LAN スイッチング : VTP

すべてのトランスペアレント VTP ドメインから、サーバ - クライアント型 VTP ドメインへの移行の設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 10 月 7 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、キャンパス ネットワークをすべての VLAN トランキング プロトコル(VTP)トランスペアレント モード スイッチから VTP サーバとクライアントがあるネットワークに移行する方法の設定例を示します。 このドキュメントは、既存の VTP ドメインの再構築にも使用できます。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Catalyst スイッチ 管理の基本的な知識

  • VTP のナレッジ

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS に基づいていますか。 ソフトウェア リリース 12.2(25)SEC2 および Catalyst OS (CatOS)バージョン 8.1(2)。

この文書に記載されている情報は VLANトランク プロトコル バージョン 2 をサポートするすべての Ciscoデバイスに適当です。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

VTP を使用すると、スイッチド ネットワークの管理が容易になります。 ある VTP サーバ上で新規 VLAN を設定すると、その VLAN がそのドメイン内のすべてのスイッチに伝搬されます。 これにより、同一の VLAN を複数の箇所で設定する必要が減少します。 VTP は Cisco Catalystシリーズ 製品のほとんどで利用可能の Cisco 独自 の プロトコルです。

注: この資料は VTP バージョン 1 (v1)およびバージョン 2 (v2)と VTP バージョン 3. VTP バージョン 3 を異なります取り扱っていません。 それは CatOS 8.1(1) またはそれ以降だけで利用可能です。 VTP バージョン 3 は VTP v1 および v2 からの多くの変更を統合します。 ネットワークコンフィギュレーションを変える前に VTP バージョン 3 および それ 以前 バージョン間の相違点を理解すること確かめて下さい。 詳細については VTP の設定からのこれらのセクションの 1 つを参照して下さい:

設定

このセクションではすべての VTP 透過的な設定から VTP サーバクライアント 設定にキャンパスネットワークを移行するために、情報が表示されます。 このセクションはまた VTP ドメインに新しいスイッチを導入するのに使用されるクイック・ステップを提供しま存在 します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/81682/vtp-migration.gif

ネットワークは下記のものを含んでいます:

  • 2 つのディストリビューションレイヤ スイッチ— DistributionA および DistributionB はその両方 Cisco IOSソフトウェアを実行します。

  • 2 つのアクセスレイヤスイッチ— AccessA は Cisco IOSソフトウェアおよび AccessB 実行 CatOS ソフトウェア実行します。

最初の VLANデータベースにこれらのイーサネットVLAN があります:

  • DistributionA — VLAN 1、10、および 11

  • DistributionB — VLAN 1、20、および 21

  • AccessA — VLAN 1、30、および 31

  • AccessB — VLAN 1、40、および 41

設定

このセクションは 3 つの部分で構成されています:

前に移行チェック

このセクションはネットワークがマイグレーション プロセスの準備ができていることを確かめるためにチェックリストを提供します。 スイッチの VTP 設定の現在のステータスを受け取るために、Cisco IOS のための show vtp status コマンド、および CatOS のための show vtp domain コマンドを発行して下さい。

Cisco IOS

DistributionA#show vtp status
VTP Version                     : 2
Configuration Revision          : 0
Maximum VLANs supported locally : 1005
Number of existing VLANs        : 7
VTP Operating Mode              : Transparent
VTP Domain Name                 : migration
VTP Pruning Mode                : Disabled
VTP V2 Mode                     : Disabled
VTP Traps Generation            : Disabled
MD5 digest                      : 0xE5 0x9F 0x80 0x70 0x73 0x62 0xC0 0x54
Configuration last modified by 0.0.0.0 at 3-1-93 04:23:21
DistributionA#

Catalyst OS

AccessB> (enable) show vtp domain
Version      : running VTP1 (VTP3 capable)
Domain Name  : migration                        Password  : not configured
Notifications: disabled                         Updater ID: 0.0.0.0

Feature        Mode           Revision
-------------- -------------- -----------
VLAN           Client         0

Pruning             : disabled
VLANs prune eligible: 2-1000
AccessB> (enable)
  1. すべてのスイッチが VTP 透過モードにあるかどうか確認して下さい。 VTP モードを変更するためにこれらのコマンドを発行して下さい:

    Cisco IOS

    AccessA#conf t
    AccessA(config)#vtp mode transparent
    Setting device to VTP TRANSPARENT mode
    AccessA(config)#exit
    AccessA#

    Catalyst OS

    AccessB> (enable) set vtp mode transparent
    Changing VTP mode for all features
    VTP domain migration modified
    AccessB> (enable)
  2. すべてのスイッチに同じ VTP ドメイン名があるかどうか確認して下さい。 VTP ドメイン名を変更するためにこれらのコマンドを発行して下さい:

    Cisco IOS

    DistributionB(config)#vtp domain migration
    
    Changing VTP domain name from aaaa to migration
    DistributionB(config)#

    Catalyst OS

    AccessB> (enable) set vtp domain migration
    
    VTP domain migration modified
    AccessB> (enable)
  3. すべてのスイッチが同じ VTP バージョンを実行するかどうか確認して下さい。 VTP バージョンを変更するためにこれらのコマンドを発行して下さい:

    Cisco IOS

    vtp version 2
    

    Catalyst OS

    set vtp v2 enable
    

    または

    set vtp version 2
    
  4. すべてのスイッチが同じ VTP パスワードを実行するかどうか確認して下さい(設定される)。 VTP パスワードを変更するためにこれらのコマンドを発行して下さい:

    Cisco IOS

    vtp password vtp_password
    
    

    Catalyst OS

    AccessB> (enable) set vtp passwd ?
      <passwd>                   Password (0 to clear)
    AccessB> (enable) set vtp passwd vtp_password
    
    Generating the secret associated to the password.
    VTP domain migration modified
  5. すべてのスイッチがトランクリンクによって接続されるかどうか確認して下さい。

    Cisco IOS

    DistributionA#show interfaces trunk
    
    Port        Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
    Gi2/0/1     auto         n-isl          trunking      1
    Gi2/0/5     auto         n-802.1q       trunking      1
    Gi2/0/9     desirable    n-isl          trunking      1
    Gi2/0/10    desirable    n-isl          trunking      1
    
    Port      Vlans allowed on trunk
    Gi2/0/1     1-4094
    Gi2/0/5     1-4094
    Gi2/0/9     1-4094
    Gi2/0/10    1-4094
    
    Port        Vlans allowed and active in management domain
    Gi2/0/1     1,10-11
    Gi2/0/5     1,10-11
    Gi2/0/9     1,10-11
    Gi2/0/10    1,10-11
    
    Port        Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
    Gi2/0/1     1,10-11
    Gi2/0/5     1,10-11
    Gi2/0/9     1,10-11
     
    !--- Rest of output elided.
    
    

    Catalyst OS

    AccessB> (enable) show trunk
    * - indicates vtp domain mismatch
    # - indicates dot1q-all-tagged enabled on the port
    Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
    --------  -----------  -------------  ------------  -----------
     3/25     desirable    n-isl          trunking      1
     3/26     desirable    n-isl          trunking      1
     6/1      nonegotiate  dot1q          trunking      1
     6/2      nonegotiate  dot1q          trunking      1
     6/3      nonegotiate  dot1q          trunking      1
     6/4      nonegotiate  dot1q          trunking      1
    16/1      nonegotiate  isl            trunking      1
    
    Port      Vlans allowed on trunk
    --------  ---------------------------------------------------------------------
     3/25     1-1005,1025-4094
     3/26     1-1005,1025-4094
     6/1
     6/2
     6/3
     6/4
    16/1      1-1005,1025-4094
    
    Port      Vlans allowed and active in management domain
    
    !--- Rest of output elided.
    
    

移行計画

  • ネットワークに必要な VLAN の数を判別して下さい。 Catalyst スイッチによってサポートされるアクティブVLAN の最大数はモデルと異なります。

    AccessA#show vtp status
    VTP Version                     : 2
    Configuration Revision          : 0
    Maximum VLANs supported locally : 250
    Number of existing VLANs        : 7
    VTP Operating Mode              : Transparent
    VTP Domain Name                 : migration
    VTP Pruning Mode                : Disabled
    VTP V2 Mode                     : Disabled
    VTP Traps Generation            : Disabled
    MD5 digest                      : 0xC8 0xB7 0x36 0xC3 0xBD 0xC6 0x56 0xB2
    Configuration last modified by 0.0.0.0 at 3-1-93 04:23:21
    AccessA#
  • VTP サーバである DistributionB 確認して下さい、および DistributionA のようなスイッチを。 1つ以上のスイッチはドメインの VTP サーバである場合もあります。 移行を開始するために 1 スイッチを、DistributionA のような、選択して下さい。

移行手順

VTP モード サーバおよびクライアントでキャンパスネットワークを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. サーバDistributionA の VTP モードを変更して下さい。

    DistributionA#conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    DistributionA(config)#vtp mode server
    Setting device to VTP SERVER mode
    DistributionA(config)#exit
    DistributionA#
  2. ドメインに必要となる VLAN を作成して下さい。

    
    !--- Before creating VLANs
    
    DistributionA#show vlan
    
    VLAN Name                             Status    Ports
    ---- -------------------------------- --------- -------------------------------
    1    default                          active    Gi2/0/2, Gi2/0/3, Gi2/0/4
                                                    Gi2/0/6, Gi2/0/7, Gi2/0/8
                                                    Gi2/0/11, Gi2/0/12, Gi2/0/13
                                                    Gi2/0/14, Gi2/0/15, Gi2/0/16
                                                    Gi2/0/17, Gi2/0/18, Gi2/0/19
                                                    Gi2/0/20, Gi2/0/21, Gi2/0/22
    10   VLAN0010                         active    Gi2/0/23
    11   VLAN0011                         active    Gi2/0/24
    1002 fddi-default                     act/unsup
    1003 token-ring-default               act/unsup
    1004 fddinet-default                  act/unsup
    1005 trnet-default                    act/unsup
    
    VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BridgeNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
    ---- ----- ---------- ----- ------ ------ -------- ---- -------- ------ ------
    1    enet  100001     1500  -      -      -        -    -        0      0
    10   enet  100010     1500  -      -      -        -    -        0      0
    11   enet  100011     1500  -      -      -        -    -        0      0
    1002 fddi  101002     1500  -      -      -        -    -        0      0
    1003 tr    101003     1500  -      -      -        -    srb      0      0
    
    !--- Rest of output elided.
    
    
    
    
    !--- Creating required VLANs
    
    DistributionA#conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    DistributionA(config)#vlan 20-21,30-31,40-41
    
    DistributionA(config-vlan)#exit
    DistributionA(config)#exit
    DistributionA#
    
    
    !--- After creating VLANs
    
    DistributionA#show vlan
    
    VLAN Name                             Status    Ports
    ---- -------------------------------- --------- -------------------------------
    1    default                          active    Gi2/0/2, Gi2/0/3, Gi2/0/4
                                                    Gi2/0/6, Gi2/0/7, Gi2/0/8
                                                    Gi2/0/11, Gi2/0/12, Gi2/0/13
                                                    Gi2/0/14, Gi2/0/15, Gi2/0/16
                                                    Gi2/0/17, Gi2/0/18, Gi2/0/19
                                                    Gi2/0/20, Gi2/0/21, Gi2/0/22
    10   VLAN0010                         active    Gi2/0/23
    11   VLAN0011                         active    Gi2/0/24
    20   VLAN0020                         active
    21   VLAN0021                         active
    30   VLAN0030                         active
    31   VLAN0031                         active
    40   VLAN0040                         active
    41   VLAN0041                         active
    1002 fddi-default                     act/unsup
    1003 token-ring-default               act/unsup
    1004 fddinet-default                  act/unsup
    1005 trnet-default                    act/unsup
    
    VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BridgeNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
    
    !--- Rest of output elided.
    
    

    新しい VLAN が設定されるべきでないならダミーの VLAN を作成して下さい。

    これはネットワーク全体伝搬することを VLANデータベースが可能にする '1' にコンフィギュレーションリビジョンを高めます。

    DistributionA#conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    DistributionA(config)#vlan 100
    
    DistributionA(config-vlan)#name dummy
    
    DistributionA(config-vlan)#exit
    DistributionA(config)#exit
    DistributionA#
  3. AccessA および AccessB に先行しているクライアントDistributionB の VTP モードを変更して下さい。

    Cisco IOS

    DistributionB#conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    DistributionB(config)#vtp mode client
    Setting device to VTP CLIENT mode.
    DistributionB(config)#exit
    DistributionB#
    
    
    DistributionB#show vtp status
    VTP Version                     : 2
    Configuration Revision          : 0
    Maximum VLANs supported locally : 1005
    Number of existing VLANs        : 13
    VTP Operating Mode              : Client
    VTP Domain Name                 : migration
    VTP Pruning Mode                : Disabled
    VTP V2 Mode                     : Disabled
    VTP Traps Generation            : Disabled
    MD5 digest                      : 0xBD 0xA4 0x94 0xE6 0xE3 0xC7 0xA7 0x86
    Configuration last modified by 0.0.0.0 at 3-1-93 04:23:21

    Catalyst OS

    AccessB> (enable) set vtp mode client
    Changing VTP mode for all features
    VTP domain migration modified
  4. すべての VLAN がドメインを渡って伝搬するかどうか確認して下さい。

    Cisco IOS

    DistributionB#show vlan
    
    VLAN Name                             Status    Ports
    ---- -------------------------------- --------- -------------------------------
    1    default                          active    Fa1/0/1, Fa1/0/3, Fa1/0/4
                                                    Fa1/0/5, Fa1/0/7, Fa1/0/8
                                                    Fa1/0/11, Fa1/0/12, Fa1/0/13
                                                    Fa1/0/14, Fa1/0/15, Fa1/0/16
                                                    Fa1/0/17, Fa1/0/18, Fa1/0/19
                                                    Fa1/0/20, Fa1/0/21, Fa1/0/22
                                                    Fa1/0/23, Fa1/0/24
    10   VLAN0010                         active
    11   VLAN0011                         active
    20   VLAN0020                         active    Gi1/0/1
    21   VLAN0021                         active    Gi1/0/2
    30   VLAN0030                         active
    31   VLAN0031                         active
    40   VLAN0040                         active
    41   VLAN0041                         active
    1002 fddi-default                     act/unsup
    1003 token-ring-default               act/unsup
    1004 fddinet-default                  act/unsup
    1005 trnet-default                    act/unsup
    
    !--- Rest of output elided.
    
    

    Catalyst OS

    AccessB> (enable) show vlan
    VLAN Name                             Status    IfIndex Mod/Ports, Vlans
    ---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
    1    default                          active    64      2/1-2
                                                            3/1-24,3/27-46
                                                            4/1-8
    10   VLAN0010                         active    107
    11   VLAN0011                         active    108
    20   VLAN0020                         active    105
    21   VLAN0021                         active    106
    30   VLAN0030                         active    109
    31   VLAN0031                         active    110
    40   VLAN0040                         active    111     3/47
    41   VLAN0041                         active    112     3/48
    1002 fddi-default                     active    65
    1003 token-ring-default               active    68
    1004 fddinet-default                  active    66
    1005 trnet-default                    active    67
    
    
    VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BrdgNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
    ---- ----- ---------- ----- ------ ------ ------ ---- -------- ------ ------
    1002 fddi  101002     1500  -      -      -      -    -        0      0
    1003 trcrf 101003     1500  -      -      -      -    -        0      0
    
    !--- Rest of output elided.
    
    
  5. どのスイッチポートでも INACTIVE 状態にあるかどうか確認して下さい。

    スイッチポートは INACTIVE 状態にそのスイッチポートのために設定される VLAN がスイッチにない場合行くことができます。 VTP サーバ スイ ッチの適切な VLAN を、要求に応じて、作成して下さい。

    Cisco IOS

    show interfaces switchport コマンドの出力から、アクセス モード VLAN アトリビュートのための非アクティブ キーワードがある場合スイッチポートが非アクティブ モードにだったかどうか確認できます。

    DistributionB#show interfaces switchport
    Name: Fa1/0/1
    Switchport: Enabled
    Administrative Mode: dynamic auto
    Operational Mode: down
    Administrative Trunking Encapsulation: negotiate
    Negotiation of Trunking: On
    Access Mode VLAN: 1 (default)
    Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
    Administrative Native VLAN tagging: enabled
    Voice VLAN: none
    Administrative private-vlan host-association: none
    Administrative private-vlan mapping: none
    Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
    Administrative private-vlan trunk Native VLAN tagging: enabled
    Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
    Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
    Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
    Operational private-vlan: none
    Trunking VLANs Enabled: ALL
    Pruning VLANs Enabled: 2-1001
    Capture Mode Disabled
    Capture VLANs Allowed: ALL
    
    
    !--- Part of output elided.
    
    
    Name: Fa1/0/24
    Switchport: Enabled
    Administrative Mode: dynamic auto
    Operational Mode: down
    Administrative Trunking Encapsulation: negotiate
    Negotiation of Trunking: On
    Access Mode VLAN: 50 (Inactive)
    Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
    Administrative Native VLAN tagging: enabled
    Voice VLAN: none
    Administrative private-vlan host-association: none
    Administrative private-vlan mapping: none
    Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
    Administrative private-vlan trunk Native VLAN tagging: enabled
    Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
    Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
    Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
    Operational private-vlan: none
    Trunking VLANs Enabled: ALL
    Pruning VLANs Enabled: 2-1001
    Capture Mode Disabled
    Capture VLANs Allowed: ALL
    
    Protected: false
    Unknown unicast blocked: disabled
    
    !--- Rest of output elided.
    
    

    VTP サーバ スイ ッチ(DistributionA)の VLAN 50 を作成して下さい。

    DistributionA#conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    DistributionA(config)#vlan 50
    
    DistributionA(config-vlan)#name Vlan50
    
    DistributionA(config-vlan)#end
    DistributionA#
    
    !--- Verify the switchport status in the DistributionB switch.
    
    
    DistributionB#show interfaces fa1/0/24 switchport
    Name: Fa1/0/24
    Switchport: Enabled
    Administrative Mode: dynamic auto
    Operational Mode: down
    Administrative Trunking Encapsulation: negotiate
    Negotiation of Trunking: On
    Access Mode VLAN: 50 (Vlan50)
    Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
    Administrative Native VLAN tagging: enabled
    Voice VLAN: none
    Administrative private-vlan host-association: none
    Administrative private-vlan mapping: none
    Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
    Administrative private-vlan trunk Native VLAN tagging: enabled
    Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
    Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
    Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
    Operational private-vlan: none
    Trunking VLANs Enabled: ALL
    Pruning VLANs Enabled: 2-1001
    Capture Mode Disabled
    Capture VLANs Allowed: ALL
    
    !--- Rest of output elided.
    
    
  6. サーバDistributionB スイッチの VTP モードを変更して下さい。

    VTP サーバ スイ ッチは同じ 設定 リビジョン番号を備え VTP ドメインの最も高い必要があります。

VTP ドメインにスイッチを追加して下さい

最近追加されたスイッチはネットワークで問題を引き起こす場合があります。 ラボで以前に使用された、よい VTP ドメイン名は入力されましたそれはスイッチである場合もあり。 このスイッチは VTP クライアントとして設定され、ネットワークに接続されています。 それから、ネットワークの他までトランクリンクを持って来ました。 たった数秒間のうちに、ネットワーク全体はダウン状態になることができます。

追加したスイッチのコンフィギュレーションリビジョン番号が VTP ドメインのコンフィギュレーションリビジョン番号より高い場合、VTP ドメインを通して VLANデータベースを伝搬させます。

この問題は、スイッチが VTP クライアントか VTP サーバかにかかわらず発生します。 VTP クライアントは、VTP サーバ上の VLAN 情報を消去できます。 ネットワークのポートの多数が INACTIVE 状態に入るが、非存在 VLAN に割り当て続けますことができますと発生しましたりこれを言う。

注: Flash アニメーションを参照して下さい: この問題のデモのための VTP

ネットワークにスイッチを追加するときこの問題を避けるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ネットワークに新しいスイッチを接続する前に、透過的なにスイッチの VTP モードを変更して下さい。

    これはゼロにコンフィギュレーションリビジョン番号をリセットします('0')。

  2. スイッチをネットワークに接続し、適切なトランクリンクを設定して下さい。

  3. VTP 属性を設定して下さい:

    1. ネットワークの VTP ドメイン名を一致するために VTP ドメイン名を設定して下さい。

    2. VTP バージョンおよびパスワードを設定して下さい(必要とされる)。

  4. クライアントに VTP モードを変更して下さい。

    コンフィギュレーションリビジョン番号はまだゼロです('0')。 VLAN は VTP サーバからネットワークのその存在を伝搬させ始めます。

  5. 必要なすべての VLAN が新しいスイッチとネットワークの VTP サーバで利用できるかどうか確認して下さい。

  6. どの VLAN でも抜けている場合、速い回避策は VTP サーバの 1 つからそれを追加することです。

最近挿入されたスイッチが詳細についてはネットワーク上の問題をどのように引き起こす場合があるか参照して下さい。

確認

この設定のために利用可能 な別途の確認 手順がありません。 設定例の一部として提供される検証手順を使用して下さい。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

  • show vtp status [Cisco IOS] — VTP ドメインの現在のステータスを表示する。

  • show vtp domain [Catalyst OS] — VTP ドメインの現在のステータスを表示する。

  • show vlan — VLAN 情報を表示する。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

VTP においてのよくある 問題の情報に関しては VTP トラブルシューティングおよび警告を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 81682