ワイヤレス : Cisco ワイヤレス ロケーション アプライアンス

ワイヤレス ロケーション アプライアンスに関する FAQ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco Wireless Location Appliance(WLA)に関するよくある質問(FAQ)の一部に回答しています。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. Cisco WLAN インフラストラクチャで Wireless Location Appliance を使用する理由は何ですか。

A. Cisco 2700 シリーズの Location Appliance は、Cisco 統合ワイヤレス LAN ソリューション インフラストラクチャ内で動作するデバイスです。 Cisco Wireless Location Appliance は、数千ものデバイスを同時に追跡する、業界初のロケーション ソリューションです。 ロケーション アプライアンスは、ロケーションの履歴の計算、収集、保存を行い、最大 2500 個の無線デバイスの物理的な場所を追跡します。 これは、ラップトップ クライアント、パームトップ クライアント、VoIP 電話クライアント、アクティブな無線周波数 ID(RFID)の資産タグ、不正アクセス ポイントおよびクライアントなどです。

収集されたロケーション データは、集中型 WLAN 管理プラットフォームである Cisco Wireless Control System(WCS)で GUI 形式で確認できます。

Q. ロケーション サーバと互換性があるのは、WCS のどのバージョンですか。 ロケーション サーバと WCS の間の互換性マトリクスはありますか。

A. 次の表は、WCS とロケーション サーバのバージョン間の互換性を示しています。

wlafaq-1.gif

Q. Cisco Location Appliance のデフォルトのユーザ名とパスワードは何ですか。 Location Appliance が Cisco WCS との通信に使用するデフォルトのポート番号は何ですか。

A. デフォルトのユーザ名とパスワードはどちらも admin です。 ロケーション サーバが使用するデフォルト ポートは 8001 です。

Q. Cisco Location Appliance は、どのようにロケーション情報を計算しますか。

A. Cisco Wireless Location Appliance は、802.11 無線クライアントおよび Wi-Fi タグのロケーション「リーダー」と同じ Cisco Lightweight アクセス ポイントを使用してトラフィックを配信します。 これらのアクセス ポイントは、すべての Wi-Fi デバイスから受信信号強度インジケーション(RSSI)情報を収集します。これらのデバイスには、Wi-Fi 対応ラップトップ、音声受話器、Wi-Fi タグ、不正な(未承認の)デバイス、不正アクセス ポイントがあります。 RSSI 情報は、収集された後、Lightweight Access Point Protocol(LWAPP)を介して、Cisco Wireless LAN Controller または特定の無線統合スイッチまたはルータに送信されます。 次に、Cisco Wireless LAN Controller は RSSI 情報を集約し、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を介して Cisco Wireless Location Appliance に送信します。

Cisco Wireless Location Appliance は、Cisco Wireless LAN Controller から受信した RSSI 情報に基づいてロケーションの計算を実行します。 RSSI 情報を収集する Cisco Wireless LAN Controller は、Cisco Wireless Location Appliance に関連付ける必要があります。

ネットワーク マップおよびアクセス ポイントがアプライアンスに追加されると、RF 予測とヒート マップの生成が可能になり、サイトのフロア プラン上に数千のデバイスのロケーションがグラフィカルに表示されます。 Cisco WCS Location は、ロケーション情報を視覚的に表示します。これにより、RF キャパシティ管理の向上、ロケーションに基づくセキュリティの使用、WLAN デバイスのアセット可視性の実現を求めるお客様に即時ロケーション アプリケーションが提供されます。 この位置情報は、アプライアンスで Simple Object Access Protocol/Extensible Markup Language(SOAP/XML)API を介してサードパーティ アプリケーションでも使用でき、豊富なロケーション ベース アプリケーションのホストの拡張可能な基盤を形成します。 Location Appliance は、SNMP プロトコルを利用して WCS と通信します。 次の図に、ネットワークでの Location Appliance の位置付けを示します。

wlafaq-2.gif

Q. Wireless Location Appliance のロケーションの精度はどれくらいですか。

A. Location Appliance は、特許出願中の RF フィンガープリント テクノロジーを使用してロケーションの精度を高めています。 時間のうち、90% の間、デバイスは 10 m 以内にあります。 50% の間は、Location Appliance で表示される場所から 5 m 以内にデバイスがあります。 このような望ましい結果を実現するには、「アクセス ポイントの配置」ガイドを参照してください。 精度は、アクセス ポイントの配置によって異なります。

Q. Cisco Wireless Location Appliance を導入して管理するために使用可能なツールは何ですか。

A. Cisco Wireless Location Appliance には、導入前や導入後に使用して、ロケーション サービスの導入や管理を簡素化できるさまざまなツールが含まれています。

導入前のツール

  • プランニング モード ツール:このツールは、Location Appliance の仕様内のロケーション精度をサポートする WLAN 展開を作成できるように、アクセス ポイントの配置および密度の推奨事項を提供します。

  • ロケーション レディネス評価ツール:このツールは、お客様の現在の WLAN 展開で、Location Appliance の仕様内のロケーション精度を十分にサポートできるかどうかを判断するのに役立ちます。

導入後のツール

  • 調整ツール:ネットワーク精度のロケーションが仕様範囲外になる場合、お客様はこれらのネットワークの導入後調整を実行することもできます。 この調整では、802.11 無線クライアント デバイスを使用して環境の RSSI 測定を行います。 RSSI 測定値を使用して、Location Appliance により、ロケーション デバイスのロケーション精度が最適化されます。 ロケーション精度の改善は、ロケーション インスペクタ ツールで表示できます。

  • ロケーション インスペクタ ツール:このツールは、WLAN 全体のロケーション精度を特定するために導入後に使用されます。 このツールで、ロケーション精度の品質が視覚的に表示されます。 また、ネットワークの将来のパフォーマンスを調整するためにも使用できます。

  • ロケーションのトラブルシューティング:ロケーション精度が仕様に適合しない場合は、WCS でロケーションのデバッグ機能を有効にすることができます。 この機能は、ロケーションの計算に使用されたアクセス ポイント、これらのデバイスの信号強度、および信号強度の測定値が最後に受信された時間のタイム スタンプを表示します。 この表示のスクリーン ショットは、ロケーション サービスのトラブルシューティングに役立つように Cisco Technical Assistance Center(TAC)に送信できます。

Q. WCS での設定および管理が可能になる前に、Wireless Location Appliance(WLA)で設定する必要のある基本パラメータは何ですか。

A. Cisco WLA で実行する必要がある基本設定の詳細については、「Location Appliance の設定」を参照してください。

Q. Cisco WCS にロケーション サーバを追加できません。 どのような原因が考えられますか。

A. Cisco WCS にロケーション サーバを追加できない場合は、次のパラメータが正しく設定されているかどうかを確認してください。

  • 設定されたロケーション サーバの IP アドレスが正しいかどうかを確認します。

  • ping コマンドを使用して、WCS と Location Appliance 間に接続性があるかどうかを確認します。

  • Location Appliance で設定された SNMP パラメータが、Cisco WCS で設定されたものと一致しているかどうかを確認します。 これが必要なのは、WCS が SNMP を使用してロケーション サーバと通信するためです。

  • Location Appliance と通信するように設定されたポート番号が正しいことを確認します。 Location Appliance が Cisco WCS との通信に使用するデフォルトのポート番号は 8001 です。 このポートが経路上でブロックされていないことを確認します。

  • WCS およびロケーション サーバに相互の互換性があるかどうかを確認します。 互換性マトリクスで確認できます。

  • Location Appliance で設定されているユーザ名とパスワードが正しいかどうかを確認します。 ロケーション サーバを WCS に追加するときは、デフォルトのユーザ名とパスワードの使用を推奨します。 Location Appliance を WCS に追加した後は、パスワードを変更してください。

  • WCS とロケーション サーバでの時間が同期していることを確認します。

詳細については、「ロケーション サーバの追加と削除」を参照してください。

Q. Out-of-Sync(同期がとれていない)アラート メッセージが WCS に数多く表示されます。 これらのメッセージが WCS で表示されるのは、なぜですか。

A. Out-of-Sync アラームは、重大度がマイナー(黄色)で、次の状態に応じて表示されます。

  • Cisco WCS で要素が変更された (これらの要素は自動同期ポリシーによってプッシュされます)。

  • ロケーション サーバで要素が変更された (これらの要素は自動同期ポリシーによってプルされます)。

  • コントローラ以外のすべての要素がロケーション サーバにあるが、Cisco WCS にはない (これらの要素は自動同期ポリシーによってプルされます)。

  • 要素がロケーション サーバに割り当てられていない (自動同期ポリシーは適用されません)。

Out-of-Sync アラームは、次の状況が発生するとクリアされます。

  • ロケーション サーバが削除される。

  • 要素が、手動または自動で同期される。

  • ユーザが手動でアラームをクリアする (アラームは、スケジュールされているタスクの次回の実行時に再表示される場合があります)。

注: ロケーション サーバを削除すると、そのサーバの Out-of-Sync アラームも削除されます。 また、使用できる最後のロケーション サーバを削除すると、「どのロケーション サーバにも割り当てられていない要素」のアラームも削除される場合があります。

注: Out-of-Sync アラートが表示されないようにするには、WCS と Location Appliance が同期する必要があります。 自動同期化を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [Administration] > [Scheduled Tasks] を選択します。

  2. [Location Server Synchronization] をクリックします。

  3. [Auto-Synchronization] チェックボックスをオンにします。

  4. [Submit] をクリックします。

Q. Wireless Location Appliance にパスワード回復手順はありますか。

A. 詳しい手順については、「Cisco 2700 シリーズ Location Appliance のパスワード回復手順」を参照してください。

Q. ロケーション サーバでソフトウェアをアップグレードする手順を教えてください。

A. ロケーション サーバにソフトウェアをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. アプリケーション コードのダウンロードに使用する Cisco WCS サーバまたは外部 FTP サーバから、ロケーション サーバへの ping が成功することを確認します。
  2. Cisco WCS で [Location] > [Location Servers] を選択します。
  3. ソフトウェアのダウンロード先にするサーバの名前をクリックします。
  4. [Maintenance](左)をクリックします。
  5. [Download Software] をクリックします。
  6. ソフトウェアをダウンロードするには、次のいずれかを実行します。
    • WCS ディレクトリに表示されたソフトウェアをダウンロードするには、[Select] を選択して、アップロードされたイメージからロケーション サーバに転送します。 次に、ドロップダウン メニューからバイナリ イメージを選択します。 Cisco WCS により、ドロップダウン メニューに表示されているバイナリ イメージが、インストールされている Cisco WCS 内で指定した FTP サーバ ディレクトリにダウンロードされます。

    • ローカルまたはネットワーク上で使用できるダウンロード済みソフトウェアを使用するには、[Browse a new software image to transfer into the Location Server] を選択し、[Browse] をクリックします。 ファイルを見つけ、[Open] をクリックします。

      注: 2.0 より前のバージョンでインストールされているロケーション サーバをアップグレードする場合は、最初にファイルをダウンロードし、圧縮解除(gzip -d imageFilename)してから、イメージをインストールします。 ファイルを圧縮解除した後、得られた *.bin インストーラ ファイルを実行します。 ファイルのダウンロード後に次のコマンドを入力し、ファイルを実行可能ファイルにします。

      chmod + x. *.bin
      

      注:  バージョン 2.0 以降のロケーション サーバ イメージがすでにインストールされている場合は、WCS からのダウンロード内でソフトウェア イメージが自動的に圧縮解除されます。

  7. ソフトウェア ダウンロードがタイムアウトになるまでの時間(秒単位、1 ~ 999)を入力します。
  8. [Download] をクリックして、ロケーション サーバの /opt/locserver/installers ディレクトリにソフトウェアを送信します。 次の図は、WCS でのソフトウェアのアップグレードに必要な手順を示します。

    wlafaq-5.gif

    注: イメージがロケーション サーバに転送された後は、画面に表示される手順に従ってください。 ロケーション サーバのコマンドライン インターフェイス(CLI)にログインし、サーバを停止して、/opt/locserver/installers ディレクトリからインストーラ イメージを実行します。

Q. ロケーション サーバ コンソールからロケーション サーバをアップグレードする手順はありますか。

A. コンソール セッションを介してソフトウェアをアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1. Location Appliance のハード ドライブに、新しい Location Appliance コードを転送します。 イメージ ファイルは .gz 形式なので、それを最初に圧縮解除し、得られた .bin のインストーラ ファイルを実行できます。
    1. root としてログインし、バイナリ設定を使用して、外部 FTP サーバのルート ディレクトリからアプリケーション コードを送信します(例:AIR-LOC2700-L-K9-1-2-17-0.bin。 ここで、1-2-17-0 はリリース番号で、リリースごとに変わります)。 エントリは以下のようになります:
      #cd /opt/locserver/installers 
      #ftp <FTP Server IP address> 
      Name: <login> 
      
      !--- The default login name for the FTP server is ftp-user.
      
      Password: <password>  
      binary  
      get AIR-LOC2700-L-K9-1-2-17-0.bin  
      <CTRL-Z> 
      # 
    2. アプリケーション コード(AIR-LOC2700-L-K9-x-x-x-x.bin)が Location Appliance の /opt/locserver/installers ディレクトリにあることを確認します。
    3. root ユーザに対して AIR-LOC2700-L-K9-x-x-x-x.bin ファイルの実行が許可されていることを確認します。 許可されていない場合は、chmod 755 AIR-LOC2700-L-K9-x-x-x-x.bin と入力します。
  2. 以前の Location Appliance のアプリケーションを手動で停止します。 これを行うには、root としてログインし、/etc/init.d/locserverd stop と入力します。
  3. /opt/installers/AIR-LOC2700-L-K9-x-x-x-x.bin と入力して、新しい Location Appliance アプリケーション ファイルをインストールします。
  4. /etc/init.d/locserverd start コマンドを実行して、新しい Location Appliance アプリケーションを起動します。

    注: tail を使用すると、アップグレードの進行状況を監視できます。

    注: システムから指示された場合にのみ、Location Appliance をアンインストールしてください。 アプリケーション ファイルが削除されると、不必要に履歴データが消去されます。 「Cisco Wireless Location Server からソフトウェア イメージをアンインストールする方法を教えてください。」を参照すると、 サーバから Location Appliance ソフトウェアをアンインストールする方法を確認できます。

Q. Cisco Wireless Location Server からソフトウェア イメージをアンインストールする方法を教えてください。

A. 次の手順を実行します。

  1. root としてログインします。
  2. uninstall/ ディレクトリに移動します。
  3. ./uninstall コマンドを入力して、アンインストール手順を実行します。
  4. 表示されるプロンプトを受諾して、古いソフトウェアをアンインストールします。 次のスクリーンショットは、この手順を示しています。

    wlafaq-8.gif

    InstallAnywhere が、古いソフトウェアをアンインストールします。 次のスクリーンショットは、アンインストール完了後に表示されるプロンプトを示しています。

    wlafaq-9.gif

Q. Location Appliance を停止する方法を教えてください。

A. Location Appliance ソフトウェアは、初期設定および各リブート後に自動的に実行されます。 ソフトウェアを手動で停止するには、Location Appliance の CLI インターフェイスで /etc/init.d/locserverd stop と入力します。 次のスクリーンショットは、Location Appliance を停止した後のサーバからのメッセージを示しています。

wlafaq-1b.gif

Q. Location Appliance を起動する方法を教えてください。

A. Location Appliance ソフトウェアは、初期設定および各リブート後に自動的に実行されます。 ソフトウェアを手動で起動するには、Location Appliance の CLI インターフェイスで /etc/init.d/locserverd start と入力します。

Q. WCS で、工場出荷時のデフォルトにロケーション サーバをリセットする方法を教えてください。

A. ロケーション サーバの設定をクリアして、Cisco WCS での工場出荷時のデフォルトに戻すには、次の手順を実行します。

  1. Cisco WCS で [Location] > [Location Servers] を選択します。
  2. 設定するサーバの名前をクリックします。
  3. [Administration](左側)をクリックして、管理設定オプションを表示します。
  4. [Advanced Parameters] をクリックします。
  5. [Advanced Commands] セクションで、[Clear Configuration] をクリックします。

    注: このコマンドで、サーバのデータベースもクリアされます。

  6. [OK] をクリックして、ロケーション サーバの設定をクリアします。

Q. ワイヤレス ロケーション サーバが期待どおりに動作するかどうかを確認する必要があります。 どうしたらよいですか。

A. Wireless Control System(WCS)の Cisco Wireless Location Appliance ユーザ インターフェイスを参照できる場合は、接続性があります。

コンソールからいつでも、Location Appliance のソフトウェアの状態を確認できます。 Location Appliance の CLI インターフェイスで /opt/locserver/bin/getserverinfo と入力します。 Location Appliance が動作している場合は、コマンド出力が次のようになります。

------------- 
Server Config 
------------- 
Product name: Cisco Wireless Location Appliance 
Version: 1.1.73.0 
Use HTTPS: false 
Port: 8001 
Log Modules: 4036 
Log Level: TRACE 
Days to keep events: 2 
Keep absent data in mins: 1440 
Session timeout in mins: 30 
DB backup in days: 0 
-------------- 
Server Monitor 
-------------- 
Start time: Tue May 03 10:30:45 PDT 2005 
Server current time: Wed May 04 12:10:44 PDT 2005 
Server timezone: America/Los_Angeles 
Restarts: 0 
Used Memory: 7849768 
Allocated Memory: 17477632 
Max Memory: 530907136 
DB virtual memory: 14501 
DB disk memory: 81952768 
Active Sessions: 3 
--------------- 
Active Sessions 
--------------- 
Session ID: 25994 
Session User ID: 1 
Session IP Address: 127.0.0.1 
Session start time: Wed May 04 12:10:44 PDT 2005 
Session last access time: Wed May 04 12:10:44 PDT 2005 
Session ID: 5693 
Session User ID: 1 
Session IP Address: 1.100.52.13 
Session start time: Tue May 03 10:31:15 PDT 2005 
Session last access time: Wed May 04 12:06:19 PDT 2005 
Session ID: 16228 
Session User ID: 1 
Session IP Address: 1.100.52.11 
Session start time: Tue May 03 10:39:22 PDT 2005 
Session last access time: Wed May 04 12:09:59 PDT 2005 
#

Location Appliance が動作していない場合は、コマンド出力が次のようになります。

com.aes.common.util.AesException: Failed to connect to server: http://localhost:8001 
        at com.aes.client.AesClient.connect(AesClient.java:218) 
        at com.aes.location.test.AesAbstractTest.init(AesAbstractTest.java:181) 
        at com.aes.location.test.admin.AesTestGetServerInfo.main(AesTestGetServerInfo.java:75) 
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method) 
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(Unknown Source) 
        at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(Unknown Source) 
        at java.lang.reflect.Method.invoke(Unknown Source) 
        at com.zerog.lax.LAX.launch(DashoA8113) 
        at com.zerog.lax.LAX.main(DashoA8113) 
# 

Q. クライアントとタグのどちらのロケーションも表示されません。 どうすればよいのですか。

A. 次のチェックリストの手順を実行してください。

  1. Cisco Wireless Location Appliance サーバが稼働していることを確認します。 これは、CLI から /opt/locserver/bin/getserverinfo コマンドを使用して実行できます。 次に示すように、有効な応答が表示されます。

    ------------- 
    Server Config 
    ------------- 
    Product name: Cisco Wireless Location Appliance 
    Version: 1.1.73.0 
    Use HTTPS: false 
    Port: 8001 
    Log Modules: 4036 
    Log Level: TRACE 
    Days to keep events: 2 
    Keep absent data in mins: 1440 
    Session timeout in mins: 30 
    DB backup in days: 0 
    -------------- 
    Server Monitor 
    -------------- 
    Start time: Tue May 03 10:30:45 PDT 2005 
    Server current time: Wed May 04 12:10:44 PDT 2005 
    Server timezone: America/Los_Angeles 
    Restarts: 0 
    Used Memory: 7849768 
    Allocated Memory: 17477632 
    Max Memory: 530907136 
    DB virtual memory: 14501 
    DB disk memory: 81952768 
    Active Sessions: 3 
    --------------- 
    Active Sessions 
    --------------- 
    Session ID: 25994 
    Session User ID: 1 
    Session IP Address: 127.0.0.1 
    Session start time: Wed May 04 12:10:44 PDT 2005 
    Session last access time: Wed May 04 12:10:44 PDT 2005 
    Session ID: 5693 
    Session User ID: 1 
    Session IP Address: 1.100.52.13 
    Session start time: Tue May 03 10:31:15 PDT 2005 
    Session last access time: Wed May 04 12:06:19 PDT 2005 
    Session ID: 16228 
    Session User ID: 1 
    Session IP Address: 1.100.52.11 
    Session start time: Tue May 03 10:39:22 PDT 2005 
    Session last access time: Wed May 04 12:09:59 PDT 2005 
    #
  2. コントローラと WCS が、ping コマンドを使用して到達可能であることを確認します。

  3. SNMP パラメータが、Location Appliance とコントローラの間、および Location Appliance と WCS の間にあることを確認します。 コントローラでは、ロケーション サーバと WCS の両方の IP アドレスが [WLC Management] > [SNMP] > [Communities] で許可され、ポーリングが可能である必要があります。 WLC で SNMP を変更した場合は、リブートする必要があります。

  4. Cisco Wireless Location Appliance がタグおよびクライアントをポーリングすることを確認します。 これは、WCS GUI で確認できます。 [Location] > [Location Servers] に移動し、サーバで [Polling Parameters] をクリックします。

  5. Wireless LAN Controller(WLC)がタグおよびクライアントを認識していることを確認します。 デフォルトでは、WLC でタグの追跡が有効になっていません。 クライアントは表示されるが、タグが表示されない場合は、コントローラに SSH を実行し、CLI から show rfid config コマンドを実行すると、これを確認できます。

  6. 必要な場合は、config rfid status enable コマンドで、タグの追跡を有効にします。 必ず、[save config] をクリックしてください。

  7. WCS に Cisco Wireless Location Appliance を追加していることを確認します。 これを行うには、[Locate] > [Add Server] に移動します。 デフォルトのユーザ名とパスワードはどちらも admin です。

  8. ネットワーク設計(マップ)とコントローラの両方について、WCS と Cisco Wireless Location Appliance を同期していることを確認します。 これは、WCS を介して実行されます。 [Location] に移動し、[Synchronize Servers] を選択します。

Q. タグのロケーションが現在のものではありません。 どうすればよいのですか。

A. 次の手順を実行します。

  1. ロケーション サーバが、WCSコントローラの両方と同期していることを確認します。 Location Appliance での同期を有効にするには、「ロケーション サーバの同期の維持」を参照してください。
  2. デバイスのロケーションが最新であるようにするには、コントローラからの高速アップデートが必要です。 これは、ロケーション サーバのポーリング パラメータを減らすことで実現できます。
    1. Cisco WCS で [Location] > [Location Servers] を選択します。
    2. 設定するサーバの名前をクリックします。
    3. [Administration](左側)をクリックして、管理設定オプションを表示します。
    4. [Polling Parameters] をクリックします。
    5. [Polling Parameters] ページで、次のパラメータを設定します。
      パラメータ 説明
      Retry Count ポーリング サイクルの再試行回数を入力します。 デフォルト値は 3 で、入力可能な値は 1 ~ 99999 です。
      Client Stations クライアント ステーションのポーリングを有効にするには、[Enable] チェックボックスをオンにし、ポーリング間隔を秒単位で入力します。 デフォルト値は 300 です。 有効値は 1 ~ 99999 です。
      Rogues 不正アクセス ポイントのポーリングを有効にするには、[Enable] チェックボックスをオンにし、ポーリング間隔を秒単位で入力します。 デフォルト値は 600 です。 有効値は 1 ~ 99999 です。
      Asset Tags 資産タグのポーリングを有効にするには、[Enable] チェックボックスをオンにし、ポーリング間隔を秒単位で入力します。 デフォルト値は 600 です。 有効値は 1 ~ 99999 です。

      注: ポーリング パラメータの値が小さ過ぎると、Location Appliance をアップデートするためにコントローラのリソースが使用されるため、ワイヤレス スループットが低下します。

  3. WCS、ロケーション サーバ、および WLC の時間が同期していることを確認します。 これらを NTP サーバと同期することを推奨します。
  4. コントローラでは、タグのタイムアウト値をタグのビーコン レートの 3 倍にすることを推奨します。 WLC の CLI で config rfid timeout 30 コマンドを実行します。

Q. ロケーション サーバはポートの冗長性をサポートしていますか。 ロケーション サーバで 2 個のイーサネット ポートを設定して、ポートの冗長性を実現できますか。

A. いいえ、冗長性機能は、ロケーション サーバではサポートされていません。 2 つ目のイーサネット インターフェイスに利点があるのは、各ネットワークに 1 台、合計 2 台の WCS サーバを使用する計画がある場合だけです。 それ以外の場合は、インターフェイスを 1 つだけ設定します。 2 つ目のインターフェイスは、1 つ目がダウンした場合に使用できません。

Q. Cisco Wireless Location Appliance のログへのアクセス方法を教えてください。

A. WCS の GUI から次の手順を実行します。

  1. [Location] > [Location Servers] > [Logs Location Server] > [Log Files] > [‘w-WLA-2700’] に移動します。
  2. [Download Logs] をクリックして、ロケーション サーバのログをダウンロードします。

    wlafaq-3.gif

  3. [Save] をクリックしてログ ファイルを保存します。

    wlafaq-4.gif

    注: ロケーション サーバで実行できるその他の監視オプションについては、「ロケーション サーバの監視」を参照してください。

Q. Cisco Wireless Location Appliance のデータベースのバックアップおよび復元方法を教えてください。

A. WCS の GUI で [Location] > [Location Servers] に移動し、該当する Location Appliance をクリックし、[Maintenance] > [Backup] に移動してから、[Maintenance] > [Restore] に移動します。

wlafaq-6.gif

注: その他のオプションについては、「メンテナンス操作の実行」を参照してください。

Q. WLC と WCS でバージョン 4 を使用しています。 Location Appliance をアップグレードする必要があります。 アップグレードすると、サーバが動作しているというメッセージが表示されます。 「Server is still running, stop the server and try again...」 サービスを停止しようとすると、サービスは停止しているように見えます。 サービスを開始しようとしますが、開始できません。

A. この問題は、Location Appliance の CLI(Telnet/SSH またはコンソール)で特定の Linux コマンドを使用して回避できます。 Linux コマンド ps を使用すると、マシン上で動作しているプロセスの一覧が表示されます。 kill -9 コマンドで、これらのプロセスを、プロセス ID または PID を指定して強制終了できます。

最初にコマンド ps -ax | grep locserv(引用符なし)を実行して、名前に locserv を含む実行中のすべてのプロセスの一覧を表示します。 ps コマンドの出力には、実行中のプロセスが最大で 3 つ表示されるはずです。 kill -9 <pid> コマンドを使用します(これも、引用符なし。<pid> は、ps の一覧にある PID に置換します)。 すべての locserv プロセスを強制終了したら、ps -ax | grep locserv コマンドをもう一度実行して、すべてが終了していることを確認します。 すべてが終了したら、手順に従って、ソフトウェアのインストールを続行できます。

Q. 最近、WLC を変更したところ、Location Appliance でクライアント データが送信されなくなりました。 Location Appliance のログには、多くの THROW エラーが表示されています。 WCS の WLC から設定を最新の状態にして、ロケーション サーバと同期しようとしました。 しかし、ロケーション サーバからクライアント データを受信しません。

A. 問題の核心は Location Appliance ではなく、変更されたために WCS で Location Appliance が正しく更新されないことにあります。 その結果、Location Appliance に、クライアントについての古いデータが残っています。 したがって、アプライアンスがクライアント データを提供できません。

Cisco Bug ID CSCsh40682登録ユーザ専用)は、この問題に関連しています。 このバグは WCS バージョン 4.2 で修正されています。

Q. Wireless Location Appliance のトラブルシューティングのヒントは、どこで見つけられますか。

A. Wireless Location Appliance のトラブルシューティングのヒントは、「トラブルシューティングのヒント Q & A」で参照できます。

Wireless Location Appliance のその他の FAQ は、マニュアル「Cisco 2700 シリーズ Wireless Location Appliance 導入ガイド」の「よくある技術的な質問」の項で参照できます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 72319