音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager 会議ブリッジの状態: KEEPALIVE_FAILED

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager 会議ブリッジが失敗して KEEPALIVE_FAILED というエラー メッセージが表示される場合のトラブルシューティング方法を説明します。 会議ブリッジが修正されるまで、場合によっては無期限の期間使用できなくなります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS を実行する Cisco Unified CallManager 4.1(3) および Cisco 2800 シリーズ ルータに基づいていますか。 ソフトウェア リリース 12.3。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ハードウェア有効に された 会議はハードウェアの音声会議をサポートする機能を提供します。 デジタル信号プロセッサ(DSP)は単一 電話会議 ストリームに混合される TDM ストリームに複数の Voice over IP メディア ストリームを変換します。 サポートされる会議の数は利用可能 な DSP の数によって異なります。 このようにコンファレンスブリッジがきちんと終わらなければ、DSP は再使用することができません。 詳細については IOS Gateway のコンファレンスブリッジを設定する方法について CallManager および IOS Gateway DSP ファーム 設定例を参照して下さい。

KEEPALIVE_FAILED 状態のままになっているコンファレンスブリッジ

Cisco Unified CallManager が会議がアクティブな間、登録されていたコンファレンスブリッジに到達不能になれば、コンファレンスブリッジは KEEPALIVE_FAILED 状態に行きつきます。 コンファレンスブリッジはまたメディア場合を送信 し続けます可能性としては WAN 長い間結局パーティに会議を残し、DSP リソースはより多くの会議のために再使用できません。

解決策

KEEPALIVE_FAILED エラーはコンファレンスブリッジがクラスタで利用可能である別の CallManager に戻って切り替えないので検出されます。 この問題を解決するために、ゲートウェイで使用するためにスイッチオーバ 方式を述べる必要があります。

アクティブな Cisco Unified CallManager と Skinny Client Control Protocol(SCCP) クライアント間の通信リンクがダウン状態になるとき、SCCP クライアントはこれらのスイッチオーバ メソッドの 1 の使用とセカンダリ Cisco Unified CallManager の 1 に接続することを試みます:

  • 段階的— Cisco Unified CallManager スイッチオーバはアクティブセッションだけ結局段階的に終わります起こります。 デフォルトの方法は次のとおりです。

  • 即時—アクティブな接続があるかどうかに関係なく、SCCP クライアントはセカンダリ Cisco Unified CallManager の 1 にすぐに切り替えます。 SCCP クライアントがセカンダリ Cisco Unified CallManager に接続できなければ場合 Cisco Unified CallManager 接続のためにポーリングし続けます。

  1. スイッチオーバ 方式は SCCP ccm グループ設定の下で述べることができます。

    gateway(config)#sccp ccm group 1
    
    gateway(config-sccp-ccm)#switchover method immediate
    

    注: dspfarm で会議のために設定される複数のプロファイルがある場合、段階的ようにスイッチオーバ 方式を使用して下さい。

  2. タイムアウトがもしメディア メッセージを送信 する コンファレンスブリッジを終えるため、RTP メッセージ。 これはゲートウェイコンフィギュレーションのレシーブ RTP タイマーを変更するときすることができます。

    gateway(config)#gateway
    
    gateway(config-gateway)#timer receive-rtp 180
    

    タイムアウトの既定値は 1200 秒(20 分)の後やっと起こります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 82478