物理的セキュリティ : Cisco Video Surveillance サービス プラットフォーム

コンバージされたインフラストラクチャ ビデオ セキュリティ デバイスの回復手順

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、統合型インフラストラクチャ ビデオ セキュリティ デバイスの回復手順および修復手順について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

回復手順

これはステップバイステップ回復手順です:

  1. 外部 USB ドライブを接続し、金 CD が付いているボックスを起動して下さい。

  2. パスワード cledne が付いているルートとしてログオンして下さい。

  3. プロンプトで、これらのコマンドを実行して下さい:

    umount -f /dev/sda1
        umount -f /dev/sda2 
        fsck.ext3 -f -yC 0 /dev/sda1    ==> It should take a few minutes.
        fsck.ext3 -f -yC 0 /dev/sda2    ==> Will take some time (an hour or two)
    
  4. それが終了するとき、このコマンドを実行して下さい:

    reboot
    
  5. ボックスはリブートし始めます。 USB CD ケーブルをボックスから取除き、ボックスがそれ自身から起動するようにして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 91372