コラボレーション : Cisco ICM Router Software

ICM/IPCC CallRouter の同期外れ状態

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Contact Center Intelligent Contact Management(ICM)のデュプレックス CallRouter で非同期のイベントをトラブルシューティングするために必要な推奨手順とトレース レベルについて説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM

  • ICM Central Controller 機能性の高レベル知識

  • Regedit

  • Microsoft SQL

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 5.x および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

説明

まれに、ICM CallRouters は二重化されたパートナーと同期外れになることができます。 このイベントのための主要なトリガーは CallRouter とピア間のチェックサムの失敗です。 失敗の時点でルータの記憶 ダンプである CallRouters が同期外れになるとき、標準オブジェクト ダンプする(芝地)ファイルは生成されます。

同期外れイベントは CallRouter によって misrouted 呼び出しの原因となる場合があります。

これらのメソッドのうちのどれかが同期外れ状態があるように確認するのに使用することができます:

  • CallRouters は自動的に 15 秒毎に双方間の同期化チェックを行います。 それが同期外れ状態を検知する場合、CallRouter はこのディレクトリ内の芝地ファイルを作成します:

    <drive>:\icm\<instance>ra 
    and 
    <drive>:\icm\<instance>rb
  • このメッセージは CallRouter で Windows イベント ビューア内のアプリケーションログで生成されます。 メッセージ 詳細はここにあります:

    the router has detected that it no longer synchronized with its partner

    SNMPトラップはまた生成されます。

  • CallRouter (rtr)から記録 します(例だけ):

    ra-rtr The router has detected that it is no longer synchronized with its partner 
    ra-rtr Trace: RunningSyncCheck failure: SideA reported 0A7FDF68, B reported FF1319C5 
    ra-rtr Trace: Wrote 719296 records to sync32932.sod, total length = 1871522788 bytes 
    ra-rtr Trace: Router dump created in sync32932.sod 
    rb-rtr The router has detected that it is no longer synchronized with its partner 
    rb-rtr Trace: RunningSyncCheck failure: Side A reported 0A7FDF68, B reported FF1319C5 
    rb-rtr Trace: Wrote 719296 records to sync32932.sod, total length = 187152790 bytes 
    rb-rtr Trace: Router dump created in sync32932.sod

追加ロギング

注: CallRouters が同期外れに行くときその結果生成する標準芝地ファイルに制限があり、そこに設計がデバッグの粒状レベルをよりよく原因を特定するために必要とする時です。 ICM を 5.0 (0) SR8 またはそれ以降実行すれば、芝地ファイルのデバッグを増加するために有効に することができる 2 つのレジストリキーがあります。

両方のこれらのレジストリ デバッグを CallRouters 有効に して下さい:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems, Inc.\ICM\
<cust_instance>\RouterX\Router\CurrentVersion\Debug

2 エントリ、MessageTrackingEnabled および MessageTrackingLimit があります。

次の値を設定します。

  • MessageTrackingEnabled = 1

  • MessageTrackingLimit = 10000 (デシマル値)

注: これらは動的な値で、すぐに実施されます。 これにより ICM の異常な動作を引き起こしません。 これら設定 される ビットをトレースするとき、それはもし別の同期外れ状態が発生すればより詳しい芝地ファイル デバッグを有効に します。 これら二つのトレース ビットをディセーブルにする必要がそれら残るはずですありません。 ただし、これらのトレース ビットはデフォルト値にセットアップが CallRouters で動作する場合戻ります(すなわち)。 これが発生する場合、それらは手動で再び有効になる必要があります。

データ収集

停止のために Cisco TACサポートを要求するときこのデータおよび情報は必要です:

  1. 失敗の正確 な 時間に注意して下さい。

  2. 停止の時間枠のための両側(rtr、mds、nm、ccag)から CallRouter ログを集めて下さい。

  3. イベント ビューアを(システムおよびアプリケーション)テキストフォーマットでエクスポートするログがそれぞれログ フォルダーでマウス クリック集め、『Save As』 を選択 して下さい。 プルダウン型として保存の下でテキストを選択して下さい。

  4. 両方から芝地ファイルを CallRouters 集めて下さい。

  5. 回復 した 1 時間後ルータが同期外れに行った 2.5 時間前に及びなさい CallTypeHalfHour、TCD および RCD レコードを集めれば。

    これらはタブによって区切られる形式にある必要があり、ロガーの両面からダンプされる必要があります。 これらのレコードはロガーの両面から来る必要があります。

    これは SQL クエリ例です:

    SELECT * FROM Call_Type_Half_Hour 
    WHERE DateTime >= 'yyyy-mm-dd hh:mm' /* At least 2.5 hours before the 
    out of sync error occurred */ 
    AND DateTime < 'yyyy-mm-dd hh:mm' /* At least 1 hour after the 
    out of sync error occurred or less 
    if run within an hour of the problem happening */ 
    
    SELECT * FROM Termination_Call_Detail 
    WHERE DateTime >= 'yyyy-mm-dd hh:mm' /* At least 2.5 hours before the 
    out of sync error occurred */ 
    AND DateTime < 'yyyy-mm-dd hh:mm' /* At least 1 hour after the 
    out of sync error occurred or less 
    if run within an hour of the problem happening */ 
    
    SELECT * FROM Route_Call_Detail 
    WHERE DateTime >= 'yyyy-mm-dd hh:mm' /* At least 2.5 hours before the 
    out of sync error occurred */ 
    AND DateTime < 'yyyy-mm-dd hh:mm' /* At least 1 hour after the 
    out of sync error occurred or less 
    if run within an hour of the problem happening*/
  6. 回復 した 30 分後 1 時間ルータが同期外れである前にその周辺機器ゲートウェイ(PG)の両側で各 Voice Response Unit Peripheral Interface Manager (VRUPIM)の vrutrace ファイルをカバーします時間枠を少なくとも集めれば。

    詳細については VRUTrace ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

  7. それらが時間に後同期外れに行った前に時間から両方のロガー データベースに対して dumpcfg ユーティリティを実行して下さい。

    詳細については ICM コンフィギュレーション変更をトラッキングするために使用を dumpcfg 管理 ツール参照して下さい。

  8. 両方のロガーから設定をエクスポートするために ICMDBA を使用して下さい。

  9. CallRouters の両面から全体の ICM レジストリ ブランチをエクスポートして下さい。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems,Inc.

回避策

これらは 2 つの回避策オプションです:

  • 両方の CallRouterプロセスを再度シャットダウンし、バックアップ開始することによって CallRouters を循環させて下さい。 これはこの状態を回避する最もきれいな方法です。

  • 再始動 CallRouters の一方。

両方のオプションにより CallRouters は同期して再同期化し、動作します。 これは CallRouter 側が両方とも再度呼出す同じ方法をルーティングすることを意味します。

再起動されたときオプション 1 は好まれる方法で、両方のすべての呼び出しを正しくルーティングする CallRouters のより高い確率という結果に終ります。 ただし、同時に CallRouters を両方の持っている可能性を降ろすことができなければ、オプション 2 は代りに使用することができます。

オプション 2 はオプション再同期化します 1.オプション 2 が CallRouters がのと、両側が呼び出しを同じ方法ルーティングする成功の同じレベルという結果に終る場合があります。 ただし、CallRouter が再同期の後で再起動しなかった誤った記述を備えていたら、CallRouter は両側でです不正確示します。 このケースは同期されています、いくつかの呼び出しを不正確にルーティングするためにが両方 CallRouters を導くことができます。 これが発生するという可能性はオプション 1 のステップが踏まれる場合よりわずかに高いかもしれません。

注: Cisco は強くこれらの回復アクションをに関して行うことに Maintenance ウィンドウが生産呼ルーティングに減す影響をなっていることを推奨します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 81904