音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager 4.x: CPU の高使用率のトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco CallManager サービスは、動作するために十分な CPU またはメモリなどのリソースを持たないためにクラッシュする可能性があります。 通常、この間のサーバの CPU 使用率は 100 パーセントです。 このドキュメントでは、CPU の高使用率によって生じる問題とその解決策について説明します。

Cisco CallManager サーバの CPU スパイクはその時のかどんなサービス/アプリケーションの実行によって正常場合もありますである。 しかし、支えられた CPU スパイクはよくないし、等 CallManagerサービスか遅らせられたダイヤルトーンのような問題を終わるために引き起こす場合があります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco CallManager 3.x および 4.x に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

InsertCDR.exe スパイク

InsertCDR.exe アプリケーション スパイクは Cisco CallManager サーバの CPU使用率が高い状態という結果にそれから終り。

解決策

この問題はと Cisco コール詳細レコード(CDR)挿入サービス アクティブになる起こりますおよび CDR Enabled フラグは本当に設定 されません。

この問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ページへ移動します。

  2. サービスパラメータを選択し、サービスを『Cisco CallManager』 を選択 して下さい。

  3. CDR Enabled フラグ値を本当に変更し、Cisco CallManagerサービスを再開して下さい。

Sql.exe スパイク

sql.exe アプリケーションは高CPU を消費します Cisco CallManagerパブリッシャ サーバのパフォーマンスを低下させる。

解決策

Cisco CallManagerパブリッシャ サーバにインストールされるこの問題はあらゆるサード パーティ ビリングアプリケーションによって引き起こされる場合があります。 これを解決するために、アプリケーションを停止し、Cisco CallManager サーバを再起動して下さい。

メディアストリーミングアプリケーションにより CPU使用率が高い状態を引き起こします

この問題は Music on Hold (MoH)のためにその短時間 WAV ファイルをループ使用するとき起こるかもしれません。 CPU稼働率はその一定したループによって短時間 WAV ファイルをするとき起こる必要があります引き起こされます。

解決策

この問題を解決するために、そのより長い期間 WAV ファイルをループより少し頻繁に使用して下さい。 これは CPU稼働率を減少させます。

Aupair.exe

Cisco Unified CallManager 4.x クラスタでは、aupair.exe により Cisco Unified CallManager 加入者サーバの CPU使用率が高い状態を引き起こします。 データベース 層の Cisco データベース レイヤ モニタ サービス(aupair.exe)監視側面、また CDR。 データベース 層はダイナミックリンクライブラリ追加するためにアプリケーションによくあるアクセス ポイントを提供するデータベースにアクセスする取得し、データを変更するために必要があるで(DLL)セットを構成します。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. パブリッシャの CDR 挿入サービスを再開して下さい。

  2. 両方のデータベース レイヤ モニタ サービスおよび RIS 収集装置サービスをパブリッシャ および サブスクライバ再開して下さい。

  3. 破損した Cisco CallManager Cluster SQL Subscription を再確立するのに DBLHelper を使用して下さい。

    DBLHelper に関する詳細については Cisco CallManager クラスタでの切断された SQL サブスクリプションの DBLHelper を使用した再構築を参照して下さい。

RISDC.exe スパイク

時々、リアルタイム情報サーバーのデータ収集(RISDC)のようなパフォーマンスの監視サービスは CPUスパイクという結果に終る場合があります。

解決策

RISDC サービスを再開し、この問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ページに行き、Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択 して下さい。

  2. サーバのリストから適切な CallManager Server を Tools > Control Center の順に進み、選択して下さい。

  3. Cisco RIS データコレクタ サービスを選択し、『Restart』 をクリック して下さい。

Tcdsrv.exe

時々 Cisco Unified CallManager 応答はユーザの応答が呼出すとき非常に遅く、転送し呼び出しを、置き保留中のコールを IP Phone に引っ張りますダイヤルトーンをなります。 これが起こるとき、テレフォニー コール急派する役割がある tcdsrv.exe サービスにより高CPU を引き起こします。

Tcdsrv.exe は急派するテレフォニー コールに使用するおよびアテンダント コンソールと併用するためなされるサービスです。 CallManager がアテンダント コンソールを使用しない場合、CiscoCallManager サービサビリティ ページの ControlCenter からテレフォニー コール ディスパッチ サービスを停止して下さい。


関連情報


Document ID: 72367