ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム終端システム(CMTS)

uBR10k のケーブル ファイバ ノードのベスト プラクティス

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ケーブル ファイバノード <n> コマンドは認識させることであるために MSO かサービスプロバイダーがケーブル設備がどのようにを配線されるかによってよりインテリジェント Cisco IOS を Cable Modem Termination System (CMTS)を設定することを可能にします。 これにより、CMTS は機能をより効果的に実装できます。 このコマンドは、今から DOCSIS 3.0 とアップストリーム スペクトル管理を導入するときに重要です。また、将来においても同様に重要です。 将来機能を追加する、または改善するために従来の機能を変更する場合に備えて、正しいファイバ ノードの設定が必要不可欠です。

前提条件

要件

ファイバ ノードコンフィギュレーションは Cisco IOS で利用できますか。 ソフトウェアリリース 12.3(21)BC およびそれ以降。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は uBR10k に基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の説明

最初にファイバ ノードコンフィギュレーションを展開するとき、CMTS 内の機能の現在の使用でマップ データ ファイバの設定を切り詰めることができます。 ケーブル設備 トポロジーの正確な説明を必要とする機能を展開するときこれによりより多くの問題を引き起こします。 ソリューションは実際のケーブル設備 トポロジー ショートカットの使用を避け、正確に CMTS に記述するためにケーブル ファイバ ノードを設定することです。

問題/制限

しかしケーブル ファイバ ノードコンフィギュレーションの意図は CMTS 「プラント」を認識させるために意味されます制限があります。 ケーブル ファイバ ノードコンフィギュレーションは同じ bundle interface を共有しなければダウンストリーム インターフェイスが同じファイバ ノードに結合されないようにしません。 この資料に含まれている例はと同じファイバ ノード 使用を同じ bundle interface 共有するすべてのインターフェイス仮定します。

ガイドライン

DOCSIS 3.0 - DOCSIS 3.0 が機能の CMTS でなぜ展開されない、または各ファイバ ノードで多分展開されなくて場合もありますか複数の原因がある。 ファイバ ノード 機能はそれにもかかわらず設定されることが可能でありまたそうあるべきです。 ファイバ ノードコンフィギュレーションを取扱うとき検査するべき 3 つのシナリオがあります。 いくつかのファイバ ノードに展開されるワイドバンドがいくつかのファイバ ノードしますありません。 第 3 シナリオは最初の 2 つのシナリオの組み合せを持つことです。 2 つのダウンストリームチャンネル、1、およびワイドバンド ケーブルモデムのためのレガシー ナローバンド ケーブルモデムのための他。

アップストリーム スペクトル管理

前のセクションで述べられるシナリオのそれぞれではアップストリーム コネクタはアップストリーム スペクトル管理に関係なくファイバ ノードに追加されます。

  • 追加する実質必要が適切に機能することができるように各ノードに 1 アップストリームだけあり、ファイバ ノードにアップストリームをないことを図 1 示します。 ただしこれがただの 1x2 MACドメインであるので、アップストリーム 帯域幅を将来追加するオプションがあります。 これは追加配線または結合のための必要なしでコネクタ 0 およびコネクタ 2 の追加アップストリームをスタックする周波数を使用して設定されます。 共用スペクトル管理が使用される場合、この変更を行うときファイバ ノードにアップストリーム コネクタを追加することは絶対に必要です。 例で推奨事項を使用する場合、アップストリーム コネクタは既にファイバ ノードを作成し、追加コンフィギュレーション変更を行なう必要がないとき追加されてしまいました。

  • 図 2 および図 3 共用アップストリーム コネクタの例を示して下さい。 upstreams が共用スペクトル管理を使用しなくても、それを将来追加することは必要であるかもしれませんことは可能性のあるです。 アップストリーム コネクタがファイバ ノードコンフィギュレーションになかった場合、両方のシナリオで、すべてのファイバ ノードコンフィギュレーションは単一 ファイバ ノードで要約されるかもしれないし、実際に適切に機能します。 ただし、アップストリーム コネクタがファイバ ノードコンフィギュレーションに既に追加されているので、スペクトル管理の変更はファイバ ノードの主要な再構成を必要としません。

結論

この資料で説明されている 3 つの可能 な シナリオは機能性を必要とすることに関係なく CMTS におけるケーブル ファイバ ノードを正しく設定する方法を示します。 ケーブル ファイバ ノードはその他の機能と相互に作用しているので、上下流、より効率的に CMTS 設定を管理するのにこれらの推奨事項を使用することは重要です。 Cisco はある特定の機能がもっとインテリジェントに機能できるように CMTS により多くの「プラントを」認識させるためにケーブル ファイバ ノード 機能性を追加しました。 これはスムーザーおよびより処理しやすい稼働中のネットワークを提供します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 82070