音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity Domino エラー - 電話での再生: 詳細不明なエラー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity 加入者は、タッチトーン電話を使用するか、または Lotus Notes と IBM Lotus Domino Unified Communications(DUC)for Cisco を使用して、ボイス メッセージ、ファクス メッセージ、および E メール メッセージを送信および管理できます。 このドキュメントでは、Domino とともに使用した場合の Cisco Unity における「Play to phone: Unspecified(電話機への再生:指定なし)」のエラー メッセージをトラブルシューティングする方法について説明します。

Cisco Unity 7.0 エラーを参照して下さい: "8004010f /web/common/include/saconstinc.asp、- IBM Lotus Domino によって統合 Cisco Unity 7.0(2) の同じような問題のトラブルシューティングに関する詳細については 122"

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity 4.x および Domino に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

サブスクライバはインストールされる Lotus DUC csClient 1.2.2 または 1.2.3 を持つ Lotus Notes クライアントを使用してまたは再生(トラップ)音声メール メッセージを使用するように試みるとき記録するのに電話詳細不明のエラーを受け取ります。

解決策

トラップは Lotus Notes で匿名アクセスおよび Distributed Component Object Model (DCOM)セキュリティ コンテキストを設定するために View Mail for Outlook (VMO) /Outlook で NTML 認証を使用します。 Windows XP SP2 では、リモートアクセスのための匿名ログオンはデフォルトで消えます。 これらのステップは Lotus Notes ではたらくためにトラップのリモートアクセスのための匿名ログオンをつけるように実行される必要があります。 つくリモートアクセスのための匿名ログオンによってトラップはディセーブルにされるか、または有効に なる Windows XP SP2 ファイアウォールを使用します。

ファイアウォールと Windows XP SP2 を使用する場合のソリューション

Windows XP SP2 を使用するとき、局地 警戒 オプション DCOM を修正して下さい: セキュリティ記述子 定義言語(SDDL)構文のマシン アクセス制限匿名ログオンのためのリモートアクセスを許可するため。

リモートアクセスのための匿名ログオンをつけるためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. > 管理ツール 『Control Panel』 を選択 して下さい。

  2. ローカル セキュリティ設定 > ローカル ポリシー > Security オプション選択して下さい。

  3. DCOM を選択して下さい: セキュリティ記述子 定義言語(SDDL)構文のマシン アクセス制限

  4. アクセス 権 ウィンドウで、有効に される許可の下の強調表示匿名ログオンおよびマーク リモートアクセス

  5. [OK] をクリックして終了します。

  6. コンピュータを再起動します。

ファイアウォールと Windows XP SP2 を使用する場合のソリューション

ファイアウォールがに設定 される場合、プロシージャを離れてファイアウォールと Windows XP SP2 を使用するときソリューションに加えてこれらのステップを完了して下さい。

  1. > Properties > 前進 > ファイアウォール設定『Local Area Connection』 を選択 して下さい。

  2. 例外タブに行き、プログラムを『Add』 をクリック して下さい。

  3. C:\ProgramFiles\lotus\notes の下に一般的にある AvTrapConnectionHolderSrv.exe を見つけて下さい

  4. ポートを『Add』 をクリック し、名前として Cisco Unity トラップおよびポート番号として 135 を入力して下さい。

    注: ポート番号がメディア マスター、Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook、Exchange サーバおよび他の DCOM サービスにアクセスをネゴシエートするのに使用されています

    注: 特定のポート番号はいくつかのシステムのために異なるかもしれません。

  5. TCP を選択し、スコープを > カスタム リスト 『Change』 を選択 し、Cisco Unity サーバの IP アドレスを入力して下さい。

  6. Windows ファイアウォール ウィンドウを閉じるまで『OK』 をクリック して下さい。

Windows XP SP2 は DCOM 呼び出しの下でロックし、特定タイプの TCPトラフィックを防ぎます。 DCOM がおよび TCP はインストールされる DUC csClient の Lotus Notes クライアントを使用してなされるトラップ呼び出しに必要となります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 72260