するためにプロシージャの他を完了して下さい。 これはログファイル例です:

    074906 02/24/2003 MAJOR  FCCTI_1000 splkJtapiServerstartServerSession 
     jtapi provider login return  false  074906 02/24/2003 MAJOR  FCCTI_1000 
     Error Return (21error in invoking Java Method)  startServerSession
     074906 02/24/2003 MAJOR  PhoneDev PD2377 CTIServerLogin Failed 
     to establish connection to CTI  Manager Host A (CS-PUB) 
     074906 02/24/2003 MAJOR  FCCTI_1000 splkJtapiServerstartServerSession 
     jtapi provider login return  false
     074906 02/24/2003 MAJOR  FCCTI_1000 Error Return 
    (21error in invoking Java Method) startServerSession
     074906 02/24/2003 MAJOR  PhoneDev PD2384 CTIServerLogin Failed to 
     establish connection to CTI  Manager Host B (CS-SUB)
     074906 02/24/2003 INFO   PhoneDev  PD1787 PhoneDevShutDown CTI Shutdown
     075206 02/24/2003 INFO   FastCall  FC0376  Releasing license...
     075206 02/24/2003 INFO   FastCall  FC0405  FastCall Shutting Down
     075206 02/24/2003 INFO   PhoneDev  PD1787 PhoneDevShutDown CTI Shutdown

DSBrowser.exe を編集して下さい

CTI マネージャ サーバの DSBrowser.exe を編集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Run > cmd の順に選択 して下さい

  2. コマンド c:\program files\cisco\desktop _config \ util \ dsbrowser /editable を入力して下さい。

  3. ダイレクトリサーバのパスワードを入力し、『OK』 をクリック して下さい。

  4. > 『Server Data』 を選択 して下さい(サーバ名) - LCC > アプリケーション データ > CTI マネージャ リスト

  5. 何人で CTI マネージャがあるか基づく、すべてのために同じをして下さい。 画面の右側で、各 CTI Manager をダブルクリックし、ホスト名が設定されている場合は IP アドレスを設定して OK をクリックします。

この変更を完了した後同じエラーを受け取り続けたら、エージェント デバッグ ログをキャプチャ し、Cisco テクニカル サポートに示して下さい。

問題: ログイン試行は周辺装置オフ・ラインが原因で失敗しました

エージェントは Cisco Agent Desktop にログイン することができ、このエラーメッセージを受け取ります:

Login attempt failed due to Peripheral Offline

このエラーはリソース マネージャ連絡先マネージャ(RMCM)サブシステムが RM JTAPI ユーザ向けの無効 なログオン/パスワードが原因で開始しないとき発生する場合があります。 すなわち、これは RM JTAPI ユーザと JTAPI ユーザ間のパスワード ミスマッチが原因である可能性があります。

解決策

問題を解決するために、JTAPI ユーザおよび RM JTAPI ユーザパスワードを同期し、CTI マネージャ サービスを再開して下さい。

注: RM JTAPI ユーザ向けのパスワードが決して切れるために設定 されないことを確かめて下さい。 パスワードが切れる場合、このエラーという結果に終るパスワード ミスマッチに導く場合があります。

問題: 読み込みエラー ファイル\ \サーバ\ DESKTOP_CFG \構成\ ag_default \ DataFields.ini

エージェントはエージェントが Cisco Agent Desktop にログイン するとき読み込みエラー ファイル\ \サーバ\ DESKTOP_CFG \構成\ ag_default \ DataFields.ini エラーメッセージ受け取ります。

これらは考えられる 原因です:

  • DESKTOP_CFG コンフィギュレーション ファイルは Cisco Agent Desktop (CAD) ユーザにとっての読み書きアクセスが不可能です。

  • Ciscoカスタマー応答アプリケーション(CRA)サーバへの IP接続は失われます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 共有の場所および読み書きファイル アクセスが DESKTOP_CFG コンフィギュレーション ファイルのためにきちんと確立されることを確かめて下さい。 共有が正しく開く場合、Customer Response Solutions (CRS) サーバの Desktop_cfg \デスクトップ\ライセンス フォルダのファイルを(読み書きアクセスを持って下さい)作成できることをクライアントPC から確認して下さい。

    詳細については Cisco Unified Contact Center Express のための Cisco Agent Desktop の DESKTOP_CFG 共有 ドライブマッピングを自動化することを参照して下さい。

  2. CRA サーバへの IP接続が確立されることを確かめて下さい。

問題: ID Entered 見つけられませんでした

エージェントは Cisco Agent Desktop にログイン する試みの間にこのエラーメッセージを受け取り、RMCM サブシステムは初期化でスタックしています:

The ID you entered was not found

または

Specified ID is invalid

この問題はまた Cisco バグ ID CSCsv98008登録ユーザのみ)で文書化されています。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. ユーザ ID を正しく入力することを確かめて下さい。 ユーザー ID は大文字/小文字の区別があります。

  2. 正しい Cisco Unified CallManager パスワードを使用することを確認して下さい。

  3. RM JTAPI ユーザ ID が標準 CTI によって有効に される ユーザグループのメンバーで設定されることを確かめて下さい。

  4. 問題がそれでも解決されない場合、Cisco デスクトップ同期化サーバサービスを停止し、再開することを試みて下さい。

注: エージェントがエラーメッセージを得れば電話がアウト オブ サービス な間、READY 状態に変更できません。 他のエージェントの状態はまたは問題を解決するためにログオンの後で利用できましたりエージェントが何回も記録されれば、CTI マネージャ サービスを再開します。

注: エージェントがログインできないし、MIVR が容疑者としてマーク db_cra を記録 すれば、問題は破損した データベースが原因です。 この場合、開始しない破損した データベースを取り替えるために CRS を再インストールする必要があります。

エラー: エージェント ext を離れたリソースはアウト オブ サービスです

Cisco Agent Desktop ログインは正常で、が用意することを行きます一方ではエージェント ext を離れたリソースは Out of Service エラーメッセージ現われますです。 『OK』 をクリック するとき、それはそれから用意しないために電話をかけることを行きます変更します。 ダイヤル・トーンを聞き、ハングアップし、これは Cisco Agent Desktop 作業を作ります。

解決策

この問題は Cisco Unified CallManager Express と Cisco Unified Contact Center Express をリンクすることを試みるとき発生します。

この問題はデフォルトでブロックされる着信存在要求が原因で発生します。

この問題を解決するために Cisco Unified CallManager Express のこれらのコマンドを入力して下さい。

これらのコマンドはルータが内部監視および SIP トランクからの着信存在要求を(メッセージを定期講読して下さい)受け入れるようにします。 それは発信存在要求に影響を与えません。

  1. Router(config)# sip-ua
    
  2. Router(config-sip-ua)# presence
    		  enable
    

エラー: エージェントは規定 される ワークグループを備えていません

電話からのエージェントを記録 することを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

Agent has no workgroup specified.

解決策

問題を解決するために CRS Node Manager を再起動して下さい。

エラー: 電話が JAL 有効に なるのでログインできません

Cisco Agent Desktop へ 6.x から 7.x への Cisco Unified Communications Manager を、ログオンはアップグレードした後で可能性のあるではないです。 次のエラー メッセージが表示されます。

You cannot login because the phone is JAL-enabled.  
        JAL-enabled phones are not compatible with CAD.

解決策

CCX は 2 つのケースに付き CUCM 7.1.3 の予期された動作として 7.0 SR4 リリース ノートこれを記述します。

「JAL か DTAL が統一された CCM 7.1(3) エージェントが付いているエージェント電話で有効に なれば エージェント ログオンを防ぐことは統一された CM 7.1(3) またはそれ以降の CAD/CAD-BE/IPPA サービスに JAL (行を渡る加入)または DTAL (行を渡る直接転送)がエージェント電話で有効に なれば、できませんログイン」。

根本的な原因は UCCX 7 が現在 JAL 電話をサポートしないことです。 エージェントを再度はたらかせます Comunication Cisco Unified マネージャの JAL パラメータを消す必要があります。 次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ページから Device > Phone の順に選択 することによって Phone Configuration ウィンドウにナビゲート して下さい。

  2. 行オプションを渡る加入に関しては(またウィンドウのデバイス情報部分で)、『OFF』 を選択 して下さい。

エラー: 無効 な パスワード

Cisco Agent Desktop にログインすることを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

無効 な パスワード

解決策

このエラーのための原因は SQL エージェント サービスがダウンしていることであることができます。 サービスを再開するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Services.msc を Start > Run の順に進み、タイプして下さい

  2. [OK] をクリックします。

  3. Services ウィンドウから、SQL サーバ エージェント サービスを見つけて下さい。

  4. SQL サーバ エージェント サービスのための Status カラムの値が動作していることを確かめて下さい。 それが動作しない場合、それを開始して下さい。

エラー: 電話が有効に なる IPv6 であるのでログインできません

Cisco Agent Desktop ログインはと電話が IPv6 有効に されるか、またはサポートされていない IP アドレッシング Mode エラーメッセージであるのでできませんログイン失敗します。

解決策

Cisco Unified Communications Manager 管理 ページから、電話が部分のであること > よくあるデバイス Config はデバイス > デバイス設定に行き、『Find』 をクリック し、プロファイルをクリックします。 それから、IPv4 から IP アドレッシング モード及び IPv4 だけIPv6 を変更して下さい。

詳細については CSCtz07348登録ユーザのみ)を参照して下さい。

問題: CAD ログオンの紛らわしい IPv6 エラーメッセージ

CAD レシーブにこのエラーをログインするように試みるエージェント: CAD は当然の IPV6 が Cisco Agent Desktop でサポートされないログインユーザできません

注: これは CAD が後新しいインストールか W1 アップグレード ログオンしたと発生します。

解決策

この問題のための回避策は UCCX エンジンを再起動することです。 これは Cisco バグ ID CSCtk00173登録ユーザのみ)で文書化されています。

この回避策は RmCm ユーザと電話を再び対応づけることと同等です。 これのために次を確認する必要があります:

  1. CUCM エンドユーザ 設定 ページにアクセスして下さい。

  2. 制御装置の下で、IP Phone の MAC アドレスがエンドユーザと関連付けられるようにして下さい。

  3. エンドユーザが標準 CTI によって有効に される ユーザグループに追加される、rmcm ユーザの電話ようにすれば。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. CUCM Administration > Device > Phone を選択し、そして問題が発生する IP Phone をクリックして下さい。

  2. > デバイス設定 > よくあるデバイスコンフィギュレーション 『Device』 を選択 して下さい。

  3. よくあるデバイスコンフィギュレーションの下で、IPv4 だけに IP アドレッシング モードを変更して下さい。

  4. CUCM Phone Configuration ページから、IP Phone をリセットして下さい

  5. TFTP および CTIManager サービスをリセットして下さい。

エクステンションモビリティのエラーメッセージ

CUCM 8.6 および UCCX 8.5 を使うと、エージェントはエクステンションモビリティ およびそれ以降ログおよびエージェントが Cisco Agent Desktop にログオンすることを試みるときログオンからこれらのエラーの 1 つによって失敗しますログアウトします:

An extension on the agent phone is shared with one or more other devices.
This configuration is not supported.

または

Login failed due to a configuration error with your phone and JTAPI or Unified CM.
 Contact your administrator.

この問題はユーザデバイスプロファイルに有効に なる 自動呼記録オプションの電話番号があるエクステンションモビリティを使用して CAD エージェントによって発生します。

解決策

回避策として、エクステンションモビリティにログオンの後で電話デバイスをリセットして下さい。 可能性のある修正に関しては、Cisco バグ ID CSCty63105登録ユーザのみ)を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91419