音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Attendant Console

CallManager アテンダント コンソール: 短縮ダイヤルのトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

スピード ダイヤル エントリを使用すると、迅速なコールの発信、コールの転送、コンサルト(監視付き)転送、およびスピード ダイヤル エントリに関連付けられた個人との会議を開始できます。 スピード ダイヤル エントリには、ダイヤル グループに追加したユーザの名前、電話番号、およびメモが含まれます。

この資料は Cisco CallManager Attendant Console 速度ダイヤルによっておよびそれらの問題を解決する方法を発生するよくある 問題を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager Attendant Console

  • 速度ダイヤル

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.x および 4.x

  • Cisco CallManager Attendant Console 1.x およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

注: Cisco Unified Communications Manager ワールド・トゥデイ リリース 6.1 でアテンダント コンソールは通話装置機能をサポートしません。 通話装置機能がハント グループのメンバーである電話で設定されるときアテンダント コンソール GUI は通話装置および他の行を示しますが、ハント グループ メンバー行を表示する。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

速度ダイヤル名前が変更された後失われる速度 Dial エントリ

問題

状況によっては速度への変更に名前にダイヤルさせる後、速度 Dial エントリは失われます。

このセクションのソリューションは状況にでした複数のアテンダント コンソール クライアント同じ速度ダイヤル セットアップを使用したいと思います適用されます。 それはまた Cisco Unified Communications Manager 7.x アテンダント コンソールに Cisco Unified CallManager 4.x アテンダント コンソールの速度ダイヤルをエクスポートする必要があるとき適用します。

解決策

ダイレクトリサーバがコンソールからのユーザの終了かログアウトの間に到達可能ではない場合、アプリケーションはローカルマシンでアテンダント コンソール設定へのどの変更でも保存されるように、速度ダイヤルを含む付随設定を(XML ファイルとして)保存します。 これはディレクトリがアクセス可能なとき同期されます。

これらのステップを完了するとき速度ダイヤルを回復できます。

  1. この例では、ac1 および ac2 と問い合わせられる 2 人のアテンダント コンソール ユーザがあることが仮定されます。 コンソールを起動させ、ユーザ ac1 としてログインして下さい。 コンソールはユーザ ac1 向けに作成されるすべての速度ダイヤルを起動させ、リストします。

  2. PC をネットワークから取除き、アテンダント コンソール Application ウィンドウを閉じて下さい。

  3. C:\Program Files\Cisco\CallManager アテンダント コンソール\データ フォルダーに行き、ac1.xml ファイルを見つけて下さい。

    注: Cisco Unified Communications Manager バージョン 5.x および それ 以降に関しては、パスは C:\Program Files\Cisco\Unified CallManager アシスタント コンソール\データ\ <assistant userid>.xml です。

  4. PC をネットワークに戻って接続し、アテンダント コンソール アプリケーションを起動させ、ユーザ ac2 としてログインして下さい。

  5. PC をネットワークから切り離し、アテンダント コンソール アプリケーションを閉じて下さい。

  6. C:\Program Files\Cisco\CallManager アテンダント コンソール\データ フォルダーに行き、ac2.xml ファイルを見つけて下さい。

  7. ac1.xml および ac2.xml ファイルを開き、ac1.xml ac2.xml にまたは ac2.xml から ac1.xml に速度ダイヤル データをコピーし、保存して下さい。

  8. ネットワークに戻って PC を接続して下さい。

  9. アテンダント コンソール アプリケーションを起動させ、ac1 としてログインして下さい。

    この場合アテンダント コンソール ユーザ ac1 はユーザ ac2 からの速度ダイヤルがあります。 今ログオフできます。 ディレクトリがアクセス可能であるので、データはディレクトリに保存されます。

これは Cisco バグ ID CSCeg22093登録ユーザのみ)で文書化されています。

ロードで抜けている速度ダイヤルおよびディレクトリ の リスト

問題

Cisco アテンダント コンソールで、速度ダイヤルおよびディレクトリ の リスト コンフィギュレーションはアップしません。 このエラーメッセージは c:\Program Files\Cisco\CallManagerAttendant\UserList\AutoGenerated.txt の下で受け取られます。

# THIS IS AN AUTO GENERATED CORPORATE DIRECTORY LIST. 


# Generated at: <><< Month and date >> <><> 
                                     

# ERROR: com.cisco.ac.server.ldap.ACLdapConnectionException: Cannot connect to directory

注: アテンダント コンソール ユーザはログイン機能コール制御を持つためにまだでき、が、速度ダイヤルまたはディレクトリ の リストがありません。

解決策

注: それは DC Directory サービスがクラスタの CallManager Server の何れかで無効または停止されて場合こと観察されました、このエラーは Cisco Telephony Call Dispatcher (TCD)ログに出て来始めます。 トラブルシューティング の 手順の何れかの前にすべての Cisco CallManager サーバの DC Directory サービス実行を確かめて下さい。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. アテンダント コンソール Application ウィンドウを閉じて下さい。

  2. アテンダント コンソール サーバのファイル C:\Program Files\Cisco\CallManagerAttendant\UserList\AutoGenerated.txt を削除し、アテンダント コンソール クライアント PC のファイル C:\Program Files\Cisco\CallManager アテンダント コンソール\ userlists を削除して下さい。

  3. クラスタのすべての Cisco CallManager サーバの Cisco Telephony Call Dispatcher (TCD)サービスを Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 し、再開して下さい。

  4. アテンダント コンソール アプリケーションを再度開き、問題が固定であるかどうか確認して下さい。

  5. 問題がそれでも続く場合、これらのステップを実行して下さい:

    1. Cisco CallManager サーバで、ファイル C:\dcdsrvr\DirectoryConfiguration.ini を開き、このファイルがこれらのフィールドの Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) ダイレクトリサーバのための正しい情報が含まれていることを確認して下さい:

      • ldapURL=

      • ldapsURL=

      注: 名前解決に関する問題を避けるためにホスト名の代りに Cisco CallManager サーバの IP アドレスを使用するように推奨します。

    2. また Cisco CallManager サーバで、Start > Run の順に選択 し、regedit をタイプし、HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズを、株式会社\ディレクトリ設定 キー見つけて下さい。 キーにおよび DirectoryConfiguration.ini ファイルにこれらのフィールドのための同じおよび正しい情報があることを確認して下さい:

      • ldapURL

      • ldapsURL

    3. どの情報でも異なっているまたは間違って場合ファイルとレジストリキーの情報を訂正して下さい。 変更を保存し、DirectoryConfiguration.ini ファイルおよびレジストリキーを閉じて下さい。

    4. アテンダント コンソール アプリケーションを閉じ、そして Cisco TCD および Cisco CTIManager サービスを再開して下さい。

速度ダイヤル 情報は Cisco Unified CallManager がバージョン 4.x から 5.0 へアップグレードされた後失われます

問題

Cisco Unified CallManager が 4.x から 5.0 へアップグレードされ、ユーザの PC のアテンダント コンソール クライアントがアップグレードされる後、アテンダント コンソール ウィンドウの速度ダイヤルすべては消えます。

この問題はこれらの Cisco バグ ID で文書化されています:

解決策

回避策として、各アテンダント コンソール 手動で速度ダイヤル 情報を再入力することをユーザーのニーズ。

アテンダント コンソール アプリケーションの料金 無料 番号に呼び出しをドラッグ・アンド・ドロップすることが不可能

問題

Unified Communication マネージャ 6.x アテンダント コンソールが使用されるとき、オペレータはアテンダント コンソール アプリケーションの料金 無料 番号に呼び出しをドラッグ・アンド・ドロップすることができません。 料金 無料 番号に速度ダイヤル リストの料金 無料 番号にコンサルト転送を使用して、ないコールの抗力によって転送できます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理では、Gateway Configuration ページに行って下さい。

  2. このページで、リダイレクト数 IE 配信の-発信チェックを外し、IE パラメータを表示する

「Cisco CallManager Attendant Console 速度を追加するように試みるときデータベースアップデート エラー」は情報にダイヤルします

問題

Cisco CallManager Attendant Console 速度ダイヤル 情報を追加するように試みるときデータベースアップデート エラーはイメージに示すように受け取られます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/unified-communications-manager-attendant-console/72902-troubleshoot-ac-speed-dials-01.gif

解決策

この問題はウイルス対策アプリケーションが有効に なるとき発生する場合があります。 問題を解決するためにウイルス対策アプリケーションをディセーブルにして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 72902