音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco VG シリーズ ゲートウェイ

発信者 ID MWI をオンにする VG248 ポート設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、アナログ電話機に接続された発信者 ID ボックスの MWI を点灯させるための適切な信号を VG248 ポートが提供するための設定例を紹介します。

前提条件

要件

この設定を試みる前に Cisco Unified CallManager が音声メールシステムによって統合ようにして下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco VG248 Analog Phone Gateway

  • VG248 ソフトウェア バージョン 1.3

  • アナログ式電話

  • 発信者ID ボックス

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

VG248 ゲートウェイは製品その Cisco AVVID (ビデオ、音声および統合されたデータのためのアーキテクチャ)によって有効に されて現在の IPテレフォニー技術とアナログ装置を使用し続ける割り当て組織です。 VG248 は Cisco Unified CallManager に基づいて組織 音声システム内のアナログ式電話、ファクシミリ、モデム、音声メールシステムおよびスピーカーフォンを使用するためのゲートウェイです。

アナログ式電話のシステムによって Message Waiting Indicators (MWI)がある発信者ID ボックスによって、正常に音声メール待っていることがあることを示す MWI を点灯する発信者ID ボックスが電話会社から適切なシグナルを受け取ることそれ確実でなければなりませんインラインに接続しました。 電話会社によって伝搬させる場合の 2 つの型はどもりトーンおよびシフト・キー(FSK)トーンです。 メッセージが記録されるときこれらのトーンの目的が MWI をの回すことであるのに、それらは電話会社によって提供されるすべての発信者ID ボックス モデルのためにはたらきません。

VG248 によって消費される電源は 50W からそれに接続される電話のステータスによって決まる 160W まで及びます。

VG248 はアナログ式電話へ MWI メッセージを送信 する 異った方法をサポートします。 VG248 に接続されるアナログ式電話の異なる型があるかもしれませんのでポートごとに MWI 型を修正できます。 このように MWI ランプが含まれているアナログ式電話があれば、そして MWI ランプを使用してメッセージの期待のユーザに通知できます。 またはユーザが電話を取るとき、トーンを再生することを選択できます。

これらは VG248 によってサポートされるメソッドです:

  • ランプ(90 V 場合) —電話のランプを点滅させます。

  • 発信者ID (FSK トーン) —発信者ID メカニズムを電話の LCD 画面に MWI メッセージを送るのに使用します。

  • どもり(スタッタ音) —ユーザが電話を取るときトーンを再生します。

  • ランプ + どもり—ランプを点滅させ、トーンを再生します。

  • 発信者ID + どもり—メッセージを LCD 画面に送り、トーンを再生します。

  • なし— MWI 情報を送信 しません。

設定

VG248 ポートをアナログ式電話によって発信者ID ボックスの発信者ID (FSK トーン)をインラインにサポートするために設定するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. メインメニューから、『Configure』 を選択 して下さい。

    vg248-caller-id-mwi-1.gif

  2. 『Telephony』 を選択 して下さい。

    vg248-caller-id-mwi-2.gif

  3. 『Port specific parameters』 を選択 して下さい。

    vg248-caller-id-mwi-3.gif

  4. ポートを設定し、『Enter』 を押すために選択するのに矢印キーを使用して下さい。

    vg248-caller-id-mwi-4.gif

  5. MWI 方式を選択して下さい。

    /image/gif/paws/72725/vg248-caller-id-mwi-5.gif

  6. 発信者ID オプションを選択して下さい。

    /image/gif/paws/72725/vg248-caller-id-mwi-6.gif

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

記録 するために VG248 特定のポートに大いにより多くの詳細(情報、エラー、または警告)を、およびロギングを設定できます。 ログ レベルを設定 するためにこれらのステップを完了し『Ports』 を選択 して下さい:

  1. メインメニューから、『Diagnostics』 を選択 して下さい。

    vg248-caller-id-mwi-7.gif

  2. 『Event Log』 を選択 して下さい。

    vg248-caller-id-mwi-8.gif

  3. ログ レベルを『Set』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/72725/vg248-caller-id-mwi-9.gif

  4. セットでログ レベルは音声メール(VM)および SCCP エラー + 警告 + 情報 + トレースを選択します。

    /image/gif/paws/72725/vg248-caller-id-mwi-10.gif

  5. セットでは記録 された ポートは、テストするためポートを選択します。

  6. Diagnostics メニューから『View new』 を選択 して下さい。

  7. 選択されたポートから、コールをアナログ式電話に発信者ID ボックスとインラインにし、メッセージを記録して下さい。 VG248 Telnetセッションのイベント ディスプレイ、および MWI は点灯する必要があります。


関連情報


Document ID: 72725