音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

強制承認コード(FAC)の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はユーザのある特定のグループのための長距離電話にアクセスを制限するのにどのようにでルートパターンと共に強制オーソリゼーション・コード(FAC)を使用できるか設定 例を提供したものです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

FAC およびクライアント関係コード(CMC)はコール アクセスおよび会計を管理することを可能にします。 CMC は請求可能なクライアントのためのコール 会計 と 請求書 作成と FACs は一定のユーザが送信できる呼び出しの種類を調整するが、助けます。 FAC 機能はコールが接続される前にユーザに有効なオーソリゼーション・コードを入力させます。 FAC プロセスはここに定義されます:

  1. ユーザは FAC 有効に された ルートパターンに行く数をダイヤルします。

  2. Cisco Unified CallManager は電話を特別なトーンを再生するように告げます。

  3. ユーザはオーソリゼーション・コードを入力します。 切れる FAC タイマーのための(T302/ か桁間タイマー) (デフォルト 15 秒)または「#」キーを押すユーザ向けのシステムそして待機。

    注: FAC タイマーが T302 タイマーに影響を与えるので、より多くの時間割り当てにこのタイマーを FAC 入力の調整したら、普通 通話の時間を同様に拡張することを覚えておいて下さい。

  4. コードが正しい場合、コールは終了ゲートウェイに伸び、Cisco Unified CallManager は FAC 数によってフラグを付けられるコール詳細レコード(CDR)を作成します。

会社が FAC を使用しているユーザのある特定のグループのための呼ルーティングをどのように制限できるかこの資料に説明されています。 例示を目的として、IP Phone ユーザのこれら二つの型との組織を考慮して下さい:

  1. 従業員

  2. マネージャ

これは要件です:

  1. 従業員 IP 電話は発信者が十分なアクセスレベルとの FAC を入力するときだけ長距離電話へのアクセスを認める必要があります。

  2. 組織マネージャはコードを入力する必要なしで IP 電話から長距離電話を作れますはずです。

設定

Background Information セクションの下で述べられる必要条件を満たすためにこのセクションでコンフィギュレーション手順を行って下さい。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/81541/fac-config-ex-1.gif

強制オーソリゼーション・コードを設定して下さい

ルートパターンを通して FAC を有効に する前に、Cisco CallManager Administration の FACs を定義する必要があります。 これを達成するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration で、オーソリゼーション・コードを『Feature』 を選択 して下さい > 強制しました

  2. ウィンドウの右上では、新しい強制オーソリゼーション・コードを『Add』 をクリック して下さい。

  3. FAC コンフィギュレーションウィンドウのこれらのパラメータを設定し、『Insert』 をクリック して下さい。

    • 許可 コードネーム— 50 文字以下ではない固有の名前を入力して下さい。 この名前はユーザの特定のユーザかグループにオーソリゼーション・コードを結びます。

    • オーソリゼーション・コード— 16 ディジット以下ではないユニークなオーソリゼーション・コードを入力して下さい。 例では、このコードは 12345 で設定されます。 ユーザはユーザが FAC 有効に された ルートパターンを通してコールを送信するときこのコードを入力します。

    • 水平な許可— 0 から 255 の範囲で 3 桁許可 レベルをその存在入力して下さい; デフォルト等号 0。 オーソリゼーション・コードに指定するレベルはユーザが FAC 有効に された ルートパターンを通して呼び出しをルーティングできるかどうか判別します。 コールを正しくルーティングして、ユーザ許可 レベルはコールのルートパターンのために規定 される 許可 レベルより大きい匹敵するか、または必要があります。

    fac-config-ex-2.gif

ルートパターンを設定して下さい

長距離ルートパターンのための FAC を有効に するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco CallManager Administration ウィンドウでは、2 つの異なる配分を作成して下さい。 たとえば、LongDistanceEmployees および LongDistanceManager

    知識をパーティションを作成する方法の情報に関しては Cisco Unified CallManager との使用パーティションおよび Calling Search Spaces 参照すれば。

  2. 2 つの異なる Calling Search Spaces (CSS)を名前を挙げました Employees およびマネージャを作成して下さい。

    パーティション LongDistanceEmployees を従業員 CSS に含め、マネージャ CSS にパーティション LongDistanceManager を含めて下さい。 CSS を設定する方法に関する詳細については Calling Search Space 設定を参照して下さい。

    /image/gif/paws/81541/fac-config-ex-3.gif

    fac-config-ex-4.gif

  3. 2 つの別々の長距離ルートパターンを、1 パーティション LongDistanceEmployees を使用するおよびパーティション LongDistanceManager を使用する別のもの必要があります作成する。 FAC を使用するのに LongDistanceEmployees パーティションを使用するルートパターンを設定して下さい。 次の手順を実行します。

    1. CallManager Administration ウィンドウで、Route Plan > Route/Hunt > Route Pattern の順に選択 し、『Add a New Route Pattern』 をクリック して下さい。

    2. Route Pattern Configuration ウィンドウでは、長距離ルートパターンを入力し、このルートパターンに LongDistanceEmployees 配分を選択して下さい。

      また他のどの望ましい設定と共に正しいゲートウェイか Route リストを選択して下さい。 チェックは強制オーソリゼーション・コードを必要とし、許可 レベルを入力します。 このフィールドで規定 する数はこのルートパターンを通してコールを正しくルーティングするために必要である最小許可 レベルを判別します。 [Insert] をクリックします。

      /image/gif/paws/81541/fac-config-ex-5.gif

    3. LongDistanceManager パーティションを使用する長距離ルートパターンを追加するために『Add a New Route Pattern』 をクリック して下さい。

      Route Pattern Configuration ウィンドウでは、同じ長距離ルートパターン(次ステップ 3b)を入力し、このルートパターンに LongDistanceManager 配分を選択して下さい。 正しいゲートウェイか Route リストがこの設定に選択されるようにして下さい。 また、このルートパターンは FAC を使用するために設定するべきではありません。

      /image/gif/paws/81541/fac-config-ex-6.gif

  4. IP Phone設定 ウィンドウの下で、LongDistanceEmployees 配分と従業員 CSS に従業員 IP Phone ディレクトリ番号を含んで下さい。 また、LongDistanceManager パーティションとマネージャ CSS にマネージャ IP Phone ディレクトリ番号を含んで下さい。

    注: 従業員 IP 電話によって使用される CSS は LongDistanceManager パーティションを含んではマネージャの IP Phone によって使用される CSS は LongDistanceEmployees パーティションを含んではなりません。

制限する FAC を使用する唯一の電話

1 台のただ電話を FAC を長距離電話を作るのに使用するように制限するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. その LD パターンのためのルートパターン設定をコピーし、その電話によってしかアクセスすることができない新しいパーティションに置いて下さい。

  2. また LD パーティションを含むその電話のための別々の呼び出し検索空間仕様を作成して下さい。

  3. そのルートパターンのための FAC を有効に して下さい疑わしいコードを入力するために電話だけそう必要となる。

確認

きちんとコンフィギュレーション作業かどうか確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 従業員拡張 1000 から、長距離番号 4085551234 を呼出して下さい。

    システムはオーソリゼーション・コードのためにプロンプト表示するトーンを再生する必要があります。 オーソリゼーション・コードが入力されれば、コールは接続されます。

    注: ユーザがコードを入力した後すぐにコールをルーティングするために、ユーザは電話で#押すことができます。 さもなければコールは 15 秒にデフォルトで匹敵する桁間タイマーが切れた後発生します。

  2. マネージャの拡張 1001 から、長距離番号 4085551234 を呼出して下さい。

    コールはオーソリゼーション・コードのためにプロンプト表示しないで接続する必要があります。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

強制オーソリゼーション・コードははたらくためにランダムに停止します

設定される FAC にルートパターンをマッチさせる数にダイヤルするとき FAC を入力するためにトーンを聞きます。 しかし FAC を入力するとき、リオーダー トーンを受け取り、コールはリリースされます。

この問題のための一時的な次善策として、FAC 設定 ページに行き、『Update』 をクリック して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 81541